穴馬 予想 NHKマイルカップ

NHKマイルカップ 2021年は混戦荒れ模様 人気薄の買い材料 穴馬の特徴

投稿日:

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「競馬予想 馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

今回は2021年NHKマイルカップ人気薄の穴馬の買い材料や、過去NHKマイルカップで走った穴馬の特徴をお届けします。

NHKマイルカップの穴馬探しの参考となれば幸いです。

LINE(←クリック)では無料穴馬をお届けしています。

読者の方から、Twitter(←アカウント)へ的中報告(←こちら)を送って頂きました。

ありがとうございました。

Twitterでは、馬券のヒントなどをお届けしています。

 


無料穴馬はLINEでお届けしています。(一部は独自配信のメール。詳細はLINEをご覧ください。)

※ 下記はお届けした2021年の無料穴馬

皐月賞 8番人気2着 タイトルホルダー
桜花賞 8番人気3着 ファインルージュ
中山牝馬S 7番人気1着 ランブリングアレー
オーシャンS 6番人気3着 ビアンフェ
阪急杯 10番人気2着 ミッキーブリランテ
フェブラリーS 8番人気3着 ワンダーリーデル
共同通信杯 7番人気2着 ヴィクティファルス
日経新春杯 7番人気1着 ショウリュウイクゾ

 

2021 NHKマイルカップ 人気薄の買い材料

 

ランドオブリバティ

父ディープインパクト、母の父ドバウィという血統で、父と母半々くらいの影響が出ている印象。シルエットは父似だが、骨格を見るにパワーにベクトルが傾いている。

今後重賞でやれる素質はある。時計のかかる馬場やハイペースであれば。

 

タイムトゥヘヴン

母は桜花賞馬キストゥヘヴンという血統で、兄にアルゼンチン共和国杯やAJC杯で好走し、京成杯を勝っているラストドラフトがいる。

デビュー後の馬体を見ると、母キストゥヘヴンと似た骨格のフォルム。馬体のボリュームや筋肉量が増しておりスピードタイプに変化している。

京成杯時にデビュー前の馬体を確認した際、筋肉量が豊富でスピードの絶対値が高くその点が能力の源泉とお伝えした。完成度に関しても悪くない。

 

シティレインボー

父エピファネイア、母の父フジキセキという血統だが、頭の位置が高いつくりをみるにフジキセキの影響が出ているか。その点が走法にも影響している。

馬体に弱点はなく素質は悪くない。

ニュージーランドTでは11番人気で3着と好走しているが、人気ほど能力差はないと考え穴馬に推した。

 

レイモンドバローズ

父ヴィクトワールピサ、母の父はサドラーズウェルズ系のメダグリアドーロ、母方にヌレイエフの系統で凱旋門賞を制したパントルセレブルが入った重めの血統。

ボリュームのある体型を見るに距離は1600mがベスト。マイル戦であればコースは問わないはず。

実績上位の馬にコースや展開などの問題があり崩れれば。

 

アナザーリリック

スピードを生かして前でのレースが合う体型に見受けられるが、控えるレースをしている。

想定以上の資質を有している可能性はある。

距離は1600m以下の方が合うが、条件は悪くなく、ペースが上がって展開がはまれば。

速い流れであればあるほど望ましい。

 

リッケンバッカー

ロードカナロア産駒だが、母方の影響が出ているようで骨格が発達している。

筋肉量は十分で、能力的には重賞で好走しておかしくないだけのものはある。

アーリントンカップでは2着に終わったが、直線で窮屈なレースとなっており抜け出すのに手間取っていた。

時計のかかる馬場が合うが、昨年ほどの高速馬場でない点は好材料。

今回、枠や展開などもうひとつくらい好材料があれば。

 

ヴェイルネビュラ

全体のフォルムなど同じロードカナロア産駒のステルヴィオと似ている。

本質的にマイラー。

スプリングSで敗れているが、1800mは距離が長く、距離短縮は好材料。

 

ショックアクション

頑健なつくりや丸みを帯びたフォルム、ボリュームといったつくりはサンデーサイレンス系の馬とは真逆のタイプ。

父方のサドラーズウェルズの影響が出ていると思われる。

距離は1600mまでが守備範囲。

G1で好走するにはもう少し武器というか特徴が欲しいと感じたが、ペースが上がって極端な展開となればあるいは。

 

ロードマックス

同じディープインパクト産駒のサトノアレスに似ているというよりも体型の共通点が多いが、こちらの方が胴が短いつくりで距離延長の適応力を欠く。

1600mよりも1200mの方が合うかもしれない。母方の影響が出ていると思われる。

決め手を生かすレースが合うが、逃げ先行馬が多いためペースが上がって展開が向く可能性もある。

 

 

無料穴馬はLINEでお届けしています。

 

NHKマイルカップ 2021 調教推奨馬

※ 下記は無料でお届けした2021年の調教推奨馬

青葉賞3着 レッドヴェロシティ
皐月賞2着(8番人気) タイトルホルダー
マイラーズカップ1着 ケイデンスコール
阪神牝馬ステークス1着 デゼル
大阪杯1着 レイパパレ
ダービー卿チャレンジトロフィー2着 カテドラル
ダービー卿チャレンジトロフィー3着 ボンセルヴィーソ
高松宮記念1着 ダノンスマッシュ
高松宮記念2着 レシステンシア
高松宮記念3着 インディチャンプ
日経賞1着 ウインマリリン
阪神大賞典3着(9番人気) ナムラドノヴァン
スプリングステークス3着 ボーデン
ファルコンステークス1着 ルークズネスト
ファルコンステークス3着 モントライゼ
フラワーカップ3着 ユーバーレーベン
中山牝馬ステークス1着(7番人気) ランブリングアレー
弥生賞1着 タイトルホルダー
弥生賞2着 シュネルマイスター
チューリップ賞1着 メイケイエール
阪急杯2着(10番人気) ミッキーブリランテ
阪急杯3着 ジャンダルム

NHKマイルカップの調教推奨馬に関してはLINEをご覧ください。

無料穴馬もそちらでお届けしています。

 

 

NHKマイルカップ 穴馬の特徴

 

○ 2018年NHKマイルカップ:9番人気3着レッドヴェイロン

前々走初勝利を挙げた際の内容が良好で、前走アーリントンカップも上位とさして差がなかった。

NHKマイルカップではペースが上がって決め手が生きる展開も追い風になった。

 

○ 2017年NHKマイルカップ:13番人気2着リソノテソーロ

調教でA評価としたが、状態がよかった。

馬体を見る限り完成度が高かった点も好走の要因。

 

○ 2016年NHKマイルカップ:12番人気3着レインボーライン

前々走アーリントンカップを勝っており、実力を見せていたが、その後もG1や重賞で好走するように高い能力を有していた。

前半800m46秒0、後半800m46秒8と速い流れで推移したことが追い風に。

 

○ 2014年NHKマイルカップ:17番人気2着タガノブルグ

ペースが上がり、決め手が生きる流れとなったが、速いペースの方が合う馬で、展開もはまる形に。

完成度が高かった点も激走の要因か。

 

○ 2014年NHKマイルカップ:12番人気3着キングズオブザサン

2000mで実績があったが、体型から距離短縮がプラスになった。

人気の盲点になっていた部分もあるが、ややタフな流れとなったことが追い風になった。

 

○ 2013年NHKマイルカップ:10番人気1着マイネルホウオウ

自信の穴馬推奨。

父スズカフェニックスという地味な血統で人気はなかったが、馬体をみる限り素質は上位と差がなく、状態も良好でハイペースも追い風に。

マイルもベストの距離であった。

 

○ 2013年NHKマイルカップ:6番人気2着インパルスヒーロー

本命推奨。

距離延長が不安視されたが、スピードに特化したタイプではなく、1600mまでならもった。

東京コースが合ったことも好走の要因。

 

○ 2013年NHKマイルカップ:8番人気3着フラムドグロワール

決め手を欠くため勝ち味に遅いタイプであるが、馬体をみる限り相手次第ではG1レースでも好走可能な素材であった。

京成杯以来のレースとなる休み明けが嫌われていたが、今回の方が仕上がっており、力を出せる状態にあった。

 

○ 2012年NHKマイルカップ:15番人気3着クラレント

前走弥生賞は距離が長く、中山も合わなかったが、東京コースへ変わったことが大きな追い風に。

前走で休み明けのレースをたたかれた上積みも大きく、人気の盲点でもあった。

 

○ 2009年NHKマイルカップ:10番人気1着ジョーカプチーノ

自信の穴馬推奨。調教の内容がよく、状態が大幅に上昇していたため。

前目の位置でレースをした馬も止まらなかったことも追い風に。

 

○ 2008年NHKマイルカップ:15番人気3着ダノンゴーゴー

全3勝はいずれも1200mで、やや重で行われたが時計のかかる馬場状態が追い風に。

 

○ 2007年NHKマイルカップ:17番人気1着ピンクカメオ

父フレンチデピュティは道悪巧者の産駒が多く、やや重で行われた悪化した馬場状態が追い風に。

前走桜花賞は14着と大敗しているが休み明けで、前々走でプラス14キロ増えていた体重もマイナス12キロと減っておりレースをつかわれた上積みも感じさせた。

 

○ 2005年NHKマイルカップ:10番人気2着デアリングハート

前半800m47秒4と例年よりも2秒近く遅いペースで推移したため瞬発力勝負となり、上位は決め手のある先行馬が占める結果に。

掲示板に載った馬はいずれも上がり33秒台をマークしており、勝ち馬は桜花賞馬ラインクラフトであったが、瞬発力勝負であれば牡馬と互角にレースが出来る牝馬が上位にきたのはそのため。

 

○ 2003年NHKマイルカップ:9番人気1着ウインクリューガー

前半800m45秒8とまずまずペースが流れているが、2番手追走し、逃げた16番人気エースインザレースが5着に粘っているが、展開の恩恵があったとみるべき。

前々走のアーリントンCを勝っていることを考えると不当に評価が低かった。

 

 

※ 有料メルマガではより好走の可能性が高い穴馬、明確な傾向や穴馬のパターンもお届けしています。

 

NHKマイルカップ 危険な人気馬の特徴

2020年
2番人気4着タイセイビジョン:能力的には劣った。
3番人気13着サトノインプレッサ:出来がそれほどよくなく、8枠17番と外枠に入っており、控える形にならざるをえなかった。直線で若さを見せたことも響いた。
4番人気5着ルフトシュトローム:完成度で劣った。
5番人気14着サクセッション:控えるレースとなり持ち味が生きなかった。

2019年
1番人気5着(4位入線)グランアレグリア:桜花賞の反動があった。
3番人気5位入線ダノンチェイサー:直線で進路がせまくなる不利があった。
4番人気10着グルーヴィット:直線で前が壁になる不利があった。
5番人気15着ヴィッテルスバッハ:ペースや馬場などスタミナが要求される条件がネックに。

2018年
1番人気12着タワーオブロンドン:直線で包まれて抜け出すことが出来ず脚を余した。
3番人気14着テトラドラクマ:状態に問題があった。
4番人気6着パクスアメリカーナ:直線で窮屈なレースとなった。
5番人気5着プリモシーン:出遅れが響いた。

2017年
1番人気17着カラクレナイ:そこまで高い能力がなく、状態も強調できなかった。混戦でフィリーズレビューのレコード勝ち、デムーロ騎乗という点からも人気になったと思われるが、過剰な評価であった。
3番人気9着モンドキャンノ:本質は1400m以下にあり、距離が影響したか。
4番人気13着アウトライアーズ:馬体を見る限り能力的にも高いものが感じられなかった。実績で劣りながら人気を集めており、過大な評価をされていた。
5番人気7着ミスエルテ:早熟もしくは不振が影響したか。

2016年
3番人気11着イモータル:
4番人気17着ティソーナ:
5番人気5着トウショウドラフタ:馬体を見る限り1400m以下の方がいい馬で距離が長かった。

2015年
1番人気5着グランシルク:
5番人気4着アヴニールマルシェ:ペースが落ち着き脚を余す結果に。

2014年
2番人気4着ロサギガンティア:
3番人気6着ショウナンアチーヴ:
4番人気9着サトノルパン:気性的な難しさをみせ、通常よりも前でのレースとなったことが致命的に。
5番人気13着エイシンブルズアイ:距離が長く、体型から東京も合わなかった。

2013年
1番人気7着エーシントップ:
2番人気5着ガイヤースヴェルト:
3番人気4着レッドアリオン:出遅れが敗因。
4番人気8着コパノリチャード:逃げるレースをしたが、距離はマイルまでの馬でペースが上がったことが敗因。
5番人気11着ゴットフリート:

2012年
4番人気6着ジャスタウェイ:
5番人気10着ブライトライン:東京が合わなかった。

2011年
3番人気9着エーシンジャッカル:
5番人気12着ヘニーハウンド:1400mまでがよく距離が長かった。

2010年
2番人気4着サンライズプリンス:
4番人気9着エイシンアポロン:時計のかかる馬場の方がよく、速い時計に対応出来ず。

2009年
1番人気9着ブレイクランアウト:
2番人気8着アイアンルック:道中で不利があり、いったいったのレースとなったため脚を余す結果に。
3番人気18着(8位入線)サンカルロ:1ハロン距離が長かった。
4番人気5着フィフスペトル:

 

LINEでは重賞の無料穴馬をお届けしています。

-穴馬 予想, NHKマイルカップ

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2021 All Rights Reserved.