日本ダービー 予想 穴馬 予想

日本ダービー 2020 穴馬考察 巻き返す人気薄は?

更新日:

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

有料メルマガはオークス◎○で馬単1950円6点的中。

オークス回顧◎○的中!!昨年ダービーは12番人気1着ロジャバローズ本命推奨!!

 

今回は2020年の日本ダービーの前走の内容を振り返ります。

ロジャーバローズも京都新聞杯の2着を経てダービーで激走しましたが、敗戦から巻き返す馬がいれば穴馬となりえます。参考となれば幸いです。

昨年のダービーは無料メルマガ(←クリック)とLINE(←クリック)で12番人気1着ロジャーバローズを調教推奨。

※ 下記は無料情報でお届けした主な調教推奨馬

天皇賞(春)1着 フィエールマン
天皇賞(春)3着 ミッキースワロー
青葉賞1着 オーソリティ
皐月賞2着 サリオス
皐月賞8番人気3着 ガロアクリーク
桜花賞9番人気3着 スマイルカナ
ニュージーランドT2着 シーズンズギフト
阪神牝馬S1着 サウンドキアラ
高松宮記念15番人気1位入線 クリノガウディー
高松宮記念9番人気1着 モズスーパーフレア
ダイヤモンドS16番人気1着 ミライヘノツバサ

日本ダービーの調教推奨馬無料メルマガ(←クリック)とLINE(←クリック)でお届けします。

 

youtubeでも2020年日本ダービーの人気薄の考察をお届けしています。

 

[日本ダービー 2020 前哨戦のポイント]

○ NHKマイルカップ

3番人気13着サトノインプレッサは出来がそれほどよくなく、8枠17番と外枠に入っており、控える形にならざるをえなかった。直線で若さを見せていた面が崩れた要因。

この後、ダービーへ向かうという話も出ているが、状態面でも上積みの余地はあった。

○ プリンシパルS

勝ったビターエンダーは1枠1番から3番手の位置で先行し、追撃を振り切る結果。2着ポタジェはまずまずの素質馬で、3着には0秒4差をつけていた。

距離が延びてパフォーマンスを上げる可能性はあるが、好走には展開や枠の恩恵が欲しい。

○ 京都新聞杯

京都新聞杯の時計を見ると、中盤は緩んだが、前半1000m58秒3とペースが流れた。

12.4 - 10.3 - 11.8 - 11.9 - 11.9 - 12.5 - 12.7 - 12.0 - 12.5 - 11.7 - 12.0

勝ったディープボンドは、前走皐月賞で10着、前々走アザレア賞で敗れたフライライクバードも結果を残すことが出来ておらず、それ以外のレース内容からも能力的に厳しい。それでも1勝クラスで2着と走っており好走に最低限の能力があり、距離の不安もなかったことから好走。

2着マンオブスピリットは、前走1勝クラスで上がり2位より0秒5速い最速の上がりをマークして勝利。デビュー前の馬体写真をみても馬体に弱点はなかった。1800mまでしか実績がない点から距離延長が不安材料であったが問題なかったよう。

馬体を見てみないと分からないが、レース時計の面からはそれほどレベルの高いレースではなかった。

 

有料穴馬は、新潟大賞典10番人気1着トーセンスーリヤ、天皇賞(春)11番人気2着スティッフェリオ、マイラーズカップ7番人気2着ベステンダンクなど推奨。

2か月購読5500円で7月末まで配信。

有料穴馬ご案内

 

○ 青葉賞

一週前の東京のレースを見ると、土曜芝1400mの2勝クラスで1分20秒2という重賞レベルの時計が出ており、かなり時計の速い馬場であった。

青葉賞当日も芝1600mの条件戦2レースで1分32秒台前半という速い時計が出ていた。

青葉賞も2分23秒0というレースレコードで決着。ラップを見ると、前半1000mの時計は60秒4と遅くもなく速くもなかった。

12.3 - 10.8 - 12.2 - 12.6 - 12.5 - 12.5 - 12.2 - 11.7 - 11.6 - 11.6 - 11.5 - 11.5

ただ、2011年にウインバリアシオンも辛勝であったが、ダービーで2着と好走している。

2着ヴァルコスに関しては、上がり3位と平凡であったが、1勝クラスを勝った際に2着に0秒3差をつけている。12 - 12 - 4 - 3 と後方からポジションを押し上げたが、スタミナを生かすレース。父ノヴェリスト、母の父ダンスインザダークという血統から、ダービーで道悪などタフな条件となれば浮上しえる。あるいはもう少し前でレースが出来れば。

○ 皐月賞

8番人気で3着と好走したガロアクリークは、馬体の張りやメリハリなど出来のよさを感じさせ、調教でもかなり動いていたA評価とした。ダービーでは2400mへの距離延長が大きな課題となる。

17番人気で4着と善戦しダービーの出走権を得たウインカーネリアンはロベルト系らしいつくり。坂のある小回りコースの2000mは条件的にベストであった。弥生賞では敗れていたが、前走1勝クラスで内容のあるレースをしており、短期間で成長していたよう。この2点が惜しいレースをした要因。

ダーリントンホールは、控える形となり持ち味が生きなかった。条件はダービーの方が合うが、能力的な完成度で劣るため成長があれば。

 

オークスは無料穴馬10番人気ホウオウピースフルを推奨しましたが不発。

調教推奨馬と無料穴馬は、無料メルマガ(←クリック)とLINE(←クリック)でご覧ください。

波乱がありそうな重賞レースではLINE(←クリック)と無料メルマガ(←クリック)で無料穴馬をお届けします。

無料メルマガは2006年創刊、読者数3000人以上。

Twitter(←アカウント)へ的中報告(←こちら)を送って頂いた方へお礼を申し上げます。

-日本ダービー 予想, 穴馬 予想
-, , ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.