日経賞 予想 穴馬 予想

日経賞 2021 穴馬予想 超人気薄の買い材料と穴馬の特徴

更新日:

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「競馬予想 馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

今回は2021年日経賞人気薄の穴馬の買い材料や、過去日経賞で走った穴馬の特徴をお届けします。

日経賞の穴馬探しの参考となれば幸いです。

中山牝馬ステークスはLINE(←クリック)でお届けした無料穴馬7番人気ランブリングアレーが勝利し、5週連続無料穴馬好走!!

スプリングステークスの無料穴馬8番人気イルーシヴパンサーは惜しくも4着という結果。

残念ながら6週連続好走ならず。

※ 下記はお届けした無料穴馬

中山牝馬S 7番人気1着ランブリングアレー
オーシャンS 6番人気3着ビアンフェ
阪急杯 10番人気2着ミッキーブリランテ
フェブラリーS 8番人気3着ワンダーリーデル
共同通信杯 7番人気2着ヴィクティファルス

無料穴馬はLINEでお届けしています。

Twitter(←アカウント)へ的中報告(←こちら)を送って頂いた方へお礼を申し上げます。

 

日経賞 2021 人気薄の買い材料

ダンビュライト

骨格や首が高い走り方は、父ルーラーシップやドゥラメンテに通じるものがあり、父の父キングカメハメハの影響が強く出ている。

上半身と下半身のフォルムや手脚の長さなどは、キングカメハメハ産駒のリオンディーズに似ており、やはり父系の影響が出ているよう。

2歳時から能力的に評価をしてきた馬で、3着と好走した皐月賞では12番人気と評価が低かったが本命に推したが、父ルーラーシップと同様に晩成タイプ。デビュー以来ゆっくりと成長し続けている。

これまで期待したほどの結果を出すことが出来ていないが能力的にはここでも通用する。

 

アールスター

ロードカナロア産駒だが、短距離馬といったフォルムではなく、距離はある程度延びていい馬。2000mで結果を残しているが、ある程度スタミナが要求される条件であれば1600mも対応可能。

過去の活躍馬では体型が2013年のアルゼンチン共和国杯など重賞で複数回走っているアスカクリチャンによく似ている。

よりスタミナが要求される条件であれば厳しいが、小回りコースの2500mであればそれほどスタミナが要求されず上がりもかかるため条件的に悪くない。

 

シークレットラン

ダンカークの仔だが、胴長で比較的スラっとした体型でサンデーサイレンス系のような体型をしている。

背中と腹のラインが平行なつくりから前でのレースが合い、瞬発力に特化したタイプではないが、3歳春までは薄手な体型で筋肉量が乏しかった。

3歳春の京成杯時に現状は前でのレースが出来ないとお伝えし、3歳までは控えるレースをしていたが、古馬になってからはやはり先行するレースをしている。

3勝クラスを勝った際の内容は悪くなく、2500mも問題ない。

 

サトノルークス

父ディープインパクト、母の父サドラーズウェルズという血統。骨格や全体的に体高のあるつくりから持続力にベクトルが傾いており、サドラーズウェルズの影響を感じさせるフォルム。

馬体のつくりや、距離、コース適性などは、同じ母の父サドラーズウェルズという血統で皐月賞アンライバルドと似た印象。

それでも馬体を見る限りは重賞でバリバリやれるだけのものをもっており、前走京都記念は休み明けであったが、後方からレースを進めて0秒8差という結果で復調している可能性はある。

 

ナイママ

手脚が長い体型でサンデーサイレンスの影響が出ているが、骨格がしっかりしている。上半身のつくりが首が高く柔らか味に欠ける走法につながっているが、決め手で勝負をするタイプではない。

ヤングマンパワーと似たイメージがあるが、首が高い走法などを見ると父ダノンバラードの影響が出ているか。その点から道悪は上手いよう。

坂のあるコースの2500mというタフな条件は悪くない。

 

ムイトオブリガード

母ピサノグラフは比較的スラっとした体型で、その父サンデーサイレンスの影響が強く出ていた。この馬は全体的に体高がある点から前でのレースが合う。

骨格がやや発達しており、馬体のボリュームが豊富な点など日本の馬らしくなく、欧州の馬と似たイメージ。瞬発力では劣るが、スピード、パワー、スタミナなど総合力で勝負をするタイプ。

前々走阪神大賞典では勝ち馬と0秒4差という結果というレースをしている点からも軽率に見限ることが出来ない。

 

ゴーフォザサミット

ショウナンマイティの半弟で、父がハーツクライという血統。ハーツクライ産駒で丸みを帯びたフォルムの馬は、ヌーヴォレコルトなどトニービンの影響が出ていると思われ持続力にベクトルが傾いたタイプとなる。

3歳春の時点かなり高い資質を有しているとお伝えしたがかなり華奢な印象を覚えた。

ジャスタウェイ、ハーツクライともに晩成タイプで産駒の特徴からもよくなるには少し時間がかかる可能性があるとお伝えしてきた。陣営も青葉賞後に同様のコメントを残していた。

3歳秋以降も結果を残すことが出来ていないが、成長力に欠けるあるいは能力の鍛錬ができなかったとみるべきか。3歳夏のシーズンは休養に充てて成長を促すべきと記してきたが、素質を開花できなかったかもしれない。

6歳を迎えたが一皮むけていれば。

 

 

日経賞 調教推奨馬

先週は重賞4レース全てで調教推奨馬が好走。

阪神大賞典は9番人気3着ナムラドノヴァン、スプリングS3着ボーデンを調教推奨。土曜はファルコンSはルークズネストが勝利し、モントライゼが3着、フラワーカップはユーバーレーベンが3着という結果。

先々週は弥生賞タイトルホルダーが1着、シュネルマイスターが2着、チューリップ賞がメイケイエール1着という結果でした。

調教推奨馬に関してLINEのご案内をご覧ください。

 

日経賞 穴馬の特徴

2013年日経賞9番人気2着カポーティスター

穴馬推奨。ハンデ戦の日経新春杯を勝った後、前走京都記念の敗北で人気が急落していたが、能力的に別定戦の重賞でも通用する素材で評価。

 

2012年日経賞12番人気1着ネコパンチ

体型をみると、中山が合い、降雨により時計のかかる馬場となったことが追い風に。

いったいったのレースとなり、展開面での恩恵を受ける形になった。

 

2010年日経賞6番人気1着マイネルキッツ

前年2着と好走しており、この条件は悪くないよう。

前走AJC杯も59キロを背負い、前残りのレースながら後方からレースをして4着と善戦。

7歳であったが能力の減退もなかった。

 

2006年日経賞8番人気3着ブルートルネード

馬体重の変動が大きい馬でそれに結果や成績が左右される部分がある。

前走6キロ、前々走18キロと体重が増えており、このレースで22キロと絞れていたことが好走要因。

季節的なものも影響していた。

 

2004年日経賞10番人気3着ダービーレグノ

父が東京で強く中山がいまひとつのトニービンという血統のためか、いまひとつ人気がなかった。

通常61秒0近辺で推移することが多いが、前半1000m61秒6とやや遅い流れで推移しキレ味が生きる流れになったことが好走の要因。

 

※ 有料メルマガではより好走の可能性が高い穴馬、明確な傾向や穴馬のパターンもお届けしています。

金鯱賞で10番人気1着ギベオン、フィリーズレビュー11番人気3着ミニーアイルを穴馬推奨。

中山牝馬Sで12番人気4着ホウオウピースフルを本命に推奨するも展開が向かず惜しい結果。

先週のオーシャンSも14番人気ヒロイックアゲンも4着という結果でしたが、有料情報ではより妙味のある馬をお届けしています。

 

高松宮記念 危険な人気馬の特徴

2020年
3番人気6着エタリオウ:近走結果が出ておらず不調。
4番人気7着レッドレオン:
5番人気10着サトノクロニクル:能力的な衰えがあった。

2019年
2番人気6着ルックトゥワイス:控えるレースをしたが、ペースが落ち着いて展開が向かなかった。
5番人気7着クリンチャー:控える形となり持ち味が生きず、展開も向かなかった。

2018年
1番人気9着キセキ:やや強引なレースであった。
2番人気5着トーセンバジル:
4番人気4着ロードヴァンドール:途中からペースが上がったことが響く結果に。
5番人気6着ゼーヴィント:距離が長く、故障明けで体重が10キロ増えており上積みの余地が大きかった。

2017年
1番人気5着ゴールドアクター:
2番人気4着レインボーライン:プラス10キロと体重が増えており、休み明けの影響があったよう。
3番人気6着ディーマジェスティ:
5番人気9着ジュンヴァルカン:出遅れて後方からのレースとなり、持ち味が生きなかった。

2016年
3番人気4着アルバート:やや後方からレースをして極端に展開が向かず。
5番人気5着ディサイファ:距離が長かった。

2015年
2番人気8着フェノーメノ:
3番人気10着クリールカイザー:相手が強かった。

2014年
2番人気8着フェノーメノ:
4番人気10着オーシャンブルー:スランプだったよう。
5番人気12着アドマイヤフライト:

2013年
2番人気9着オーシャンブルー:
3番人気4着タッチミーノット:広いコースの方がいい馬で、道中ポジションが下がっているが、アクシデントもあったか。
4番人気6着アドマイヤフライト:
5番人気11着トランスワープ:体重がマイナス12キロと減っており、状態に問題があった。

2012年
3番人気8着フェイトフルウォー:
4番人気10着トーセンラー:
5番人気9着マイネルキッツ:

2010年
1番人気6着ロジユニヴァース:
2番人気4着ネヴァブション:
3番人気8着ナムラクレセント:
5番人気5着トリビュートソング:後手を踏み、位置取りが後ろ過ぎた。

2009年
1番人気7着ネヴァブション:
2番人気4着アーネストリー:この時点では能力的に劣った。
5番人気10着ホクトスルタン:10か月ぶりのレースでマイナス8キロと体重が減り、。58キロも響いた。

2008年
4番人気8着ココナッツパンチ:
5番人気6着タスカータソルテ:

LINE(←クリック)では無料穴馬をお届けしています。

-日経賞 予想, 穴馬 予想
-, , ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2021 All Rights Reserved.