穴馬 予想

関屋記念 2018 穴馬候補 傾向

更新日:

レパードSは有料穴馬で9番人気ビッグスモーキーを穴馬に推奨。

アイビスSD穴馬8番人気3着ナインテイルズに続いて2週連続穴馬が馬券に。

 

関屋記念が荒れそうな場合は穴馬を無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」でお届けします。

無料メルマガで穴馬や調教推奨馬が配信されない場合があるため、LINEも登録しておいてください。

読者の方から的中報告(←こちら)を頂戴しました。

Twitterではダラダラつぶやいています。

※ データは過去10レースを対象に編集しています

[レースのポイントと概要]

過去の結果を見ても大きな波乱はない。

過去10年の連対馬20頭の実績をみると、全て1600万条件より上の条件で勝利があり、ほとんどの馬に重賞実績があった。

※ G1連対は重賞1勝とみなす

重賞2勝以上…4頭
重賞勝利…8頭
重賞連対…5頭
オープン特別勝利…1頭
1600万条件勝利…2頭

重賞1勝や重賞連対のみの馬もOP特別で実績のある馬や、複数回重賞連対しているバリバリのオープン馬が目立つ。

[コースが及ぼす影響]

近年のレースの時計、前半後半800mの時計、ラップをみると、前半800mは46秒近辺が水準で、48秒台であればスローペースとなる。

レース時計は1分32秒台で決着することが多い。

2007年は馬場状態がよかったという訳ではないにもかかわらず1分31秒8という時計で決着している。

後にG1を2勝するカンパニーが勝利しており、2着に0秒6差をつけていたが、能力の高さが時計の速さに結びついた。

通常のマイルのレースよりもスタミナが要求される。

過去10レースの連対馬の距離実績をみてみると、2017年2着ウインガニオンを除いた19頭に芝1800m以上の距離で勝ち星あるいは重賞やOP特別での連対があった。

[臨戦過程]

連対馬の年齢をみると、出走数が多いこともあるが7歳以上の連対馬も何頭かおり、年齢の面で壁があるということはなさそう。

連対馬20頭の前走のレースクラスと着順をみると下記のよう。

重賞…15頭 1-2-2-10
OP特別…2頭 1-0-0-1
1600万条件…3頭 3-0-0-0

条件戦から参戦して連対した馬は、すでに重賞を制していた2016年ヤングマンパワー、2011年1着レインボーペガサスと3連勝中の上がり馬である2011年2着エアラフォンの3頭のみ。

2歳3歳時に重賞で結果を残していたヤングマンパワー、レインボーペガサス、レッツゴーキリシマといった馬が古馬になり復調し、好走している点が面白い点。

前走が重賞レースであった馬は、ハンデ戦やG1レースからの参戦が多いこともあり、着順はさして関係ないという結果が出ている。

連対馬の前走のレースをみると、様々な路線から参戦してくるようでバラバラであるため、あまり参考とならない。

中京記念、関屋記念、京成杯AHで最も多くのポイントを獲得した馬が賞金に与えられるサマーマイルシリーズが創設され、中京記念上位の馬が出走してくるが、やはり中京記念組がひとつの取捨のポイントとなる。

 

関屋記念の穴馬候補をブログランキングへ更新。

(人気薄の本命馬が記載されている場合もあります。穴馬の最終的な決定は枠や調教、馬場状態などを考慮して選択しています。)

の備考欄。順位は100位くらい。

の備考欄。ランキングの順位は50位くらい。

 

関屋記念の穴馬と危険な人気馬の特徴は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けします。

-穴馬 予想
-, ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.