弥生賞 予想 穴馬 予想

推奨穴馬メイショウテンゲン勝利 読者からの的中報告

更新日:

先々週はダイヤモンドS8番人気2着サンデームーティエを推奨。

先週は阪急杯11番人気1着スマートオーディンをブログランキングの穴馬候補に入れるも穴馬推奨できず。

チューリップ賞2着シゲルピンクダイヤは人気になりましたが、オーシャンSは7番人気3着ダイメイフジをブログランキングの穴馬候補へ。

 

後日重賞の穴馬候補をブログランキングの備考欄へ更新。

順位は90位くらい

順位は50位くらい

 

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

今週は無料メルマガ(←クリック)とLINE、ツイートを公式RT頂いた方へ無料穴馬をお届けさせて頂きました。

弥生賞8番人気1着メイショウテンゲン、チューリップ賞7番人気3着ノーブルスコア、オーシャンS穴馬7番人気3着ダイメイフジなどが馬券に絡む結果に。

読者の方からTwitterにて的中報告(←こちら)を頂戴しました。

心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

 

 

有料穴馬では、弥生賞8番人気1着メイショウテンゲン、チューリップ賞7番人気3着ノーブルスコアを推奨。

 

※ 下記は配信でお届けした考察の一部。読者の方の利益を守るため割愛部分あり

メイショウテンゲン

薄手でかっちりしたつくりなど、同じディープインパクト産駒のポルトドートウィユと体型が似ているが、ともに母の父はフレンチデピュティ系で血統構成の面も共通点があり、マカヒキなども同じ。

こちらの方が胴が短くコンパクトな体型をしており、肩の角度もやや立っているが、それほどボリュームがなくマイラーではないはず。距離は1800m2000m辺りがいいか。

決め手で勝負をするタイプだが、それほど上がりが速いレースが合うタイプに見受けられず先行して抜け出すくらいの方がいいか。

きさらぎ賞時に、クラシックで好走して全くおかしくないとお伝えしたが、崩れる結果となった。母メイショウベルーガもそうであったが、晩成タイプの可能性がある。

 

ノーブルスコア

近走の結果を見ると、上がり最速をマークしているが、体型や走法からそれほど末脚の鋭さはなく、今回前でレースをした方が結果を残す可能性が高い。

走法などから距離に限界がありそうで、もって1800mまでか。

今回、条件は悪くないと言ったところ。

レースをつかわれているアドバンテージがある。

思ったよりも人気がなく、他の馬も信頼度がそれほど高くない。

ヒモで押さえておきたい1頭。ペースと位置取り次第で浮上しえる。

 

有料穴馬ご案内

 

Twitterでは競馬ネタ中心につぶやいてます。

TwitterのDMでお届けする場合がありますので、フォローしておいてください。

 

無料穴馬予想はブログではお届けしていません。

無料メルマガ(←クリック)とLINEでお届けしています。

 

-弥生賞 予想, 穴馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2019 All Rights Reserved.