穴馬 予想

競馬予想 桜花賞 阪神1600m外回り 考察(2)

更新日:

※ 今回の記事は全て阪神JFからの抜粋です。

新しい阪神コースのマイルのイメージは京都よりも東京のマイルのイメージに近いのではないかと昨日書いた。では安田記念、NHKマイルCで来る馬とはどんな馬なのか?
まず胴が長いタイプが多い事が目につく。加えて前肢と後肢のバランスが均等に近く、背中と腹のラインが平行な馬が結果を残している。腹のラインが急に上がる馬はスプリント色が強い。
(この論法がピタッとあてはまった今年のNHKマイルCで20万馬券を◎▲○で予想を的中させる事ができた。)
胴が短くて、ガッシリし過ぎの馬は勝ちきれないようだ。しかし阪神には直線で坂があるため、パワーも求められるだろう。
これらの考察に該当する馬は、ずばりウオッカだろう。問題は精神的なものも含めた完成度である。
マイネルーチェはパワーの部分で若干物足りないが当てはまる。
ジーニアスはマイネルーチェよりさらにパワーの部分で問題があり、距離がもうちょっと欲しいだろうが押さえたい。
ピンクカメオはスプリント色が強そう。兄ブラックホークも本質はスプリンターだったが、安田記念を勝っているのが悩ましい。しかし押さえまでだろう。
ルミナスハーバーは細化しているので分かりづらいが、本来は腹のラインがもう少しまっすぐで、後肢にも力強さがあるだろう。タイプとしては向くとは思うので当日の状態次第だろうが、2歳の牝馬でもあるし、この細さは少し厳しいかもしれない。ここでもし負けたとしても桜花賞でもう一度みてみたい。
ハロースピードは胴が短い分、直線が長くなる事はプラスにならないと思う。祖父ブライアンズタイムの産駒で直線が長いコースで行われる中距離以下のG1で勝っている馬はいない。父マヤノトップガンも府中での勝ち星はなく、京都でも3000m未満で勝っていない。
しかしパワーは感じられ、坂は歓迎だろう。バランスと完成度は秀逸で、勝ち味に遅いかもしれないが大崩れしそうにない感じがする。

今まで、阪神ジュベナイルフィリーズと桜花賞は、秋華賞と結びつくケースが多かった。しかし直線が長くなり、加えてスタミナも求められる様になり、これからはオークス(キレがある馬も来るが)と関連するケースが増えてくる可能性がある。コースが改修され初めてのレースのため、予想も含め全てあくまで推論であるが。

-穴馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.