競馬 予想

高松宮記念 2018 傾向と穴馬の特徴

更新日:

有料穴馬は金鯱賞で8番人気2着サトノノブレスを穴馬推奨。

※ 下記は有料穴馬で推奨した主な穴馬

金鯱賞 8番人気2着 サトノノブレス
共同通信杯 10番人気3着 エイムアンドエンド
きさらぎ賞 5番人気3着 ラセット
東京新聞杯9番人気4着デンコウアンジュ
シルクロードS 5番人気2着 セイウンコウセイ
東海S 13番人気2着 コスモカナディアン
AJC杯9番人気4着ディサイファ
京成杯10番人気4着ライトカラカゼ
ターコイズS 7番人気3着 デンコウアンジュ
京阪杯 9番人気1着 ネロ
武蔵野S 8番人気2着 サンライズソア
スワンS 12番人気2着 ヒルノデイバロー

LINEでも無料で重賞の穴馬など有料情報の一部をお届けしています。

 

高松宮記念 距離、コース適性

中京競馬場での実績をみると、出走自体が少ないためあまりあてにはならず、中京での実績というよりも、ファイングレイン、ペールギュント、キーンランドスワンなどのように平坦コースで強い馬が結果を残していたが、坂のあるコースとなった。

高松宮記念は生粋のスプリンターよりも、1200m以下の距離で実績や出走自体がない馬の活躍が目立ち、過去の連対馬の芝1200mでの実績をみてもその傾向が分かる。

※左が1着馬、右が2着馬

2017  2-1-0-0  0-0-2-2
2016  6-2-0-1  0-0-1-1
2015  外国馬      5-4-1-7
2014  0-0-0-0  0-1-0-0
2013  7-2-1-0  7-3-3-5
2012  6-1-1-1  0-1-1-3

※ 下記は改装前

2010  3-2-2-3  6-4-2-3
2009  0-1-1-2  3-0-0-0
2008  3-0-0-0  1-0-1-0
2007  0-0-0-0  0-0-0-0
2006  0-0-0-0  0-0-0-0
2005  0-0-1-3  5-3-1-12

1200mで実績どころか出走経験自体のない馬の活躍も目立つが、スプリンターズSでは、1400mまでに好成績を残す馬の活躍が目立つ。

一方、スプリンターズSでは、芝1200m以下の距離で実績を残した馬が結果を出している。

基本的に1400mで勝利を挙げている馬も、ビービーガルダンなど1200mでの勝ち星がほとんどで、スプリンター色の強い馬を中心に馬券を買うことが必須といえる。

これはコース形態やペース、レース時計が影響しているため。

スプリンターズSは馬場悪化の年を除いた中山開催の過去10レースのうち1分7秒台で決着した年が6回あり、よりスピードが要求される。

一方高松宮記念では馬場が悪化するレースも、例年1分8秒台の時計で決着している。

スプリンターズSでは、スプリント色の強い馬を中心に馬券を買うことが必要とされ、高松宮記念とのコントラストは明確である。

高松宮記念 臨戦過程

年齢別の連対馬頭数をみると5歳馬が中心にきていたが、高齢馬はやや割り引いて考えた方がいい。

高松宮記念連対馬の前走のレースをみると、阪急杯から参戦してくる馬が多い。

しかし、近年はオーシャンSを前哨戦にチョイスするケースが多く、出走馬のレベルが上がっており、そちらから参戦してくる馬も結果を残すようになる可能性が高い。

休み明けで馬券に絡んだのはレッドファルクス、スリープレスナイト、ラインクラフト、デュランダル、アグネスワールド、シーキングザパールなどで、5頭のうち4頭は海外のレースを含めるとG1を2勝以上しており、超一流クラスでないと、休み明けでは厳しい。

ただ、逆にいうと気性的に仕上がりやすいスプリンターで、心肺機能が求められないレースのため、超一流馬であれば休み明けでも走る可能性が高いということが分かる。

過去22レースで、馬体重増で出走して連対したのは44頭中8頭のみ、馬券に絡んだのは66頭中17頭のみ。

気候的に暖かくなる時季で、プラス体重で出走するという事は、何らかの不安を抱えている可能性があるといえる。

そして、前年のこのレースで5着までに入った馬が馬券に絡むケースが多いことは覚えておきたい。

ミッキーアイル 2015年3着→2着
ロードカナロア 2012年3着→1着
キンシャサノキセキ 2008年2着→2010年1着
スズカフェニックス 2007年1着→2008年3着
プリサイスマシーン 2007年4着→2008年3着
キーンランドスワン 2004年3着→2005年2着
サニングデール 2003年2着→2004年1着
リキアイタイカン 2002年4着→2003年3着
ブラックホーク 2000年4着→2001年2着
アグネスワールド 1999年5着→2000年3着
シーキングザパール 1998年4着→1999年2着
シンコウフォレスト 1998年1着→1999年3着
シンコウフォレスト 1997年3着→1998年1着
エイシンバーリン 1997年2着→1998年3着

※ 2011年は阪神で行われており、2011年、2012年2着のサンカルロ、2010年1着のキンシャサノキセキを割愛

レースの経験が重要なためか、前年までに結果を残していた馬が順位を上げるというケースが目立つ。

高松宮記念 消えた人気馬の特徴

2017年
3番人気10着メラグラーナ:そこまで状態がよくなかった。
4番人気15着シュウジ:道悪の適性で劣って崩れる結果に。

2016年
4番人気9着ウリウリ:
5番人気5着エイシンブルズアイ:能力的に劣った。

2015年
1番人気13着ストレイトガール:
2番人気6着ダイワマッジョーレ:それほどペースが流れず、出遅れが致命的に。
5番人気5着コパノリチャード:前年ほどの能力がなかった。

2014年
2番人気5着ハクサンムーン:後手を踏んで持ち味生きず。
4番人気15着レデォオブオペラ:故障が影響か。
5番人気7着スマートオリオン:

2013年
4番人気4着サクラゴスペル:上位は実力馬が占め、能力的に劣った。
5番人気14着エピセアローム:

2012年
4番人気11着ジョーカプチーノ:
5番人気5着マジンプロスパー:馬体を見る限り距離がベストより1ハロン短かった。

高松宮記念 穴馬の特徴

2014年8番人気2着スノードラゴン:ダートで実績を挙げており、時計のかかる馬場が追い風に。前走オーシャンSで2着と好走していたが、芝で実力馬に通用するか疑問がつけられていた。ただ、その後の成績をみても高い能力を有していた。

2011年11番人気3着アーバニティ:先行馬が崩れる流れで決め手が生きる。この年は阪神で行われ坂のあるコースはあまりよくない馬だが、調教でも動いており出来は良かった。陣営も「仕上がりはいいからね。展開一つといった面はあるが、うまく脚をタメられればここでも、の気持ち」というコメントを残していた。

2010年6番人気2着ビービーガルダン:スプリンターズSで2着と3着あり、能力に関しては説明不要か。前走阪急杯は不可解な敗戦も、前走、前々走ともにマイナス6キロと体重が減っていた。このレースではプラス8キロと体重が戻っており、復調があったことが好走の要因。

2009年15番人気3着ソルジャーズソング:前走オーシャンSで4着と敗れるも、それほど得意でないやや重という馬場状態であった。前々走のシルクロードSは道中ポジションを下げながら2着と好走しており、能力的な裏付けもあった。

2007年13番人気2着ペールギュント:重馬場で行われており、馬場状態が悪化して時計のかかる馬場になったことが大きな追い風になった。

2005年6番人気2着キーンランドスワン:前年も8番人気で3着と好走しており、条件が合ったことが好走の要因。前走で阪急杯を勝っているが能力の減退なく、地味な馬故に侮られており、条件を考えると不当な評価であった。

2003年10番人気3着リキアイタイカン:前走4キロ、前々走10キロと体重が増えていた体重がマイナス8キロと絞れていた。前走、前々走はそういった点が敗因であるが、3走前のマイルCS、4走前のスワンS、前年のCBC賞など人気薄で馬券に絡むことが多い馬。

 

LINEでは無料で重賞の情報をお届けしています。

 

無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でも穴馬をお届けしてまいります。

 

重賞レースの過去の傾向、穴馬と危険な人気馬の特徴は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けしています。

Twitterでは競馬ネタをつぶやいています。

読者の方から的中報告(←こちら)を頂戴しました。

-競馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.