穴馬 予想

競馬予想 宝塚記念 メイショウサムソン

更新日:

メイショウサムソンは昨秋不調であったが、大阪杯で復活ののろしをあげ、天皇賞(春)で2冠馬の意地と自身最大の武器の勝負根性をみせて完全に復権をアピール。
菊花賞の時は皐月賞、ダービー時よりもスッキリとした、長距離仕様といった馬体だった。しかしこの馬は父オペラハウス母の父ダンシングブレーヴという欧州血統であるが、肩の角度や胴の長さなどからして本質は中距離にあるだろう。菊花賞の時のような感じよりも春先の若干マッチョな感じの方が好走の可能性は高い。
ジャパンカップで顕著だった太目だが、大阪杯でもまだ腹のラインに余裕があったが、天皇賞(春)では改善がみられた。大阪杯ではレース前日の降雨は大きな味方だった。そういう馬場の時は今後も信頼度が上がるだろう。
距離や高速馬場が疑問で天皇賞(春)では3番手の評価にとどめたが、時計も示すとおり馬場には充分対応できたよう。しかしやはり距離は微妙なところでレベルの低いメンバー構成にも助けられた感があり、今回の宝塚記念の方が条件的には合う。

-穴馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.