穴馬 予想 青葉賞 予想

青葉賞 2021 穴馬は!?人気薄の買い材料と穴馬の特徴

更新日:

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「競馬予想 馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

今回は2021年青葉賞人気薄の穴馬の買い材料や、過去青葉賞で走った穴馬の特徴をお届けします。

青葉賞の穴馬探しの参考となれば幸いです。

LINE(←クリック)では無料穴馬をお届けしています。

読者の方から、Twitter(←アカウント)へ的中報告(←こちら)を送って頂きました。

ありがとうございました。

Twitterでは、馬券のヒントなどをお届けしています。

 

 

無料穴馬はLINEでお届けしています。(一部は独自配信のメール。詳細はLINEをご覧ください。)

※ 下記はお届けした2021年の無料穴馬

皐月賞 8番人気2着 タイトルホルダー
桜花賞 8番人気3着 ファインルージュ
中山牝馬S 7番人気1着 ランブリングアレー
オーシャンS 6番人気3着 ビアンフェ
阪急杯 10番人気2着 ミッキーブリランテ
フェブラリーS 8番人気3着 ワンダーリーデル
共同通信杯 7番人気2着 ヴィクティファルス
日経新春杯 7番人気1着 ショウリュウイクゾ

 

2021 青葉賞 人気薄の買い材料

スワーヴエルメ

馬体に窮屈な部分がなく、短い距離が合うという体型ではなく2400mも対応できる。

広いコースも問題ない。

 

アランデル

馬体を見るに弱点はなく素質は悪くない。

きさらぎ賞は力んで走っており、芙蓉Sも2着に入っていたが、スタートがひと息であった。

 

ワンデイモア

胴が長めなつくりは父ドゥラメンテの影響が出ている。

距離が延びていいタイプで2000m以上に本質がある。

中山芝2000mから東京芝2400mに変わる点は好材料。

 

グレアリングアイ

上半身に体高があってトップスピードにいいものがあり、下半身が薄いつくりで決め手を生かすレースが合う。

前走大寒桜賞では鋭い決め手を見せていた。展開がはまれば。

 

レインフロムヘヴン

デビュー前の馬体写真を見ると、胴長で父ドゥラメンテによく似た体型であった。

背中と腹のラインが平行である程度前でのレースが合い、胴長でいい脚を長くつかうタイプの中距離馬という印象があった。

スプリングSでは後手を踏んで持ち味が生きず力を出し切れていない。

スムーズに先行してペースが緩めば。

 

マテンロウエール

前走は道悪と久々のレースが響いたか崩れた。

その前の未勝利戦は完勝している。

 

タガノカイ

父ノヴェリスト、母の父ホワイトマズルという重めの血統で、2400mへの距離延長は対応できておかしくない。

 

テーオーロイヤル

前走は2400mで、2位より0秒3速い最速の上がりをマークして勝利。

決め手があり、距離も問題ない。

 

アウスヴァール

心肺機能が高く、距離延長でパフォーマンスを上げる可能性がある。

 

無料穴馬はLINEでお届けしています。

 

青葉賞 2021 調教推奨馬

※ 下記は無料でお届けした2021年調教推奨馬

皐月賞2着(8番人気) タイトルホルダー
マイラーズカップ1着 ケイデンスコール
阪神牝馬ステークス1着 デゼル
大阪杯1着 レイパパレ
ダービー卿チャレンジトロフィー2着 カテドラル
ダービー卿チャレンジトロフィー3着 ボンセルヴィーソ
高松宮記念1着 ダノンスマッシュ
高松宮記念2着 レシステンシア
高松宮記念3着 インディチャンプ
日経賞1着 ウインマリリン
阪神大賞典3着(9番人気) ナムラドノヴァン
スプリングステークス3着 ボーデン
ファルコンステークス1着 ルークズネスト
ファルコンステークス3着 モントライゼ
フラワーカップ3着 ユーバーレーベン
中山牝馬ステークス1着(7番人気) ランブリングアレー
弥生賞1着 タイトルホルダー
弥生賞2着 シュネルマイスター
チューリップ賞1着 メイケイエール
阪急杯2着(10番人気) ミッキーブリランテ
阪急杯3着 ジャンダルム

調教推奨馬に関してLINEのご案内をご覧ください。

無料穴馬もそちらでお届けしています。

 

※ 下記は調教推奨馬でお届けした内容

 

 

 穴馬の特徴

2014年青葉賞:10番人気1着ショウナンラグーン

穴馬推奨。

2000m以上の距離でそれなりに結果を残しており、父シンボリクリスエスも3歳のこの時期は足踏みをしたが、距離延長が好材料に。

2013年青葉賞:7番人気1着ヒラボクディープ

前半1000m61秒9とペースが落ち着き、前でレースをして展開の恩恵が大きかった。

東京コースでも結果を残していたが、2200mのレースでも勝利があり、距離も問題なかった。

2013年青葉賞:9番人気2着アポロソニック

ペースが落ち着いて展開の恩恵を受ける形に。

前走時から逃げるレースをしていたが、脚質転換により持ち味を生かせるようになった。

2011年青葉賞:6番人気1着ウインバリアシオン

自信の穴馬推奨。

馬体から高い資質を有しており、追いかけてきた馬。

ペースが落ち着いたことも影響しているが、人気の良血馬は期待を裏切る結果に。

2009 年青葉賞:7番人気2着マッハヴェロシティ

自信の穴馬推奨。

プラス8キロの体重増で、前走マイナス10キロと減っていた体重が戻っていた。

ラジオNIKKEI杯2歳S、共同通信杯で4着と善戦しており、強い相手と戦ってきたが、父マンハッタンカフェと、血統的に距離延長も問題なかった。

2008 年青葉賞:7番人気2着クリスタルウイング

前走500万条件、前々走未勝利と連勝中も、良血馬に人気が集まり評価が低かった。

父アドマイヤベガはこの条件と同じ ダービーを勝っており、この距離も問題なかった。

ややパワーにベクトルが傾いたタイプの馬でやや重と時計のかかる馬場も合った。

2007年青葉賞:15番人気2着トーセンマーチ

良馬場で行われたが降雨があり、その後のレースでも全く結果を残しておらず、父フレンチデピュティという血統から馬場の悪化が追い風となったよう。

2005年青葉賞:6番人気2着ニシノドコマデモ

東京コースの方が合う馬で、いちょうS勝利など実績もあった。

父キングヘイローは元来重めの血統で、母の父も長距離馬を多く出すサッカーボーイと血統的な裏付けもあった。

2002 年青葉賞:8番人気2着バンブーユベントス

2勝は1200m1600mといずれも短距離のため人気がなかったが、父マヤノトップガンという血統で対応できたよ う。

デビュー戦で2着に0秒4差、500万条件のさわらび賞でも0秒3差と着差をつけており、能力の高さをみせていた。

 

※ 有料メルマガではより好走の可能性が高い穴馬、明確な傾向や穴馬のパターンもお届けしています。

 

 危険な人気馬の特徴

 

 

LINE(←クリック)では重賞の無料穴馬をお届けしています。

-穴馬 予想, 青葉賞 予想
-, , ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2021 All Rights Reserved.