七夕賞 予想 穴馬 予想

七夕賞 予想 穴馬の特徴と穴馬候補 人気薄の買い材料

更新日:

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

今回は2021年七夕賞人気薄の穴馬の買い材料や、過去七夕賞で走った穴馬の特徴をお届けします。

七夕賞の穴馬探しの参考となれば幸いです。

無料メルマガ(←クリック)では無料穴馬をお届けしています。

読者の方から、Twitter(←アカウント)へ的中報告(←こちら)を送って頂きました。

ありがとうございました。

Twitterでは、馬券のヒントなどをお届けしています。

 

 

 

七夕賞 2021 追い切り情報 調教推奨馬

目黒記念は調教推奨馬15番人気アドマイヤアルバが3着に。

※ 下記は無料でお届けした2021年の調教推奨馬

宝塚記念3着 レイパパレ
エプソムカップ1着 ザダル
函館スプリントステークス1着 ビアンフェ
函館スプリントステークス2着 カレンモエ
安田記念1着(8番人気) ダノンキングリー 
目黒記念3着(15番人気) アドマイヤアルバ 
平安ステークス1着 オーヴェルニュ
NHKマイルカップ3着 グレナディアガーズ
青葉賞3着 レッドヴェロシティ
皐月賞2着(8番人気) タイトルホルダー
マイラーズカップ1着 ケイデンスコール
阪神牝馬ステークス1着 デゼル
大阪杯1着 レイパパレ
ダービー卿チャレンジトロフィー2着 カテドラル
ダービー卿チャレンジトロフィー3着 ボンセルヴィーソ
高松宮記念1着 ダノンスマッシュ
高松宮記念2着 レシステンシア
高松宮記念3着 インディチャンプ
日経賞1着 ウインマリリン
阪神大賞典3着(9番人気) ナムラドノヴァン
スプリングステークス3着 ボーデン
ファルコンステークス1着 ルークズネスト
ファルコンステークス3着 モントライゼ
フラワーカップ3着 ユーバーレーベン
中山牝馬ステークス1着(7番人気) ランブリングアレー
弥生賞1着 タイトルホルダー
弥生賞2着 シュネルマイスター
チューリップ賞1着 メイケイエール
阪急杯2着(10番人気) ミッキーブリランテ
阪急杯3着 ジャンダルム

調教推奨馬に関して無料メルマガ(←クリック)をご覧ください。

無料穴馬もそちらでお届けしています。

メルマガ詳細

 

 

七夕賞 2021 無料穴馬


無料穴馬は無料メルマガ(←クリック)でお届けしています。(一部は独自配信のメール。詳細はLINEをご覧ください。)

※ 下記はお届けした2021年の無料穴馬

CBC賞 8番人気1着 ファストフォース
鳴尾記念 8番人気1着 ユニコーンライオン
皐月賞 8番人気2着 タイトルホルダー
桜花賞 8番人気3着 ファインルージュ
中山牝馬S 7番人気1着 ランブリングアレー
オーシャンS 6番人気3着 ビアンフェ
阪急杯 10番人気2着 ミッキーブリランテ
フェブラリーS 8番人気3着 ワンダーリーデル
共同通信杯 7番人気2着 ヴィクティファルス
日経新春杯 7番人気1着 ショウリュウイクゾ

メルマガ詳細

 

七夕賞 2021 人気薄の買い材料

 

マウントゴールド:前でレースが出来た時は58キロを背負いながら安定して走っている。スムーズに先行できれば。その点で最内枠は追い風。

 

カウディーリョ:休み明けだが鉄砲は利く。

 

プレシャスブルー:道悪は走り2000mはベスト。小回りコースの方が体型的に合う。時計のかかる馬場であれば追い風。

 

スカーフェイス:4走前の1勝クラスを勝利し、3走前は前が壁になり、2走前はスローペースでともに脚を余した。巻き返す余地は残されている。

 

ツーエムアロンソ:距離は延びた方がよく特殊な条件が合う馬。時計がかかってペースが上がるタフな条件となれば。

 

アバルラータ:スピードタイプで平坦の小回りコースは合う。

 

無料穴馬は無料メルマガ(←クリック)でお届けしています。

メルマガ詳細

 

七夕賞 穴馬の特徴

○ 2018年七夕賞:11番人気1着メドウラーク

自信の穴馬推奨。近走マイル戦で敗れていたが、距離延長と時計のかかる馬場が追い風になった。

 

○ 2018年七夕賞:12番人気3着パワーポケット

芝で実績がなく、好走したというよりも不安材料があった他の馬がこけて残ったという感がある。ハンデ戦で50キロという斤量の軽さも好走の要因。

 

○ 2016年七夕賞:11番人気3着オリオンザジャパン

53キロという恵量で、決め手が要求される流れともに追い風になったが、鞍上の好騎乗が最大の好走要因。

 

○ 2015年七夕賞:16番人気3着マデイラ

展開の恩恵があった。前走は後方からのレースであったが、騎手が変わっていた。

条件も合ったと思われ、52キロとハンデが軽かったことも好走の要因。

 

○ 2015年七夕賞:8番人気2着ステラウインド

平坦コースの方が走る馬。前走目黒記念で減っていた体重が戻り、体調も上向いていたよう。

ペースが落ち着いて上がりの速いレースとなったが、騎手が早仕掛けをせず、展開がはまった感もある。

 

○ 2014年七夕賞:10番人気2着ニューダイナスティ

自信の穴馬推奨。

前年の新潟記念では1番人気に支持されており、その時から評価が急落していたが、馬体を見る限り素質は確かで、55キロは有利であった。

3月以来のレースであったが、鉄砲が利く馬であった。

 

○ 2012年七夕賞:14番人気1着アスカクリチャン

マイルまでしか実績がなく2000mの距離が懸念され人気がなかったが、馬体をみる限り問題なかった。

道悪で実績はなかったが、時計のかかる馬場になったことも追い風と思われる。

 

○ 2010年七夕賞:11番人気ドモナラズ

穴馬推奨。前走はOP特別の福島テレビオープンで4着と善戦。

内枠の馬で決着する中で6枠に入っており価値のある内容であった。斤量も52キロと買う価値のある馬であった。

 

○ 2010年七夕賞:6番人気2着アルコセニョーラ

平坦コースは走る馬で福島でも2勝。

新潟記念、そして3走前の福島牝馬Sで連対した時はいずれも2ケタ人気であったが人気薄で走ることが多い馬。

 

○ 2008年七夕賞:7番人気1着ミヤビランベリ

父オペラハウス、母の父は菊花賞馬ホリスキーという血統で、馬体を見ても腹袋が発達しており、かなりスタミナにベクトルが傾いた馬。

前走は中盤のラップが緩み、決め手勝負となり崩れたが、前々走は勝利していた。

 

○ 2008年七夕賞:11番人気2着ミストラルクルーズ

2月のダイヤモンドS以来のレースであったが、その時はプラス12キロと体重が増えており、この時は休み明けながらマイナス8キロと臨戦態勢は整っていた。

 

○ 2007年七夕賞:6番人気1着サンバレンティン

前半1000m59秒8と例年よりも速い流れで推移し、上がりも12.0-12.1-12.5と尻上がりにかかる厳しい流れ。

後方からレースをすすめた馬が上位にきており流れが合った。

 

○ 2005年七夕賞:8番人気2着トーセンダンディ

このシーズンの復帰後はいまひとつの結果が続いていたが、いずれも体重が520キロ近辺で推移。

オールカマーを勝った時は514キロで、このレースでもマイナス8キロの510と絞れていたことが好走要因。

 

○ 2004年七夕賞:8番人気1着チアズブライトリー

母の父アンバーシャダイ産駒は道悪で走ったが、この馬も道悪や雨のレースで4勝しており、やや重と馬場が悪化した事が追い風に。

 

○ 2004七夕賞:年9番人気2着ストロングブラッド

休み明け3走目で走り頃。

道悪で時計がかかる馬場であったことにくわえ、この条件も合ったよう。

 

○ 2003年七夕賞:6番人気1着ミデオンビット

前走安田記念は勝ち馬から0秒5差と善戦しており、レースをつかわれた上積みも好走の要因。

 

○ 2001年七夕賞:9番人気3着ミヤギロドリゴ

近走結果は出ていなかったが、3走前、前々走はともにダートの短距離戦で参考外。

前走吾妻小富士OPは休み明けでプラス12キロという体重増があったが、勝ち馬から0秒5差と善戦していた。

 

 

※ 有料メルマガではより好走の可能性が高い穴馬、明確な傾向や穴馬のパターンもお届けしています。

 

七夕賞 危険な人気馬の特徴

 

2016年
1番人気9着シャイニープリンス:
2番人気8着ルミナスウォリアー:フットワークがきれいで馬場に降雨の影響があったことも響いたか。
4番人気10着ヤマニンボワラクテ:ペースが速い中を先行していた。体重が8キロ減っており、レース後休養したが疲労もあったか。

2015年
1番人気12着レコンダイト:
3番人気5着アルフレード:
4番人気10着マイネルディーン:
5番人気4着メイショウナルト:マイナス8キロと体重が減っており、57キロも堪えたか。

2014年
2番人気6着ラブリーデイ:馬体が立派な感があった。
3番人気4着ダコール:
4番人気9着ダイワファルコン:

2013年
2番人気5着ダコール:前でレースをする馬が有利な展開となり、脚を余した。
3番人気7着エクスペディション:
4番人気14着ユニバーサルバンク:小回りコースで先行して上りのかかる流れとなったことが敗因。
5番人気4着マックスドリーム:

2012年
2番人気12着タッチミーノット:
3番人気8着エクスペディション:道悪がよくなかった。
4番人気9着ダイワファルコン:下半身を中心に若干貧弱なつくりであった。
5番人気7着ゲシュタルト:休み明けで、体重がマイナス14キロ、57キロと悪材料が多かった。

2010年
3番人気11着サニーサンデー:先行したが、1000m通過後ペースが上がり、後方からレースをすすめた馬が上位に。
4番人気5着トウショウシロッコ:惜しいレースも休み明けの分、詰めを欠いたか。
5番人気6着イケドラゴン:前走スローの目黒記念で51キロもあり2着に逃げ粘ったが、このレースは後方からレースを進める馬が上位にきた。

2009年
3番人気7着シャドウゲイト:57.5キロのトップハンデが響いたか。出来もそこまでよくなかった。
5番人気10着シルバーブレイズ:

2008年
1番人気6着カネトシツヨシオー:
2番人気4着キャプテンベガ:プラス8キロと体重が増えていた。
4番人気7着グラスボンバー:前走エプソムカップ3着も、その時より馬体がこじんまりとしていた。
5番人気8着トウショウヴォイス:

 

無料メルマガ(←クリック)では重賞の無料穴馬をお届けしています。

メルマガ詳細

-七夕賞 予想, 穴馬 予想
-,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2021 All Rights Reserved.