大阪杯 予想 穴馬 予想

大阪杯 2021 穴馬予想 人気薄の買い材料 穴馬と危険な人気馬の特徴

更新日:

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

Twitter(←クリック)では競馬ネタや競馬のニュースを中心につぶやいています。

読者の方から的中報告(←こちら)を頂戴しています。

今回は2021年大阪杯出走馬の人気薄の買い材料をお届けします。

大阪杯の穴馬探しの参考となれば幸いです。

LINE(←クリック)では重賞の無料穴馬をお届けしています。

大阪杯 2021 人気薄の買い材料

 

ブラヴァス

ヴィクトリアマイルを連覇したヴィルシーナの仔で、父キングカメハメハという良血。

骨格がしっかりしている点は父の影響が出ており、パワーにベクトルが傾いている。同じ父系のサートゥルナーリアなどにも体型が似ている。

坂のある中山や阪神であれば面白く、条件が合う大阪杯、宝塚記念などであれば。あるいは香港などで結果を残すかもしれない。

 

ギベオン

胴長でやや丸みを感じさせる体型は父ディープインパクトの影響が出ている。ボリュームのあるつくりからスピードタイプに出ており、胴の短さなどから距離にある程度限界がある。

こちらの方がパワーを兼ね備えており距離にも限界があるが、同じディープインパクト産駒のトーセンラーと似たイメージ。

前走金鯱賞では10番人気で勝利している。その前の白富士Sは直線でやや窮屈なレースとなっていたことなどから、能力的に終わっていないと判断して穴馬に推した。

金鯱賞が行われた直線が長いコースの2000mよりも、坂のある小回りコースの2000mの方が条件的に合う。

 

ペルシアンナイト

上半身に体高があるつくりや、やや手脚が長い体型などエキストラエンドに似ている。距離は1600mから2000mが守備範囲と考えたが、以前よりもボリュームが増してマイラー体型に変化している。

馬体のバランスがまずまずよく、それ以上にフットワークに身体の柔らかさを感じさせる点に能力の高さを感じさせた。

シンザン記念時にデビュー前の馬体写真を確認して重賞を複数勝ってもおかしくないとお伝えしたが、高い評価をしたことは間違っていなかった。

能力的に下降しているが、札幌記念で敗れたノームコアは暮れの香港カップを勝っており、この馬もラッキーライラックを降し、3着以下には差をつけている。

 

カデナ

全体のバランスは申し分なく、弥生賞時に重賞を複数勝てるレベルのものを感じさせ、決め手という武器があり、結果を残していくはずとお伝えした。ただ、G1で通用しえるだけものは感じられなかったが、ほぼ想定通りの結果を残している。

弥生賞後は不振の時期が続き、マイル戦をつかわれるなどしていたが、結果を残すことが出来なかった。

父ディープインパクト、母の父フレンチデピュティという組み合わせであるが、上半身に体高があって腰のつくりにもまずまずキレを感じさせる。

距離は1600mから2400mまでが守備範囲となると考えていたが、徐々にボリュームが増してきている点から、2000m近辺がベストのように感じる。

昨年の大阪杯では勝ち馬と0秒2差の4着と健闘している。

 

モズベッロ

丸みを帯びたフォルムは父ディープブリランテや、父の代表産駒であるセダブリランテスと似ており、父の影響が出ている。

天皇賞(春)で人気になっていたが、距離がネックになると考えて軽視した。レース後の鞍上のコメントなどを見てもやはりその点が響いた。

前走京都記念のスタートを見るに出遅れ癖はやや解消されてきた点は勇気づけられる。

 

クレッシェンドラヴ

父ステイゴールド、母の父サドラーズウェルズというなかなかの良血。父の影響が出ているようで、胴が長めで下半身が薄いつくりで、飛節の角度がない点からも控えて決め手を生かすレースが合う。

坂のある小回りコースの2000mは条件的に合う。

道悪が特別合う走法などに見えないが結果を残しており、上がりがかかる点から馬場の悪化はプラスになる。

週末は天候が崩れる予報となっているが、馬場の悪化があれば大きな追い風。

 

LINE(←クリック)では重賞の無料穴馬をお届けしています。

大阪杯 2021 調教推奨馬

高松宮記念は調教推奨馬4頭のうちダノンスマッシュ、レシステンシア、インディチャンプの3頭で決着。

日経賞はウインマリリンが勝利し、8番人気ヒュミドールは惜しくも4着という結果。

先週は重賞4レース全てで調教推奨馬が好走。

阪神大賞典は9番人気3着ナムラドノヴァン、スプリングS3着ボーデンを調教推奨。土曜はファルコンSはルークズネストが勝利し、モントライゼが3着、フラワーカップはユーバーレーベンが3着という結果。

先々週は弥生賞タイトルホルダーが1着、シュネルマイスターが2着、チューリップ賞がメイケイエール1着という結果でした。

調教推奨馬に関してLINEのご案内をご覧ください。

無料穴馬もそちらでお届けしています。

 

※ 下記は調教推奨馬でお届けした内容

[調教推奨馬]

○ 高松宮記念(一週前追切)

A-評価

アウィルアウェイ:動きがシャープ

レシステンシア:颯爽とした動きで水準以上

インディチャンプ:まずまず力強い

○ 高松宮記念(最終追切)

A-評価

ダノンスマッシュ:フォームが安定している

○ マーチS

A-評価

アメリカンシード:勢いはまずまず

テーオーエナジー:フットワークがシャープ

ナカムラカメタロー:しまいの伸びは良好

○ 日経賞

A-評価

ウインマリリン:身体のつかい方は申し分なく雰囲気良好

ヒュミドール:しまいまで伸びきって水準以上の動き

○ 毎日杯

A-評価

レヴェッツァ;動きがシャープ

 

大阪杯 穴馬の特徴

2019年大阪杯:9番人気1着アルアイン

穴馬推奨。パワーと持続力にベクトルが傾いた馬で条件が合った。

ペースも緩んで展開も向いた。

内を突くロスのない騎乗も好走の要因。

 

2017年大阪杯:7番人気2着ステファノス

自信の穴馬推奨。

前年秋初戦の毎日王冠では、宝塚記念時よりも筋肉量が増しており、上半身を中心により実が入っていた。

天皇賞(秋)、香港カップで3着と好走しており、能力はここでも上位。

坂のあるコースが合ったことも好走の要因。

 

 

2012年大阪杯:6番人気1着ショウナンマイティ

3歳時からG1で好走できるだけの能力があると評してきた馬。

スローの瞬発力勝負となり、展開も向いた。

前走でプラス16キロと体重が増えており、レースをつかわれていた上積みもあった。

 

2011年大阪杯:8番人気2着ダークシャドウ

前走1000万条件勝利からの参戦で人気薄

前半1000m59秒3となかなか速いペースで推移し、その後も11秒台のラップを刻む速い流れで展開の恩恵もあった。

 

2007年大阪杯:8番人気3着メイショウオウテ

前半1000m1分2秒2とペースが落ち着き瞬発力勝負となったが、サンデーサイレンス産駒の強いレースで決め手が生きる形に。

近走不振であったが馬体重がマイナス8キロと絞れていた事も好走の要因。

 

2004年大阪杯:8番人気2着マグナーテン

年末以来のレースで侮られていたが、前年のこのレースでも2着と好走しており、条件も合っていた。

斤量も57キロで出走出来た点が好走要因。

 

※ 有料メルマガではより好走の可能性が高い穴馬、明確な傾向や穴馬のパターンもお届けしています。

 

大阪杯 危険な人気馬の特徴

 

○ 2020年大阪杯

3番人気7着ブラストワンピース:前有利の流れ、上がりの速いレースとなり展開向かず。
5番人気5着ワグネリアン:状態面で上積みの余地があった。

 

○ 2019年大阪杯

1番人気6着ブラストワンピース:
3番人気11着ペルシアンナイト:降雨の影響が残る馬場が合わなかった。
5番人気5着エアウインザー:前でレースをした方が持ち味が生き、展開も合わなかった。

 

○ 2018年大阪杯

3番人気7着サトノダイヤモンド:スムーズさを欠いた。
4番人気13着シュヴァルグラン:仕上がり途上で距離不足。
5番人気5着ミッキースワロー:ペースが落ち着いたことにより出遅れが、致命的なロスとなった。

 

○ 2017年大阪杯

2番人気4着マカヒキ:出来がよくなく不振にも陥ってた。
3番人気6着サトノクラウン:ムラ馬であてにならない面があるが、ペースが流れず距離不足であった。
5番人気5着アンビシャス:

 

LINE(←クリック)では重賞の無料穴馬をお届けしています。

 

 

 

-大阪杯 予想, 穴馬 予想
-, , , ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2021 All Rights Reserved.