金鯱賞 予想

金鯱賞 2019 予想 馬体診断考察と取捨のポイント

更新日:

先々週はダイヤモンドS8番人気2着サンデームーティエを推奨。

先週は阪急杯11番人気1着スマートオーディンをブログランキングの穴馬候補に入れるも穴馬推奨できず。

チューリップ賞2着シゲルピンクダイヤは人気になりましたが、オーシャンSは7番人気3着ダイメイフジをブログランキングの穴馬候補へ。

 

後日重賞の穴馬候補をブログランキングの備考欄へ更新。

順位は90位くらい

順位は50位くらい

 

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

金鯱賞はG1レベルの豪華メンバーとなりそうです。

今回は有料メルマガでお届けした2019年金鯱賞出走馬の馬体診断考察を抜粋してそのごく一部をお届けします。

(配信ではより詳細な馬体診断考察と、より馬券に直結する情報をお届けしています。)

金鯱賞の予想の参考となれば幸いです。

今週も無料メルマガ(←クリック)とLINEで金鯱賞の無料穴馬をお届けします。

先週は無料メルマガ(←クリック)とLINE、ツイートを公式RT頂いた方へ無料穴馬をお届けさせて頂きました。

弥生賞8番人気1着メイショウテンゲン、チューリップ賞7番人気3着ノーブルスコア、オーシャンS穴馬7番人気3着ダイメイフジなどが馬券に絡む結果に。

読者の方からTwitterにて的中報告(←こちら)を頂戴しました。

心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

今週もTwitterで無料穴馬をお届けします。フォローと公式RTをお願いいたします。

 

[金鯱賞 2019 予想 馬体診断考察]

ダノンプレミアム

ボリュームのある体型は母方のデインヒルの影響が出ている。ディープインパクト産駒だが、スピードタイプでマイルに本質がある。

2000mまでは守備範囲と感じる。ダービーで敗れているが、2400mという距離は確実に長かったため評価を大幅に割り引いた。コースはそれほど問わないはず。

サウジアラビアロイヤルカップを勝った後、馬体写真を確認した際、古馬重賞を複数勝てるだけの素質はあると感じたが、同じディープインパクト産駒のマイラーであるサトノアラジンまでの能力は感じなかった。

しかし、朝日杯FSを1分33秒3という速い時計で勝利しているが優秀な内容。

サトノアレス、ダノンプラチナは古馬重賞レベルであったが、この馬はより高いパフォーマンスをみせており、その点から古馬G1で好走できるレベルと考えることが出来る。

やはり問題は長期休養明けという点から状態面。

 

アルアイン

ディープインパクト産駒としては少数派のタイプ。パワーも兼ね備えている点から、母方の影響が出ている。

決め手で劣る点から2着3着など惜しいレースが多いが、やはり皐月賞を勝ってから勝利に見離されている。

距離は1800m2000mがベストか。2200mまでは対応できるが、1600mの方が合う。

皐月賞を勝った後いまひとつ結果が出ていないが、馬体を評価してきた馬で、皐月賞の勝利はフロックではない。

日本のG1で合うレースがあまりなく、これまで結果を残しづらい面があるとお伝えしてきたが、大阪杯、天皇賞(秋)、マイルCSといずれも勝ち味に遅い結果となっている。

厩舎や牧場などの調整が上手いのかもしれないが、状態が安定しており、出来がよくないというケースは見られない。

道悪がプラスになれば好走の可能性はあるが。

 

エアウィンザー

エアスピネルの全弟であるが、父キングカメハメハの影響を感じさせるフォルムでパワーにベクトルが傾いている。

兄はマイラー体型であったが、こちらは中距離に適性がある。首の位置などからやや距離に限界を感じさせるが、1800m2000m辺りに本質がある。

上がりの速いレースの適性は微妙で、その点から決め手で勝負をするよりもある程度前でのレースが合うはず。

スピードの絶対値がかなり高く、後天的に獲得した資質の面もある。

チャレンジカップでは2着に0秒5差をつける完勝劇を見せており、状態や適性面に問題があったかもしれないが、相手もステイフーリッシュ、ダンビュライトといったその後重賞で活躍している馬。

今回はかなり骨っぽい相手となるがその辺りがどうか。

 

ペルシアンナイト

上半身に体高があるつくりや、やや手脚が長い体型などエキストラエンドに似ている。1600mから2000mが合う。胴の短さからやはり2000mまでに本質がある。

体の柔らかさを感じさせる点に能力を感じさせる。ハービンジャー産駒というイメージがなく、母の父サンデーサイレンスの影響が出ていると思われる。

シンザン記念時にデビュー前の馬体写真を見る限り、重賞を複数勝ってもおかしくないとお伝えしたが、高い評価をしたことは間違っていなかった。

3歳のマイルCS時に馬体を見た際も、やはり今後古馬を相手にしてもマイルG1などで通用しえるとお伝えした。

2018年のシーズンになってから身体を大きく見せており少なからず成長があったはず。完成度が高い状況ではないにもかかわらず3歳秋の時点でG1を勝っている点からかなりの資質がある。

モーリスやロードカナロアのような怪物的な強さはないが、能力的に次のグループと言え、今後もG1で好走できるだけのものを持っている。

 

推奨穴馬メイショウテンゲン勝利 読者からの的中報告

 

モズカッチャン

全体のフォルムはキングカメハメハ産駒のショウリュウムーンに似ているが、母の父の影響が出ているか微妙。

始めた馬体を見た際はある程度距離に限界があると考えたが、それほどボリュームがなく胴が長いつくりからも中距離に本質がある。

3歳春、3歳秋、4歳夏以降で体型が変化しており、それに伴い得意な条件も変わっている。

3歳時に勝利したフローラSではまだ良化の余地を残していたが、ここからよくなってくる可能性があるとお伝えした。

フローラSを勝利し、オークスでも2着と好走しているが、3歳春の時点ではそれほど高いレベルになかった。3歳秋を迎えて華奢な面が解消されるなど良化していた。

3着と好走した秋華賞では、ローズSよりもシャープなつくりでたたかれた上積みがあったが、勝利したエリザベス女王杯ではさらに上向いていた。

エリザベス女王杯は状態がよくないにもかかわらず3着と好走しており、札幌記念にしても3着に終わっているが、直線で外に持ち出すのが遅くなった分届かなかっただけ。

馬体を見る限りそれほど強いという印象はなかったが、札幌記念ではサングレーザー、マカヒキといった馬とも互角に戦っており、まともなレースであれば突き抜けていた可能性もある。

 

リスグラシュー

デビュー前の馬体写真を見ると、父方のサンデーサイレンスの影響を感じさせるつくりをしていた。

1600mの阪神JF、桜花賞で2着と好走しているが、距離は2000m以上の方がいい。

桜花賞は、道悪でスタミナが要求される馬場と、ソウルスターリング、アドマイヤミヤビといった他の実力馬が馬場の悪化を苦にしたことが大きな追い風となった。

阪神JF時に、全体的に弱点がなく、素質は申し分なく今後も重賞で通用するだけの素質を感じさせるとお伝えした。

昨秋の府中牝馬Sでは斤量が2キロ重かったディアドラに敗れており、内容がいまひとつだった点に物足りなさを覚えたが、レース間隔の差もあったか。

2018年のエリザベス女王杯を勝利しているが、京都外回りコースの2200mはベストに近い条件で、降雨の影響も追い風に。

次走の香港ヴァーズでも2着と好走しているが、2歳時から高いレベルで走ってきた馬で、能力的な衰えも懸念される頃ではある。今回も条件は合うが。

 

Twitterでは競馬ネタ中心につぶやいてます。

TwitterのDMでお届けする場合がありますので、フォローしておいてください。

 

無料穴馬予想はブログではお届けしていません。

重賞の穴馬と穴馬の考察は無料メルマガ(←クリック)とLINEでご覧ください。

 

-金鯱賞 予想
-, ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2019 All Rights Reserved.