穴馬 予想

阪神大賞典 2018 穴馬は? 出走馬考察

投稿日:

有料穴馬は金鯱賞で8番人気2着サトノノブレスを穴馬推奨。

※ 下記は有料穴馬で推奨した主な穴馬

金鯱賞 8番人気2着 サトノノブレス
共同通信杯 10番人気3着 エイムアンドエンド
きさらぎ賞 5番人気3着 ラセット
東京新聞杯9番人気4着デンコウアンジュ
シルクロードS 5番人気2着 セイウンコウセイ
東海S 13番人気2着 コスモカナディアン
AJC杯9番人気4着ディサイファ
京成杯10番人気4着ライトカラカゼ
ターコイズS 7番人気3着 デンコウアンジュ
京阪杯 9番人気1着 ネロ
武蔵野S 8番人気2着 サンライズソア
スワンS 12番人気2着 ヒルノデイバロー

LINEでも無料で重賞の穴馬など有料情報の一部をお届けしています。

 

[阪神大賞典 2018 出走馬考察]

クリンチャーは前走京都記念を勝利しているが、レイデオロが掛かった点、アルアインが距離が長かった点などに助けられた部分がある。今回休み明けをたたかれて上昇しているかがポイントとなる。

アルバートはステイヤーズS、ダイヤモンドSなど3000mを超える重賞を4勝しており、長丁場の鬼。7歳という年齢だが、能力の減退がないかという点がポイントになる。

レインボーラインは決め手を生かすレースをすれば長い距離も誤魔化すことができ対応可能。問題は距離よりも展開で、ペースが落ち着いて脚を余すリスクはある。

サトノクロニクルはこれから高いレベルで結果を残すには成長が必要となる。ただ、素質は高く、成長次第ではG1で通用してもおかしくはない。

カレンミロティックはやはり10歳という年齢や近走のパフォーマンスから通用するだけの能力があるか微妙な部分がある。ただ、今回はほぼベストの条件。

ヤマカツライデンは今回は例年と比べるとメンバー的にレベルが落ちるが、能力や長距離適性で劣る。好走には展開の恩恵が必要。

ムイトオブリガードは前走芝3戦目で500万条件を完勝したばかりだが、前走の内容は決して悪くなかった。能力的に通用しない可能性は高いが、未知の魅力はある。

トミケンスラーヴァは前々走で3000mの万葉Sを勝っているが、京都の下り坂を利したことが勝因と思われる。馬体を見る限り長い距離に適性があるタイプのように見受けられない。

シホウは母方がやや重めの血統で父がキングマン母系のキングカメハメハ。2400mで結果を残しており、心肺機能が高いタイプなのかもしれないが、スピード不足という印象がある。

スーパーマックスは馬体写真がないが、2200m以上の距離は初出走。地方出身ながら芝である程度差のないレースをしている。

コウエイワンマンは2400mである程度走っているが、近走の内容や能力的に微妙。

 

LINEでは無料で重賞の情報をお届けしています。

 

無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でも穴馬をお届けしてまいります。

 

重賞レースの過去の傾向、穴馬と危険な人気馬の特徴は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けしています。

Twitterでは競馬ネタをつぶやいています。

読者の方から的中報告(←こちら)を頂戴しました。

-穴馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.