穴馬 予想

競馬予想 チューリップ賞 まとめ

更新日:

 共同通信杯の3連単的中に続き、フェブラリーSの5万馬券も○◎▲で的中!!

チューリップ賞の人気順はウオッカ、ダイワスカーレット、ローブデコルテの順になる可能性が高い。
一番人気が予想されるウオッカだが、阪神JFでは本命に推した。以下はその時のブログ掲載記事。
「アストンマーチャンの馬体にはそうとう優れたものがあり、前走よりも腹の部分などが引き締まり、調子も上昇しているとみました。
しかしそれ以上に印象に残ったのは、ウオッカです。皮膚の薄さや筋肉の質はアストンマーチャンよりも上で、胸前についた筋肉はクロフネを彷彿とさせるものがあります。」

阪神JFのパドックでは馬体が若干寂しく、逆にエルフィンSでは余裕残しではあったが、成長をうかがわせた。
今回は太めもなさそうで、出来は悪くない。
昨年の改装から、阪神の直線が延び、能力がストレートに結果へ反映されるようになったのは本番の桜花賞を含めてこの馬にとっては大きなプラス材料。
ダイワスカーレットはシンザン記念での出来がいまひとつのように感じ、またアドマイヤオーラとの能力の比較では若干劣ると判断し、対抗に推した。
今回、馬体を見ると腰が高く、良化の余地を残している。状態も冬毛が目立ち、あまりよくなさそう。
ただ、先行持続型でパワーがあるこの馬にとって、阪神の坂と先行有利の馬場は追い風になる。
そして前走で、ローレルゲレイロに先着しているよう能力は高いだろう。
追いきられてどのように変わってくるか、パドックで最もチェックが必要な馬であり、この馬の評価がこのレースの最大のポイントであると考えている。

ローブデコルテは、阪神JFでは外枠が響いた。内枠有利であり、枠次第では馬券に絡んでいた可能性は高い。
その時のパドックで感じたのだが、まだ成長の余地を大きく残しているように思う。
今回も写真を見る限りその印象はあまり変わらない。
距離は1800mで勝ち上がっているが1600mくらいがピッタリ。
キレがありそうで、阪神の外回りはいいだろう。しかし後肢が若干寂しく、坂はよくない。
そして先行有利の馬場もこの馬にとっては大きな不安材料だろう。
タガノグラマラスは距離が延びた方がいいが、馬体のバランスはいいものを持っている。
この4頭にパドックで出来のいい馬の馬券を買いたい。

-穴馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.