東京新聞杯 予想

東京新聞杯 2021 予想 人気薄の買い材料と穴馬の傾向

更新日:

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「競馬予想 馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

今回は2021年東京新聞杯人気薄出走馬の馬体考察と買い材料、東京新聞杯で人気薄で走った穴馬の特徴をお届けします。

 

 

東京新聞杯 2021 無料穴馬

先週お届けした無料穴馬はシルクロードSでリバティハイツが4着という結果。

レース後鞍上もコメントを残していますが、3コーナーで後ろへ下がってポジションがやや後ろとなったことが響きました。

それも影響して直線で前でレースをした馬をさばくことができず脚を余した感がありますが、スムーズなレースであれば2着は十分ありました。

今回は運がありませんでしたが、また無料穴馬にお付き合い頂ければ幸いです。

無料穴馬に関しては無料メルマガ(←クリック)とLINEでお届けします。

無料メルマガは2006年創刊、読者数3000人以上、LINEの登録も2000人以上。

Twitter(←アカウント)へ的中報告(←こちら)を送って頂いた方へお礼を申し上げます。

調教推奨馬に関してもLINEをご覧ください。

 

東京新聞杯 2021 穴馬動画

YouTubeでもきさらぎ賞の穴馬候補などをお届けしていきます。

根岸ステークスは10番人気2着ワンダーリーデルに関して解説しました。

きさらぎ賞と東京新聞杯の情報もお届けしていきますので、チャンネル登録(←クリック)してお待ちください。

YouTubeでは期間限定の動画もお届けしています。

 

東京新聞杯 2021 人気薄の買い材料

 

サトノインプレッサ:今回は前走時よりも引き締まっており、たたかれての上積みがある。

 

カテドラル:同じ距離、コースNHKマイルカップで3着と好走している。その後の成長も確認できる。上りのかかるレースの方が合う馬でペースが極端に上がれば。

 

ショウナンライズ:東京コースでは結果を残している。

 

エメラルファイト:小回りコースの方がいいが、1800mにも対応でき、ある程度スタミナが要求される東京のマイルは悪くない条件。

 

プロディガルサン:内枠から先行できる点は好材料。

 

ニシノデイジー:持続力タイプで前でのレースが合うが、前々走は先行しており、今回も積極的なレースをすれば展開的に向く可能性はある。あるいはペースが上がってタフなレースになるかだが、やはり先行して前有利の展開の方が好走の可能性は高い。

 

ロードマイウェイ:2019年に5連勝を達成した。チャレンジカップを勝った後、結果が出ていないが、展開が向かないレースが多かった。今回条件は悪くない。能力的に劣らず56キロで出走もできる。

 

サトノアーサー:坂井騎手が騎乗の際は先行しており、前でレースが出来れば展開の恩恵を受ける可能性もある。

 

トライン:東京芝1600mなど直線が長いコースのマイル戦で結果を残しており条件は合う。
 

東京新聞杯 穴馬の傾向と特徴

○ 2016年東京新聞杯:11番人気3着マイネルアウラート

有料メルマガで自信の穴馬推奨。デビュー前の馬体からも、重賞でもやれると感じさせた。

出走馬の脚質からペースが落ち着くことを想定したが、スローペースが追い風に。

 

○ 2015年東京新聞杯:9番人気2着アルフレード

有料メルマガで穴馬推奨。

故障による長期休養明けから大敗を続けていたが、前々走オーロカップは休み明けで0秒1差という結果を残しており、能力的に復調していた。

 

○ 2014年東京新聞杯:8番人気1着ホエールキャプチャ

有料メルマガにて自信の穴馬に推奨。

レースが順延され、一週前の追切はそれほどでもなかったが、最終追切では動きが良化していたことが最大の好走の要因。

能力的にここでも上位であったが、侮られていた。

 

○ 2012年東京新聞杯:8番人気1着ガルボ

有料メルマガにて自信の穴馬に推奨。

調教の動きに勢いがあり非常にいい内容でA評価としたが出来もよかった。

 

○ 2011年東京新聞杯:7番人気2着キングストリート

有料メルマガにて穴馬推奨した馬。

馬体をみると広いコースの方が向く馬で、1600mから2000m辺りの距離に適性があるため、この条件ほぼベストであった。

 

○ 2009年東京新聞杯:15番人気2着キャプテンベガ

人気馬は重い斤量を背負っていたこともあり下位に沈んだが、馬場の悪化が大きく影響した。

決め手が要求される流れとなったことも好走の要因。

 

○ 2009年東京新聞杯:9番人気3着スマイルジャック

不良馬場で行われスタミナが要求される条件となった点が追い風に。

 

○ 2008年東京新聞杯:13番人気2着リキッドノーツ

常に速い上がりをマークしており決め手を有していたが、直線の長いコースが合った。

 

○ 2008年東京新聞杯:12番人気3着タマモサポート

初めてのマイル戦でノーマークの存在。

その後も馬券に絡む際は常に人気薄でムラ駆けする部分がある馬。

休み明けで重賞勝利あり、鉄砲も利く馬であった。

 

○ 2006年東京新聞杯:11番人気1着フジサイレンス

前半800m47秒4とこのレースの平均よりも1秒近く遅いペース。

上位は例年よりも短い距離で結果を残している馬がきていた。

このレース向きの決め手もある程度持っており、流れが向いた。

 

○ 2005年東京新聞杯:7番人気2着キネティクス

府中のマイルで勝利あり、3走前までのレースで5戦連続最速の上がりをマークするなど、このレース向きの決め手もあった。

 

○ 2004年東京新聞杯:7番人気1着ウインラディウス

前半800m47秒0とやや遅い流れで先行し、スローの瞬発力勝負となり、展開がはまったことが好走の要因。

 

○ 2002年東京新聞杯:10番人気1着アドマイヤコジーン

G1ホースも夏以来のレースで大敗が続いており、人気が落ちていた。

前半49秒3、後半48秒4と不良馬場ながら後半の方が1秒近く時計は速く、前残りに近い結果となった部分もある。

 

○ 2002年東京新聞杯9番人気2着ディヴァインライト

人気薄で走る傾向がある馬で、体重の変動が激しいという特徴もある。

休み明けでプラス18キロという体重増があったが、大幅に減っていた体重が戻っていたことが好走の要因。

 

 

東京新聞杯 消えた人気馬の傾向と特徴

2016年
1番人気ダッシングブレイズ:競争中止。
2番人気4着ダノンプラチナ:
3番人気10着グランシルク:
4番人気6着ダイワリベラル:馬体の面から能力負けの感があった。

2015年
2番人気6着エキストラエンド:
4番人気4着シャイニープリンス:直線で前をさばくのに手間取った。
5番人気11着サトノギャラント:

2014年
1番人気4着コディーノ:
2番人気10着ショウナンマイティ:
4番人気5着サトノギャラント:道悪も影響か。

2013年
1番人気10着ドナウブルー…能力などを考えても過大評価
3番人気9着マウントシャスタ…距離不足。

2012年
1番人気5着ダノンシャーク…
2番人気7着フレールジャック…
3番人気13着サダムパテック…
5番人気8着マイネルラクリマ…外枠に入っており、馬体に余裕もあった。

2011年
1番人気7着ダノンヨーヨー…57キロと休み明けも影響。
3番人気11着フラガラッハ…
4番人気6着シルポート…58キロが響いた。

2010年
3番人気6着アブソリュート…
4番人気7着スマイルジャック…
5番人気4着マイネルファルケ…前々走マイルCS2着も展開の恩恵あり、調教の動きもA評価としたが、過大評価で、その時ほどの出来になかった。

2009年
1番人気6着タマモサポート…
2番人気13着ローレルゲレイロ…マイルCS以来の休み明けが敗因。逃げるレースをしたが、後方からレースをする馬で決着。
4番人気9着マルカシェンク…

 

 

重賞の無料穴馬と調教推奨馬は無料メルマガ(←クリック)とLINEでお届けしています。

-東京新聞杯 予想
-, , , ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2021 All Rights Reserved.