共同通信杯 予想

共同通信杯 2019 予想 馬体診断考察と取捨のポイント

更新日:

いつもブログランキングをクリックして頂きましてありがとうございます。

今後も有益な情報をお届けしてまいります。

モチベーションとなるため、引き続きよろしくお願いいたします。

 

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「競馬予想 馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

きさらぎ賞は無料メルマガ(←クリック)とLINEでお届けした無料穴馬7番人気ランスオブプラーナが3着に

愛知杯8番人気1着ワンブレスアウェイに続いて2週連続無料穴馬が馬券に。

中山金杯は9番人気タニノフランケルが3着と好走。

共同通信杯の無料穴馬は無料メルマガ(←クリック)とLINEでお届けする予定です。

読者の方からTwitter(←フォローお返ししています)にて的中報告(←こちら)を頂戴しました。

今回は共同通信杯出走馬の馬体考察や取捨のポイントなどをお届けします。

共同通信杯の予想の参考となれば幸いです。

 

[共同通信杯 2019 予想 馬体考察]

アドマイヤマーズ

首の高さや全体のフォルムなど父ダイワメジャーの影響を感じさせるつくり。

完成度が高く、今後も短距離重賞で好走しえる。

中京2歳Sを勝利した際に上がり最速をマークしているが、全体的に体高のあるつくりで持続力にベクトルが傾いており、前でのレースが合う。

マイルより長い距離への対応力もまずまず。

 

クラージュゲリエ

同じキングカメハメハ産駒のリオンディーズに似ている印象で、距離は1600m以上が合い、2000mがベストか。

先行して抜け出すレースが合う。

札幌2歳S時に、馬体に弱点はなく普通に走る馬という印象とお伝えした。

その後京都2歳Sを勝っているが、これまでの結果は馬体を見た印象と差異のないパフォーマンス。

 

ダノンキングリー

父ディープインパクト、母の父ストームキャットという組み合わせは、キズナ、リアルスティール、ラキシスなど中距離馬を中心に活躍馬を出している。

安田記念を制したサトノアラジンもそれに属するが、少し似た印象。

完成度が高く素質を感じさせ、戦績を確認しても、やはり2戦2勝と結果を残していた。

 

フォッサマグナ

全体的なフォルムが、どこかサンカルロと重なる印象がある。

馬体を見る限り素質は高く、素質的には十分通用しえる。

 

ゲバラ

デビュー前の馬体写真をみると、胴が長めだが、ボリュームがあるフォルムから距離にはやや限界がありそうで、1400mから1800m辺りが合うか。

先行してある程度スピードを生かす方がよさそう。コースはさして問わないはず。

出走馬の中では割引材料の少ない馬。

 

ナイママ

ヤングマンパワーと似たイメージがあるが、走法などを見ると父ダノンバラードの影響が出ているか。

2歳時に結果を残しているが、完成度が高くアドバンテージがあったかもしれない。

札幌2歳Sは先行して押し切るレースをして2着に踏みとどまっている。

勝ったニシノデイジーはその後東京スポーツ杯2歳Sを勝ち、ホープフルSで3着と好走している。また、3着に降したクラージュゲリエも京都2歳Sを勝利している。

 

共同通信杯の無料穴馬は無料メルマガ(←クリック)とLINEでお届けする予定です。

-共同通信杯 予想
-, ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2019 All Rights Reserved.