穴馬 予想

皐月賞 2018 前走で内容のあるレースをしていた馬

投稿日:

先週のダービー卿CTは無料でお届けした穴馬9番人気ストーミーシーが3着に激走!!

LINEでは不定期で重賞の無料穴馬をお届けしています。

無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でも穴馬をお届けしています。

 

有料穴馬は2週連続穴馬激走!!

日経賞7番人気2着してチェスナットコートに続いて、ダービー卿CTは9番人気ストーミーシーが3着に激走!!

ニュージーランドTは12番人気ゴールドギアを穴馬推奨するも4着と惜しい結果。

※ 下記は有料穴馬で推奨した主な穴馬

ダービー卿CT 9番人気3着 ストーミーシー
日経賞 7番人気2着 チェスナットコート
金鯱賞 8番人気2着 サトノノブレス
共同通信杯 10番人気3着 エイムアンドエンド
きさらぎ賞 5番人気3着 ラセット
シルクロードS 5番人気2着 セイウンコウセイ
東海S 13番人気2着 コスモカナディアン
ターコイズS 7番人気3着 デンコウアンジュ
京阪杯 9番人気1着 ネロ
武蔵野S 8番人気2着 サンライズソア
スワンS 12番人気2着 ヒルノデイバロー

その他にもニュージーランドT12番人気4着ゴールドギア、東京新聞杯9番人気4着デンコウアンジュ、AJC杯9番人気4着ディサイファ、京成杯10番人気4着ライトカラカゼなど、惜しい結果となっています。

読者の方から的中報告(←こちら)を頂戴しています。

 

先週の有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」は阪神牝馬Sで11番人気2着レッドアヴァンセを自信の穴馬に推奨。

ニュージーランドTは9番人気デルタバローズを本命に推すも3着までという結果。

 

○ スプリングS

前半1000m59秒6とやや速いペースで推移。

勝ったスティルヴィオは距離延長はプラス材料で、決め手が生きるレースとなったことが大きな追い風に。

2着エポカドーロは距離、小回りコースともに合ったが、想定以上の能力を有していた。

3着マイネルファンロンは中山内回りコースの適性、前でレースが出来る点にくわえ、今年のメンバーであれば能力的に通用しえると考えて馬連の軸とした。3番手を追走するレースであったが、ペースが落ち着いていればより際どかった。この馬の評価に関しては悪い選択ではなかったが、運に恵まれなかった。

能力的にはやはりスティルヴィオが上位にあったが、ペースと展開を考えると、2番手を追走して2着と好走したエポカドーロもかなりの資質を示している。皐月賞でも馬場状態次第では好走してもおかしくはない。

○ 弥生賞

レース前に、能力上位にあるのはダノンプレミアムとお伝えし、ワグネリアン、そしてジャンダルムが続く評価としたが、その順番で決着。

馬場やペースの面でまぎれがなく、能力が結果に反映されるレースとなった。

2着ワグネリアンは東スポ杯2歳S以来のレースであったが仕上がっていた。上がり最速をマークして能力は見せたが、ペースが落ち着いたことが響いた面もある。

最もマイナス材料がなく、崩れる可能性が低かった点からジャンダルムを本命に推したが3着までという結果。能力が結果に表れ、仕上がりの面でも上位2頭とやや差があったか。

5番人気4着サンリヴァルはこの相手ではもう少し出来がよくないと厳しいとお伝えしたが、プラス10キロと体重が増えており、やはり仕上がっていなかった。それを考えると悪いレースではなかった。

○ 共同通信杯

勝ったオウケンムーンに関しては馬体写真がないため能力や適性に関して何とも言えない面がある。

連勝中で底を見せていなかったが、初勝利を挙げた際も2着に1秒0差をつけて勝利するパフォーマンスをみせていた。地味な存在で侮られていた感はある。

1番人気で単勝1.8倍と支持を集めたグレイルは7着に終わったが、仕上がりがよくなく、レース後鞍上も「パドックでの雰囲気は許容範囲」というコメントを残している点からも、やはり上積みの余地を残していた。

レースの適性など不安材料が多かったため評価を大きく割り引いた。キャリアの浅さもあるため、状態次第では、次走以降巻き返す可能性はある。

○ ホープフルS

2018年のホープフルSは前半1000m59秒6、後半61秒8とまずまず速いペースで流れ、レース時計は2分1秒4という時計。

2016年のレイデオロ(2分1秒3)と同じ水準の時計であったが、それと比較すると、やや物足りない時計。

その点からクラシックでも盤石というハイレベルとまではいかない内容かもしれない。

年明けに頭角を現してくる馬や、ここを回避した馬の方がクラシックで好走する可能性は高いのではないかと感じる。

勝ったタイムフライヤーは完成度が高く条件も申し分なかった。伸びしろがあるかは微妙。

2着ジャンダルムは2戦2勝も1600mで2勝と距離実績がない点から4番人気という評価にとどまったが、距離に対応できると考え本命に推した。

5番人気4着サンリヴァルはペースが上がったことが響いた。後方からレースをすすめた馬が上位を占めていたことを考えるとよく走っている。

 

LINEでは穴馬、展望、考察など無料で重賞の情報をお届けしています。

 

重賞レースの過去の傾向、穴馬と危険な人気馬の特徴は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けしています。

Twitterでは競馬ネタをつぶやいています。

 

-穴馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.