中山牝馬ステークス 予想

中山牝馬ステークス 2019 予想 穴馬の特徴と穴馬候補

更新日:

先々週はダイヤモンドS8番人気2着サンデームーティエを推奨。

先週は阪急杯11番人気1着スマートオーディンをブログランキングの穴馬候補に入れるも穴馬推奨できず。

チューリップ賞2着シゲルピンクダイヤは人気になりましたが、オーシャンSは7番人気3着ダイメイフジをブログランキングの穴馬候補へ。

 

2019年中山牝馬ステークスの穴馬の特徴に符合した中山牝馬ステークス穴馬候補をブログランキングの備考欄へ更新。

順位は90位くらい

順位は50位くらい

 

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

中山牝馬ステークスの出走馬を見ると、G1で好走した馬が複数おりなかなか面白いメンバーが揃いました。

ミッキーチャーム
ノームコア
アドマイヤリード
クロコスミア
ランドネ
ウラヌスチャーム
フロンテアクイーン
カワキタエンカ
フローレスマジック
ワンブレスアウェイ
デンコウアンジュ
ウインファビラス
レイホーロマンス
アッフィラート

今回は過去中山牝馬ステークスで、人気薄で走った馬の特徴と、2019年中山牝馬ステークス出走馬で特徴に符合する馬をお届けします。

中山牝馬ステークスの予想の参考となれば幸いです。

先週は無料メルマガ(←クリック)とLINE、ツイートを公式RT頂いた方へ無料穴馬をお届けさせて頂きました。

弥生賞8番人気1着メイショウテンゲン、チューリップ賞7番人気3着ノーブルスコア、オーシャンS穴馬7番人気3着ダイメイフジなどが馬券に絡む結果に。

読者の方からTwitterにて的中報告(←こちら)を頂戴しました。

心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

今週もTwitterで無料穴馬をお届けします。フォローと公式RTをお願いいたします。

後ほど、無料メルマガ(←クリック)とLINEで中山牝馬ステークスの無料穴馬をお届けします。

 

[中山牝馬S 予想 2019 穴馬の特徴]

○ 2018年中山牝馬S:9番人気3着レイホーロマンス

52キロと斤量が軽く、父ハービンジャーという血統からも道悪が追い風になったと思われる。

 

○ 2016年中山牝馬S:15番人気3着メイショウスザンナ

同じ距離、コースで行われる重賞のフラワーカップで2着があった。

クイーンSの内容からもコース携帯が似た中山の芝1800mが合ったことが好走の要因。

 

○ 2014年中山牝馬S:10番人気2着ケイアイエレガント

休み明けをたたかれ、ハンデが53キロと斤量が軽かった。

そこまでペースが速くなく、前でレースをして展開も向いた。

 

○ 2013年中山牝馬S:6番人気1着マイネイサベル

休み明けであったが、調教でもA評価としたように出来は申し分なかった。

 

○ 2012年中山牝馬S:8番人気1着レディアルバローザ

有料メルマガにて対抗に推し、単勝を勝負馬券に推奨。

近走2000mや2200mをつかわれていたが、スピードとパワーに特化したタイプで距離には限界があり、距離短縮が好材料。

瞬発力勝負は合わない馬で、自分でレースをつくった鞍上の好騎乗も勝因のひとつ。

 

○ 2012年中山牝馬S:7番人気2着オールザットジャズ

有料メルマガにて穴馬推奨。

人気馬が崩れたことも好走の大きな要因。

53キロで出走出来る点や、臨戦過程などアドヴァンテージがあった。

 

○ 2012年中山牝馬S:11番人気3着エオリアンハープ

父キングカメハメハ、母は阪神牝馬特別を勝った重賞ウィナーのエアウイングスという良血でありながら人気薄で走ることが多く、道悪も追い風となった。

2019年中山牝馬ステークス出走予定馬で、特徴の似た馬をの備考欄へ更新。順位は100位くらい。

予想オッズは2けた人気。過去2回重賞で、人気薄で馬券に絡んでいる。時計のかかる馬場であれば面白いが。

 

○ 2010年中山牝馬S:8番人気2着ウェディングフジコ

前半800m46秒7と例年より1秒以上速い流れで決め手が生きる形に。

実績上位の人気馬は休み明けやハンデで沈んだが、レースをつかわれていたアドバンテージも生きた。

 

○ 2010年中山牝馬S:9番人気3着チェレブリタ

近走体重が増えていたが、このレースではマイナス14キロと絞れていた事が好走要因。

 

○ 2009年中山牝馬S:15番人気2着ピンクカメオ

馬場が悪化したNHKマイルカップを勝利した後、不振が続いていたが、このレースもやや重。

父フレンチデピュティという血統からも馬場の悪化が追い風に。

 

○ 2009年中山牝馬S:11番人気3着ダンスオールナイト

母ダンスパートナーという良血で父はエルコンドルパサー。

父の血統の影響か道悪のレースで実績があり、馬場の悪化が好走要因。

 

○ 2008年中山牝馬S:6番人気1着ヤマニンメルベイユ

前半800m48秒5とかなりのスローペースで推移。

道中2番手追走する競馬で展開の恩恵が勝利の要因。

前年に続く人気薄での激走であったが、前年から斤量が増えず53キロで出走出来たことも大きかった。

 

○ 2008年中山牝馬S:13番人気2着マイネカンナ

51キロは裸同然と言えば過大な表現だが、斤量が軽かったことが好走の要因。

ペースが落ち着いて瞬発力が最大限に生きる流れになり、上がり最速をマークして激走。

2019年中山牝馬ステークス出走予定馬で特徴が符合する馬をの備考欄へ更新。順位は60位くらい。

逃げ先行馬が少ないため2019年もペースが落ち着く可能性あり展開が向けば。

 

Twitterでは競馬ネタ中心につぶやいてます。

TwitterのDMでお届けする場合がありますので、フォローしておいてください。

 

無料穴馬予想はブログではお届けしていません。

重賞の穴馬と穴馬の考察は無料メルマガ(←クリック)とLINEでご覧ください。

 

推奨穴馬メイショウテンゲン勝利 読者からの的中報告

-中山牝馬ステークス 予想
-, ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2019 All Rights Reserved.