クイーンカップ 予想

クイーンカップ 2019 予想 馬体診断考察と取捨のポイント

更新日:

いつもブログランキングをクリックして頂きましてありがとうございます。

今後も有益な情報をお届けしてまいります。

モチベーションとなるため、引き続きよろしくお願いいたします。

 

 

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「競馬予想 馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

きさらぎ賞は無料メルマガ(←クリック)とLINEでお届けした無料穴馬7番人気ランスオブプラーナが3着に

愛知杯8番人気1着ワンブレスアウェイに続いて2週連続無料穴馬が馬券に。

中山金杯は9番人気タニノフランケルが3着と好走。

クイーンカップの無料穴馬は無料メルマガ(←クリック)とLINEでお届けする予定です。

読者の方からTwitter(←フォローお返ししています)にて的中報告(←こちら)を頂戴しました。

今回はクイーンカップ出走馬の馬体考察や取捨のポイントなどをお届けします。

クイーンカップの予想の参考となれば幸いです。

 

[クイーンカップ 2019 予想 馬体考察]

クロノジェネシス

バリバリのマイラーという印象がなく、距離は1800mから2000mが合う。

前でレースをしているが、決め手を生かすレースが合う。

阪神JF時に今後重賞を複数勝てる素質があり、牝馬G1であれば好走しておかしくないとお伝えした。

阪神JFでは出遅れながら直線で鋭く追い込んで2着を確保しており、最も内容のあるレースをしている。

 

ビーチサンバ

母フサイチエアデールはG1連対や重賞勝利多数。

母はスピードタイプで、全兄となるフサイチリシャールはクロフネの影響が出ておりパワータイプであった。

父クロフネ、母の父サンデーサイレンスという組み合わせからは活躍馬が多く出ているが、コンパクトな体型の馬が多い印象。

この馬は割かしスラっとした体型で母方のサンデーサイレンスの影響が出ている。

距離は1600m以上が合い、2000m辺りまでがベスト。

阪神JFでは好走の可能性はあってもスケールを感じずアタマまではないと感じた。

今後の成長次第では牝馬クラシックで好走もありえるが。

 

ミリオンドリーム

デビュー前の馬体写真を見るとフォルムが同じフランケル産駒のミスエルテに似ている。

ただ、こちらの方が距離延長への対応力がある。

今回、休み明け、距離、展開など課題が多い。

 

レッドベルディエス

薄手な体型で、腰のつくりなど、馬体を見た瞬間にいかにもディープインパクト産駒という感じを覚えた。

決め手で勝負をするタイプだが、それほどボリュームがないつくりから、同じディープインパクト産駒のウリウリやプリモシーンなどとイメージが重なる。

レースをつかわれているアドバンテージはある。

 

マジックリアリズム

父ディープインパクト、母の父は桜花賞3着があり、2008年の3歳牝馬クラシックで活躍したソーマジック。

距離は1600mがベスト。

骨格がしっかりしている点から、母の父シンボリクリスエスの影響が出ていると思われる。

 

ジョディー

上半身のつくりなどから前でのレースが合う。

距離は1400mでもなく1800mでもなく1600mがベストという印象。

阪神JFでは新潟2歳S時よりも成長を感じさせた。

前でレースが出来れば。

 

クイーンカップの無料穴馬は無料メルマガ(←クリック)とLINEでお届けする予定です。

-クイーンカップ 予想
-, ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2019 All Rights Reserved.