東京新聞杯 予想

東京新聞杯 2022 穴馬予想 追い切り情報 穴馬の傾向と人気薄の買い材料

更新日:

[ご連絡]

試験的にnoteで穴馬の販売を行います。

「東京新聞杯 超人気薄穴馬」(←クリック)

 

 

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「競馬予想 馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

東京新聞杯の追い切り情報はYouTubeにて後日更新します。

チャンネル登録(←クリック)してお待ちください。

東京新聞杯で波乱がある場合は週末に東京新聞杯の無料穴馬も更新する予定です。

まず、過去東京新聞杯で人気薄で走った馬・穴馬の特徴、東京新聞杯で人気で凡走した馬・危険な人気馬の特徴をお届けします。

 

 

東京新聞杯 2022 追い切り情報・調教推奨馬

函館記念は14番人気アイスバブルが2着に、目黒記念は15番人気アドマイヤアルバが3着に好走。

※ 下記は追い切り情報・調教推奨馬

根岸ステークス1着 テイエムサウスダン
アメリカジョッキークラブカップ3着 ボッケリーニ
京成杯2着 ロジハービン
シンザン記念1着 マテンロウオリオン
中山金杯3着 ヒートオンビート
ホープフルステークス3着(8番人気) ラーグルフ
有馬記念1着 エフフォーリア
朝日杯FS1着 ドウデュース
チャンピオンズカップ1着 テーオーケインズ
チャンピオンズカップ2着 チュウワウィザード
チャレンジカップ1着 ソーヴァリアント
京都2歳ステークス2着(9番人気) ビーアストニッシド
東京スポーツ杯2歳ステークス2着 アサヒ
福島記念2着 ヒュミドール
福島記念2着 ヒュミドール
アルゼンチン共和国杯1着 オーソリティ
スワンステークス3着 ホウオウアマゾン
菊花賞2着 オーソクレース
富士ステークス3着(10番人気) タイムトゥヘヴン
富士ステークス1着 ソングライン
秋華賞1着 アカイトリノムスメ
秋華賞3着 アンドヴァラナウト
府中牝馬ステークス3着(8番人気) マルターズディオサ

[調教推奨馬]

○ 東京新聞杯

イルーシヴパンサー

ファインルージュ

ワールドバローズ

東京新聞杯の人気薄の調教推奨馬は、競馬人気ブログランキング(←クリック)のサイト情報へ更新しています。

 

東京新聞杯 2022 穴馬

[PR]

東京新聞杯2022攻略情報

6番人気一列目配置
1番人気完全度外視

重賞専用情報
根岸ステークス
6→4→2人気
3連単279280円獲得
しかもたった6点

1人気ソリストサンダー3人気オメガレインボー
買い目に入れず。。証拠の買い目がコチラ
─────────────────────

─────────────────────

これは気持ちいいーーですね。

そして今週末は東京新聞杯
最後に東京新聞杯に関するデータをご紹介・・・過去10年3連単平均配当は11万越えで人気馬の信頼度が低い傾向ですが、
特に不振なのが(2-0-3-15)複勝率25%しかない1-2番人気馬
特に5枠から外を引いた1-2番人気馬は(0-0-3-15)と1頭も連対がないので、
枠順次第では馬連でも穴馬券が狙えそう。
人気馬を買う時は枠順を見て取捨したいですね。

─────────────────────
こんなデータもありますが最後はココ見ておくのがベストかもですね。朗報は東京新聞杯3連複買い目前夜無料公開との事。この馬券師軍団が公開する予想は見ておきたいですね。

東京新聞杯2022予想
枠順+ここの買い目=的中?!一度無料チェックしてみてください。

 

※ 上記は広告です。お問い合わせは上記サイトにてお願いいたします。

 

 

[東京新聞杯 無料穴馬]

ドナアトラエンテ

ジェンティルドンナの全妹。姉は突出した武器を持っていたが、この馬はこれという個性や合うという条件がなく勝ち切れないレースが増えるかもしれない。

ただ、たしかに姉はあまりにも偉大過ぎる存在となるが、この馬も悪い馬体ではなく、「賢兄愚弟」という言葉があるが、「賢姉愚妹」と揶揄することはできない。

重賞初出走となった中山牝馬Sでデビュー前の馬体を見た際、よくいるディープインパクト産駒というイメージがあり、重賞ではそれなりに走るとお伝えしたが、福島牝馬Sで2着と好走。

クイーンS時にデビュー後の馬体を初めて見たが、印象はそれほど変わらず、今後も牝馬重賞で複数回走っておかしくない。

ジェンティルドンナはジャパンカップを2年連続で制しているが、2400mはベストの距離ではなかった。瞬発力に特化したタイプで高速馬場で決め手を生かすことで長い距離に対応できた。

この馬は距離よりも、全体的に体高があるつくりからキレるタイプではなくある程度前でのレースの方が結果を残しやすい。

デビュー後の馬体を見ると、デビュー前の体型よりも短距離色が強くなっている。距離は1600m1800mが合い、2000mまでは守備範囲と考えたが、胴の短さやボリュームのあるフォルムを鑑みると2000mよりも1400mの方が合うかもしれない。

上半身に窮屈な部分があり、その点が走法にも影響しているためシャドーロールで矯正を図っているが、距離延長への適応力やパフォーマンスという点においてもマイナス材料。

クイーンSは先行したが、直線の降雨の影響とペースが流れたことによって決め手が生きるレースになり展開的に厳しかった。逆に府中牝馬Sは控えるレースで展開が向き3着と好走。

ターコイズSは後手を踏んだ点が厳しかった。

斤量面でのアドバンテージがあれば、牡馬相手の重賞でも走っておかしくはない。

 

試験的にnoteで穴馬の販売を行います。

「東京新聞杯 超人気薄穴馬」(←クリック)
 

 

 

 

無料穴馬は週末に更新しています。更新した際、無料メルマガでお伝えしています。

※ 穴馬のお休みさせて頂く週があります。お届けしない場合は無料メルマガは届きません。

メルマガ詳細

 

有料穴馬(←クリック)では、無料穴馬よりも妙味のある超人気薄の穴馬、好走の可能性が高い穴馬を配信。

 

東京新聞杯 2022 穴馬動画

東京新聞杯ときさらぎ賞の情報もお届けしていきますので、チャンネル登録(←クリック)してお待ちください。

 

東京新聞杯 人気薄の買い材料

人気薄の買い材料は無料メルマガで不定期配信しています。

メルマガ詳細

※ 下記は以前お届けした考察

サトノインプレッサ:今回は前走時よりも引き締まっており、たたかれての上積みがある。

 

カテドラル:同じ距離、コースNHKマイルカップで3着と好走している。その後の成長も確認できる。上りのかかるレースの方が合う馬でペースが極端に上がれば。

 

ショウナンライズ:東京コースでは結果を残している。

 

エメラルファイト:小回りコースの方がいいが、1800mにも対応でき、ある程度スタミナが要求される東京のマイルは悪くない条件。

 

プロディガルサン:内枠から先行できる点は好材料。

 

ニシノデイジー:持続力タイプで前でのレースが合うが、前々走は先行しており、今回も積極的なレースをすれば展開的に向く可能性はある。あるいはペースが上がってタフなレースになるかだが、やはり先行して前有利の展開の方が好走の可能性は高い。

 

ロードマイウェイ:2019年に5連勝を達成した。チャレンジカップを勝った後、結果が出ていないが、展開が向かないレースが多かった。今回条件は悪くない。能力的に劣らず56キロで出走もできる。

 

サトノアーサー:坂井騎手が騎乗の際は先行しており、前でレースが出来れば展開の恩恵を受ける可能性もある。

 

トライン:東京芝1600mなど直線が長いコースのマイル戦で結果を残しており条件は合う。

 

東京新聞杯 穴馬の傾向と特徴

○ 2016年東京新聞杯:11番人気3着マイネルアウラート

有料メルマガで自信の穴馬推奨。デビュー前の馬体からも、重賞でもやれると感じさせた。

出走馬の脚質からペースが落ち着くことを想定したが、スローペースが追い風に。

 

○ 2015年東京新聞杯:9番人気2着アルフレード

有料メルマガで穴馬推奨。

故障による長期休養明けから大敗を続けていたが、前々走オーロカップは休み明けで0秒1差という結果を残しており、能力的に復調していた。

 

○ 2014年東京新聞杯:8番人気1着ホエールキャプチャ

有料メルマガにて自信の穴馬に推奨。

レースが順延され、一週前の追切はそれほどでもなかったが、最終追切では動きが良化していたことが最大の好走の要因。

能力的にここでも上位であったが、侮られていた。

 

○ 2012年東京新聞杯:8番人気1着ガルボ

有料メルマガにて自信の穴馬に推奨。

調教の動きに勢いがあり非常にいい内容でA評価としたが出来もよかった。

 

○ 2011年東京新聞杯:7番人気2着キングストリート

有料メルマガにて穴馬推奨した馬。

馬体をみると広いコースの方が向く馬で、1600mから2000m辺りの距離に適性があるため、この条件ほぼベストであった。

 

○ 2009年東京新聞杯:15番人気2着キャプテンベガ

人気馬は重い斤量を背負っていたこともあり下位に沈んだが、馬場の悪化が大きく影響した。

決め手が要求される流れとなったことも好走の要因。

 

○ 2009年東京新聞杯:9番人気3着スマイルジャック

不良馬場で行われスタミナが要求される条件となった点が追い風に。

 

○ 2008年東京新聞杯:13番人気2着リキッドノーツ

常に速い上がりをマークしており決め手を有していたが、直線の長いコースが合った。

 

○ 2008年東京新聞杯:12番人気3着タマモサポート

初めてのマイル戦でノーマークの存在。

その後も馬券に絡む際は常に人気薄でムラ駆けする部分がある馬。

休み明けで重賞勝利あり、鉄砲も利く馬であった。

 

○ 2006年東京新聞杯:11番人気1着フジサイレンス

前半800m47秒4とこのレースの平均よりも1秒近く遅いペース。

上位は例年よりも短い距離で結果を残している馬がきていた。

このレース向きの決め手もある程度持っており、流れが向いた。

 

○ 2005年東京新聞杯:7番人気2着キネティクス

府中のマイルで勝利あり、3走前までのレースで5戦連続最速の上がりをマークするなど、このレース向きの決め手もあった。

 

○ 2004年東京新聞杯:7番人気1着ウインラディウス

前半800m47秒0とやや遅い流れで先行し、スローの瞬発力勝負となり、展開がはまったことが好走の要因。

 

○ 2002年東京新聞杯:10番人気1着アドマイヤコジーン

G1ホースも夏以来のレースで大敗が続いており、人気が落ちていた。

前半49秒3、後半48秒4と不良馬場ながら後半の方が1秒近く時計は速く、前残りに近い結果となった部分もある。

 

○ 2002年東京新聞杯9番人気2着ディヴァインライト

人気薄で走る傾向がある馬で、体重の変動が激しいという特徴もある。

休み明けでプラス18キロという体重増があったが、大幅に減っていた体重が戻っていたことが好走の要因。

 

 

東京新聞杯 消えた人気馬の傾向と特徴

2016年
1番人気ダッシングブレイズ:競争中止。
2番人気4着ダノンプラチナ:
3番人気10着グランシルク:
4番人気6着ダイワリベラル:馬体の面から能力負けの感があった。

2015年
2番人気6着エキストラエンド:
4番人気4着シャイニープリンス:直線で前をさばくのに手間取った。
5番人気11着サトノギャラント:

2014年
1番人気4着コディーノ:
2番人気10着ショウナンマイティ:
4番人気5着サトノギャラント:道悪も影響か。

2013年
1番人気10着ドナウブルー…能力などを考えても過大評価
3番人気9着マウントシャスタ…距離不足。

2012年
1番人気5着ダノンシャーク…
2番人気7着フレールジャック…
3番人気13着サダムパテック…
5番人気8着マイネルラクリマ…外枠に入っており、馬体に余裕もあった。

2011年
1番人気7着ダノンヨーヨー…57キロと休み明けも影響。
3番人気11着フラガラッハ…
4番人気6着シルポート…58キロが響いた。

2010年
3番人気6着アブソリュート…
4番人気7着スマイルジャック…
5番人気4着マイネルファルケ…前々走マイルCS2着も展開の恩恵あり、調教の動きもA評価としたが、過大評価で、その時ほどの出来になかった。

2009年
1番人気6着タマモサポート…
2番人気13着ローレルゲレイロ…マイルCS以来の休み明けが敗因。逃げるレースをしたが、後方からレースをする馬で決着。
4番人気9着マルカシェンク…

 

 

重賞の無料穴馬と調教推奨馬は無料メルマガ(←クリック)とLINEでお届けしています。

-東京新聞杯 予想
-, , , ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2022 All Rights Reserved.