穴馬 予想

競馬予想 フィリーズレビュー&中山牝馬S 考察と見解

更新日:

今週も平地で3つの重賞が。ファルコンSは馬のデータも重賞のデータも乏しいため無視して、フィリーズレビューと中山牝馬Sの牝馬2重賞に力をいれたい。
フィリーズレビューは阪神JF2着馬アストンマーチャンが登場。先日のチューリップ賞で好勝負を演じたウオッカとダイワスカーレットを含めた3頭が現状では桜花賞での3強か。
それ以外の馬はルミナスハーバーやニシノマナムスメなどが後続グループを形成し、それ以外にもアグネスタキオン産駒に有力馬がいるよう。やはり今年はアグネスタキオン産駒の当たり年なのだろう。
馬体を見るとそれぞれ順調そうだが、有力どころに不安を感じた馬が・・・それも2頭。

中山牝馬Sは昨年G1戦線で活躍してきたアサヒライジングと京都牝馬S組との争いという構図か。ポイントは京都牝馬Sで調子を落としていた馬の扱いとみる。
ハンデ戦という事もあり、荒れる年もあるよう。ここはいつも以上にデータを繊細に精査して穴馬を探したい。

-穴馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.