穴馬 予想

競馬予想 NHKマイルカップ 有料メルマガ サンプル

更新日:

※ 以下は有料メルマガで土曜日にお届けした内容です。配信では競馬予想にくわえ重賞データもつきます。重賞データのサンプルはコチラ(ブログでは一部のレースのみ公開)

アサクサキングスは馬体がシャドウゲイトによく似ていることから、中山にも適性をみせると感じて前走皐月賞では3番手評価。しかし東京で2勝、京都で重賞制覇をして阪神中山で敗北。?の長さや角度、胴の長さからして広いコースの方が力を出せるタイプなのかもしれない。マイルも問題なく潜在能力はこのメンバーであればトップクラスのレベルにあり、前走後の消耗はないようで状態はいい。厩舎の勢いも無視は出来ない。
上記の[馬券に入る条件]の2をクリアしていないが前走の敗北は皐月賞ということもあり、優秀な中距離馬と見たほうがいいだろう。本命に推す。
ダイレクトキャッチは休養させた効果が出ており、スケールを増している。やはり若干余裕はあるが暖かくなってきた事もあり、当日のチェックは必要だが大幅な太目はなさそう。
体型的にもこのレースに合い、キレがあるのは魅力。対抗に推したい。
ローレルゲレイロは突き抜けるものは感じないが、上記の条件も4つクリアして時計の裏づけもあり、状態はよく大崩れもなさそう。しかし軸馬にできるほどの信頼感も感じない。3番手評価。
オースミダイドウは皮膚の薄さや筋肉の柔らかさに非凡なものを感じさせ、バランスもいいものを持ち、父をも超えうる逸材だったが骨折が能力にどう影響しているかがポイントでこのレース最大の焦点とすらいえる。体型から広いコースの方が合い、距離は2000m前後に適性がある。太目はなく状態としては悪くない。胸前の窮屈な部分も解消されているが、前肢の張りが乏しいのは故障明けの影響だろう。その辺から若干時間がかかるように感じ迫力には欠ける。精神面の問題もあり骨折がどの程度能力に影響を及ぼしているかはやってみないと分からない。あっさり勝つ事も大敗する事も両方考えられ、1着の馬券は買いたいが軸にするのは避けた方が無難。4番手評価にとどめたい。
下記の3頭はおさえ評価。
マイネルシーガルはマイルの適性が最も高い馬。朝日杯FSはやや余裕もあり、府中の方が合う。筋肉がつききっておらず評価はおさえだがこの馬も大きく崩れなさそうに感じる。
イクスキューズは上記の条件を5つクリアしている。後肢に迫力を欠くが状態は悪くない雨が降った方がいいかもしれない。
マイネルフォーグは戦績も体型も昨年のファイングレインとイメージがかぶる。馬体は中山より東京の方が合うように感じる。
穴馬はキングスデライト。母方にミスプロ、父もアグネスタキオンの血統も魅力。前走の時計1分47秒1は阪神1800mが外回りに変わって行われた16レース中3番目にいい時計。馬体が絞れて能力を発揮できる状態になった可能性もあり怖い1頭。

-穴馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.