大阪杯 予想

大阪杯 2021 的中 モズベッロ本命推奨 馬単37610円、3連複7420円14点的中

更新日:

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

最近、マルチビタミンなどサプリメントを飲んでいますが、頭脳労働をする上で頭が冴えてプラスになっていると感じています。

木曜にお届けした調教推奨馬は大阪杯でレイパパレが勝利し、ダービー卿CTはカテドラルが2着、ボンセルヴィーソが3着。

6頭お届けした調教推奨馬のうち3頭が好走という結果でした。

お役に立っていれば幸いです。

調教推奨馬に関してLINEのご案内をご覧ください。

無料穴馬もLINEなどでお届けしています。

なお、大阪杯は人気薄に道悪を苦にする馬が多かったため、無料穴馬のお届けをお休みさせて頂きました。

好走の可能性が低い馬に無駄なお金をつかって頂きたくないためご了承ください。

有料メルマガでは大阪杯△◎▲馬単37610円、3連複7420円14点的中!!

 

 

今回はコントレイル、グランアレグリアを軽視するため、馬連ではなく馬単を勝負馬券に。

ダービー卿CTは馬連ボックスに近い形で組み立てましたが、×1着○3着で惜しくも的中を逃す結果。

3連複の軸に推した12番人気マイスタイルも4着まで。

2レース的中であればよかったのですが、今年の春に入ってからは、より意味のある馬券を買うことが出来、さらに精度が上がって内容のある予想をお届け出来ています。

大阪杯 レース回顧 中距離路線の展望

G1レースを3連勝中のグランアレグリア、無敗の3冠馬コントレイル、朝日杯FS勝ち馬で前年の皐月賞、ダービー2着馬サリオスなどかなりのメンバーが出走。

その中で勝利したのは5戦5勝と無敗であったレイパパレ。これで6戦無敗としスター候補誕生とみられるだろうが、馬体を見る限り能力的にはそれほど高いものが感じられず、チャレンジカップを勝った際も前有利の流れを利していた。このレースにおいても、仕上がりはよかったが、走法を見るに道悪が追い風になった面がある。その点がオッズの面から3強という評価を受けていた馬たちを撃破できた要因。

2着モズベッロは道悪も問題なかった点から本命推奨。近走までスタートがいまひとつであったが、前走で改善の兆しがみられ、上昇と同じタイミングであったことは幸運であった。

3着コントレイルは近年の3冠馬ほどの暴力的な強さは感じられなかった。それでも、やや重までであれば道悪にも対応して勝ち負けもあると考えたが、重まで悪化した馬場がより大きな敗因。

2番人気に支持されて4着に終わったグランアレグリアだが、能力に関しては説明の必要がなく、2000mへの距離延長がポイントであったが、良馬場で決め手を生かせばある程度は対応できた。また、道悪に関しても前年の高松宮記念では前有利の不利な流れの中で2着と好走していた点から苦にする馬でなかった。しかし、道悪によってかなりのスタミナが要求される条件となったことがしまいの伸びを欠く要因に。

3番人気5着に終わったサリオスは先行して4コーナーで2番手という位置取りであったが、逃げたレイパパレが勝利していることを考えると厳しい流れでなかった。フットワークの回転が速く道悪は対応できたが、外をまわしたレイパパレに対し、直線で荒れた内側を突いたため、しまいの伸びを欠くことになった。

人気上位3頭に道悪の適性、馬場の悪化によって生じるスタミナ面での不安、馬場の荒れたところを通った点などの問題が影響し、いずれも凡走という結果に終わった。

人気下位の馬も道悪を不得手とする馬がほとんどであったため、それらを軽視したが、その中で馬場の悪化を苦にしなかった2頭が好走。

波乱という結果であったわけだが、上位2頭が激走したというよりも道悪によって上位3頭が凡走したという表現の方が正確であり、2021年の大阪杯の最大のポイントと言えるだろう。

当然ながら良馬場であれば全く違う結果になったことは想像に難くない。

近年時計の速い馬場で行われるレースであったが、3強にとってはいずれも、当日強かに降った雨は悪夢で、不完全燃焼というレースであった。

やはり勝利したレイパパレにしても未だ無敗であるが、安泰というわけではなく、今後の古馬中距離路線に関しては、過去の3冠馬ほどの素質はないがコントレイルがリードしていく存在になると感じる。

 

大阪杯 有料サンプル

※ 下記は有料メルマガでお届けした内容の一部

[重賞予想・結論]

○ 出走馬の能力とレベル

基本的には実力馬が強いレースとなる。

2021年の出走馬を見ると、G1レースを3連勝中のグランアレグリア、無敗の3冠馬コントレイル、朝日杯FS勝ち馬で前年の皐月賞、ダービー2着馬サリオスが出走。

衰えは感じられるがダービー馬ワグネリアン、5戦5勝のレイパパレ、古豪ペルシアンナイトなどかなりのメンバー。

○ 馬場状態とペース

先週の阪神のレースを見ると、かなり時計の速い馬場であった。

前日の土曜も内が伸びており、時計が出ていた。

しかし、日曜はかなりの降水量が予想され、重馬場は避けられそうにない。

 

※ 最も重要な考察は下記にまとめています。

○ 出走馬のポイント

コントレイル
◎ 3歳時よりもやや筋肉量が増しており成長は感じさせる。能力は上位。
○ 距離は2000m近辺が合い、ある程度前でレースが出来る点からも小回りコースも対応可能。
▲ これまで出来がよかったのは皐月賞時。その時ほどではなく、状態は悪くないといったところ。
× 馬場が極端に悪化するような場合は、能力が結果に反映されるレースとなりにくい点からもマイナス材料。

グランアレグリア
◎ アーモンドアイに勝っているが、アーモンドアイの能力の下降もあった。それでも能力的には上位。
▲ 小回りコースの2000mであれば決め手を生かせば距離は克服できる。
▲or△or× 問題は馬場状態と直線が短いコース形態。時計の速い馬場ではペース次第では追い込んで届かずという結果がありえたため、ある程度湿った馬場は脚質的に追い風。しかし、極端な道悪でスタミナが要求される条件となれば崩れるリスクが出てくる。

サリオス
○ 能力的には上位だが、2歳3歳の時点で完成度が高かった。古馬になってからは3歳までの能力差があるか微妙で、とりわけコントレイルと差がついている可能性はある。
○ シャープに仕上がっており、確実に力を出せる出来にある。状態は3強と目される中で上位。
○ 坂のある内回りコースの2000mはほぼベストの条件。
○or▲or△ マイルCSやダービーは外枠に入っており控える形となったため持ち味が生きなかったが内枠はプラス材料。高速馬場であれば前有利や内枠有利になる可能性があり大きな追い風。ただ、降雨の影響がありそう。蹄の形を見ると左右で形状が異なり何とも言えないが、フットワークの回転が速く道悪は対応できる。

レイパパレ
○ 馬体を大きく見せ出来はいい。
○ 先行力があり、小回りコースの2000mはほぼベストに近い条件。
▲or△ 時計の速い馬場であれば脚質的に追い風になる。それほど飛びが大きくないため道悪はこなす。実力上位が苦にするようであればプラスになりえる。
△ 小柄ながら馬体を大きく見せる。馬体を見る限り能力的には劣る。前走チャレンジカップを勝った際も前有利の流れを利していた。今回は相手が強く、好走には展開の恩恵が必須。

ワグネリアン
○ 本質的には2000m近辺がベスト。ある程度前でレースが出来る点から小回りコースも対応可能。
▲ 休み明けをたたかれて輪郭がくっきりしており少なからず上昇。
△ 前走京都記念、3走前の大阪杯は前有利の流れで展開が向かなかった。前走宝塚記念は道悪が響いた。衰えは明確ではないが、ガチンコ勝負となれば能力的にワンパンチ足りない。内枠から先行するなど、馬場が追い風になれば。
△or× 道悪はあまりよくない。

アドマイヤビルゴ
○ 背中のラインが美しく全体のバランスも申し分なく、素質が開花すればこの先G1で通用しておかしくない。
▲ 距離は2000m近辺が合い、ある程度前でレースが出来る点からも条件は悪くないが。
△ 小柄でまだまだ華奢な印象で能力面で上積みの余地がある。
△or× フットワークがゆったりしており道悪はあまりよくない可能性がある。

ブラヴァス
○ 坂のある小回りコースの2000mは条件的に合う。
○ 馬体が締まっており皮膚に透明感がある点から体調も良好。
▲ 前走金鯱賞は掛かったよう。上位3頭と比べると能力的にはそれほど劣らない。
▲or△ 道悪がよくないという話はあるが、何とも言えない。

ペルシアンナイト
○ メリハリが出てきて状態は出走馬の中で1,2を争う。
▲ マイラー色が強くなっているが、小回りコース2000mは問題ない。パワーがあり坂のあるコースも問題ない。
▲ 前走金鯱賞は道悪、前々走有馬記念は距離、3走前のマイルCSは状態がよくなかったことが響いた。その前の札幌記念くらい走れば。
△or× 能力的に下降しており、良馬場であれば内枠に入り内を突くロスのないレースが出来るようであれば。降雨があった場合は道悪はよくないため割り引いて考える必要がある。

カデナ
○ 距離は2000mが合い、パワーがあって坂のあるコースも合う。差し馬だが直線が長いコースであれば上がりの速いレースとなり条件はあまり合わない。しかし、小回りコースで差しが利く展開になれば条件はベストに近い。
▲ メリハリがあって出来は申し分ない。
× 昨年のこのレースでは11番人気で4着と好走しているが、内を突いてロスのない好騎乗があったため。今回能力的に劣り、ペースが極端に上がった場合などに限定される。道悪はあまりよくない。

モズベッロ
○ 馬体が締まっており張りも増してきて状態は上向いている。
▲ 人気ほどの能力差はない。
▲ 道悪が上手いという走法などではないが結果を残しており他馬が苦しめばプラス材料になる。
× 前走京都記念のスタートを見るに出遅れ癖はやや解消されてきたか。ただ、高速馬場であればやはり脚質的に不利。

アーデントリー
▲ 小回りコースで結果を残しており2000mでも2勝を挙げている。
▲ パワフルな走法をする馬で道悪は苦にしないよう。
× 3勝クラスを勝った際は辛勝で不利などもなかった。前走オープンで2着と好走しているがその際は勝ち馬より斤量が2キロ軽く、やはり不利などは見当たらない。能力的に劣る可能性は高い。脚質的にも展開の恩恵を受けづらい。

クレッシェンドラヴ
▲ 坂のある小回りコースの2000mは条件的に合う。
▲ 道悪が特別合う走法などに見えないが結果を残しており、上がりがかかる点から馬場の悪化はプラスになる。
△ 高速馬場であれば先行してペースが落ち着けば。あるいはペースが上がってまくるレースであれば。それでも能力的に足りず、好走があるとすれば枠の恩恵あるいは道悪などで人気上位が崩れて一角を崩すといった形に限定される。
× 輪郭がぼやけており状態は芳しくない。

ハッピーグリン
× 距離やコースなど条件は悪くないが、近走大敗が続いており手が出しづらい。元々の能力的にも厳しい。

 

[2021年のポイント・最終結論]

出走馬のレベルが高いが、一週前と同じ馬場状態であれば、波乱の可能性はなくはなかった。

ただ、降雨の影響によって逃げ先行馬や内枠に有利な条件でなければ、堅い結果になる可能性が高まる。

人気上位3頭に特に道悪がよくないという馬も見当たらない。

★ 好走の可能性が高い馬

状態がよく条件ベストのサリオスは評価が必要。

★ 割り引いて考える必要がある人気馬

距離が合い能力上位のコントレイルは評価が必要だが、状態面から若干優先順位が下がる。極端な道悪であれば割り引いて考える必要がある。

グランアレグリアは差しが利く展開であれば浮上しえるが、小回りコースの適性で劣る。スタミナの面から極端な道悪はマイナス材料。

レイパパレは道悪と展開両方が追い風にならなければ能力的に厳しいが、道悪の適性は微妙。

アドマイヤビルゴは完成度で劣り、やはり馬場の悪化はよくない。

ワグネリアンは良馬場であれば好走の可能性はあるが、その場合も展開面で有利な条件でなければ厳しい。

★ 買う価値がある馬

状態がいいペルシアンナイトは道悪が影響しなければ好走の可能性がある。

モズベッロは上向いており、スタートさえ決まれば。

★ 展開や枠の有利不利

想定されるケースは下記のよう。

(1) 枠や展開の有利不利、道悪などのまぎれがない条件であれば、コントレイルが優位。サリオス、グランアレグリアがそれに続く。状態がいいペルシアンナイトは妙味のある存在。

(2) 一週前と同じ馬場状態であれば、内枠や逃げ先行馬が有利となりえる。内枠に入っていた点からもサリオスに追い風。まぎれがある条件となるが、それでも人気上位3頭のうち2頭が馬券圏外ということは考えにくいが、ペースが緩めばブラヴァス、ワグネリアン、ペースが上がればペルシアンナイトが浮上。

(3) 道悪であれば逆にまぎれがなくなり、極端な馬場でない限りやはりコントレイルが優位。サリオス、グランアレグリアがそれに続く。モズベッロに浮上の可能性が出てくる。人気上位3頭以外の馬に道悪を不得手とする馬が多い点からも堅い結果となる可能性が高まる。

(4) 極端な道悪であれば、コントレイル、グランアレグリアにはよくないため、馬券圏外の可能性が出てくる。この場合にペースが緩めばサリオスが優位で、レイパパレにも追い風。ブラヴァスもまだ見限れない。この場合にペースが上がればモズベッロに要注目となる。アーデントリーもなくはないが。

★ 予想の組み立て

馬券のツボ、外すべきでない点、買う価値がある馬券は下記のよう。

(1) サリオスがアタマの馬券を優先。

(2) モズベッロが最も妙味があり3着以内の組み合わせ。

(3) コントレイルは軸と押さえの中間という評価で、グランアレグリアを外した組み合わせも押さえる。

(4) 道悪の適性から、ワグネリアン、アドマイヤビルゴを軽視し、レイパパレ、ブラヴァスを押さえる。

状態がよく内枠に入っていたサリオスにとっては時計の速い馬場であれば千載一遇の好機であった。

ただ、道悪でコントレイル、グランアレグリアが苦しめば逆転もありえる。

ペルシアンナイトの好走の可能性が下がった点から、人気薄の中でモズベッロが最も買う価値がある。

今回はモズベッロ、サリオスを中心に組み立てる。

2頭を軸にした馬単を勝負馬券とする。3連複はそれほど配当がつかないが、3連単を100円ほど狙いたい。

[重賞予想・推奨馬]

◎ モズベッロ
○ サリオス
▲ コントレイル
△ レイパパレ
× グランアレグリア
★ ブラヴァス

※ 馬券に関しては下記をご参照頂き、資金や当日のオッズなどを勘案して組み立ててください。★が自信の穴馬、☆が穴馬となります。自信の穴馬にも好走の可能性に差があり、好走の可能性が低い場合は、馬連や3連複などのヒモまでに留めています。

馬単(本線厚め)
○→▲ 本線1点
○→△★ 穴2点
★→○ 穴1点
◎→○▲△×★ 穴5点
○▲△×★→◎ 穴5点

3連単
◎→○→▲△×★ 4点
◎→▲△×★→○ 4点
○→◎→▲△×★ 4点
○→▲△×★→◎ 4点

3連複
◎▲2頭軸→○× 本線2点
◎▲2頭軸→△★ 穴2点
◎○2頭軸→△×★ 穴3点

 

重賞の無料穴馬はLINEなどでお届けしています。

-大阪杯 予想
-, , ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2021 All Rights Reserved.