マイルチャンピオンシップ 予想 穴馬 予想

マイルチャンピオンシップ 2020 予想 穴馬の特徴と馬体考察

更新日:

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

ジャパンカップでの3頭の3冠馬の対決も楽しみですが、来年のクラシックをにぎわせるような2歳馬が出てきているかという点も気になるところ。

今週は東スポ杯2歳S、来週は京都2歳Sがありますが、京都2歳Sは例年それほどいい馬が出てこず、やはり注目は昨年コントレイルが勝利した東スポ杯2歳S。

今年はダノンザキッド辺りが人気になると思われますが、果たしてどれほどの能力なのか。

ただ、現時点では今年の2歳馬は牡馬にまだいまひとつこれといった馬が出てきていない印象があります。

素質があってもサウジアラビアRCを勝ったステラヴェローチェや京王杯2歳Sを勝ったモントライゼ、デイリー杯2歳Sで人気になりそうなレッドベルオーブなど距離に限界がある馬が目につきます。

なので今年の朝日杯FSや来年のNHKマイルカップは面白いメンバーになるかもしれません。

今年の2歳馬ですが、牡馬に関しては現時点で出てきている素質馬に距離に限界がある馬が多く、牝馬に関しても同様の印象。

しかし、1600mの桜花賞まではもち、重賞連勝している馬が2頭いる点から、現時点では“牡低牝高”という感じでしょうか。

小倉2歳SとファンタジーSを連勝したメイケイエールも桜花賞くらいまでであればという感じですが、やはり注目は札幌2歳SとアルテミスSを連勝した白毛のソダシ。

無敗で阪神JFを勝つようであれば、競馬以外のメディアでもとりあげられるようなスターホースになるかもしれません。

まだまだこれから素質馬が出てくるとは思うので、来年のクラシックに関しては何とも言えませんが、現時点で“競馬”としては阪神JFが、“馬券”としてはホープフルSが面白くなるのではないでしょうか。

今回は2020年マイルチャンピオンシップ出走馬の馬体考察と穴馬の特徴をお届けします。

 

マイルチャンピオンシップ 2020 穴馬候補と予想動画

2020年マイルチャンピオンシップ穴馬候補をブログランキングの備考欄へ更新。

ブログランキングの備考欄が分からなければこちら(←クリック)をご覧ください。

 

 

マイルチャンピオンシップ 2020 調教推奨馬と人気薄の買い材料


先週の調教推奨馬はエリザベス女王杯サラキアが2着に。9番人気ウインマリリンは惜しくも4着という結果。

無料メルマガ(←クリック)では調教推奨馬をお届けします。

マイルチャンピオンシップ人気薄の馬の買い材料もお届けします。

先週は久しぶりに以前有料情報をご購読頂いた方へ特別な穴馬をお届けさせて頂きました。

武蔵野S11番人気ソリストサンダーが2着に好走。

今年はコロナで厳しい状況の方もいらっしゃると思い、旧読者の方へ特別な穴馬をお届けさせて頂きました。

お楽しみ頂き少しでもお役に立っていれば幸いです。

Twitter(←フォローお返ししています)では競馬ネタをつぶやいています。

読者の方から穴馬の的中報告(←こちら)を頂戴しました。

的中報告を送って頂いた方へお礼を申し上げます。ありがとうございました。

 

マイルチャンピオンシップ 2020 出走馬馬体考察

インディチャンプ

首が高く、全体のフォルムや走法を見ても距離に限界があり本質的にマイラー。

ややボリュームのある体型、胴が短く見えるつくり、肩と腰の傾斜などから、、1800mよりも1400mの方が合う。

1200mで結果を残す可能性もあると考えたが、首の位置が高い点、重心の低いつくりから、やはり距離延長はリスク。

1800mの毎日杯、毎日王冠、中山記念へ出走してきた際は、1800mはギリギリ守備範囲といったところと判断して評価を割り引いたが距離が長かった。

ただ、2019年の毎日王冠、中山記念はいずれも58キロを背負いながら3着、4着という結果を残しており、1800mまでは守備範囲ではある。

決め手を生かすレースをしていたが、初めて馬体を見た際に脚質的にそれほど特徴や偏りは感じられず、前でレースをして結果を残してもおかしくないとお伝えした。

現在は先行するレースをしているが、高いレベルになると決め手で劣るため、前でのレースの方がいい。

3歳の毎日杯後にデビュー前の馬体写真を見た際、そこまで高い資質を感じないとお伝えした。東京新聞杯時に初めてデビュー後の馬体を見た際、馬体を上半身に迫力を感じさせ、スピードの絶対値に非凡なものがあり評価を上方修正した。

安田記念を勝利した際はアーモンドアイ、ダノンプレミアムに出遅れなど不利があり、マイルCSを勝利した際は相手がそれほど強くなかった。香港で敗れているように歴史的なマイラーとまでは言えない評価になる。

安田記念、マイルCSを勝利した際、それほど出来が芳しくなかったが、そういったケースにおいても結果を残す珍しいタイプといえる。

今回安田記念以来のレースとなるが、馬体にメリハリを感じさせ出来は良好で、確実に力を出せる状態にある。

2020年の安田記念で3着に敗れているが、スタートで出遅れがあり後手を踏んだことが痛かったが、グランアレグリア、アーモンドアイとの決め手勝負になると厳しい。

ただ、アーモンドアイがヴィクトリアマイルを完勝した反動があったことを考えても、それと0秒1差という結果は悪くない。

また、その時よりも時計の速い馬場になると思われ、スタートがまともで前でレースが出来てペースが落ち着けば、グランアレグリアを逆転する可能性はなくはない。好走にはスタートを決めることが出来るか否かという点が最大のポイント。

 

 

2020年マイルチャンピオンシップ人気薄出走馬の考察は無料メルマガ(←クリック)でお届けします。

無料穴馬や調教の動きがいい馬もお届けしています。

 

マイルチャンピオンシップ 穴馬の特徴

○ 2014年マイルCS:8番人気1着ダノンシャーク

自信の穴馬推奨。

3着に終わった前年から能力の上積みはなかったが、近走は前でのレースで持ち味が生きず、詰めの甘さを欠く結果となっていた。

後方からレースをして上手く内を突く好騎乗も好走の要因。

○ 2014年マイルCS:9番人気3着グランデッツァ

前半45秒3、後半46秒2とかなり速いペースで推移し、その流れの中を先行したが、中距離で実績があり、速いペースも問題がなかった。

○ 2011マイルCS:年11番人気2着フィフスペトル

前半800m46秒7、後半47秒2とペースが落ち着き、先行して展開の恩恵もあったと同時に、上位を内枠の馬が占めており、馬場状態の面からも恩恵があった。

前々走京成杯AHでも勝利しており、11番人気は評価が低すぎた。

○ 2010 年マイルCS:13番人気1着エーシンフォワード

前半800m45秒3、後半46秒5と速いペースで推移してキレが要求されず、1分31秒8と速いレース時計で決着 しており、馬場状態のよさも押し切る結果となった要因。

鞍上の騎乗が持ち味を引き出し、仕掛けるタイミングが素晴らしかったことが好走の最大の要因。

○ 2009年マイルCS:14番人気1着マイネルファルケ

調教内容がよくA評価としたが、出来のよさが好走の要因とみて間違いない。

それにくわえて、前半800m47秒2、後半800m46秒0とペースが落ち着き、逃げるレースをしたが展開の恩恵も大きかった。

○ 2006年マイルCS:8番人気3着シンボリグラン

スワンSで4コーナー8番手から上がり最速をマークして2着と好走。

その内容を考えると、8番人気は評価が低すぎた。距離がベストに近かったことも好走要因。

○ 2004年マイルCS:10番人気3着ギャラントアロー

3歳ということもあり、勝利した前走スワンSも11番人気評価であったが、人気になりにくい部分がある馬で、このレースにおいても侮られていた。

○ 2002年マイルCS:11番人気1着トウカイポイント

せん馬で気性的に難しくムラのある部分もあるが、前走休み明けの富士Sをたたかれて激走。

○ 2002年マイルCS:13番人気3着リキアイタイカン

高松宮記念で4着と地力もあり、距離が懸念されたが流れが合い決め手が生きる流れとなったことも追い風に。

マイルチャンピオンシップ 危険な人気馬の特徴

○ 2019年マイルCS

2番人気5着ダノンキングリー:内が伸びる馬場ではなかったが、直線で内を通ったことも影響した。
4番人気10着ダイアトニック:体型を見る限り1400mの方が合う馬で、距離延長でパフォーマンスを落とす結果となった。
5番人気16着アルアイン:後方からのレースとなり持ち味が生きなかったことが直接的な敗因。決め手で劣り、ペースが落ち着いたことで致命傷となった。

○ 2018年マイルCS

1番人気13着モズアスコット:状態がそれほどよくなく、4コーナーで接触もあった。
2番人気12着アエロリット:少し力んで走っており、左回りの方がよかった。

○ 2017年マイルCS

1番人気5着イスラボニータ:控えるレースをして持ち味が生きなかったが、馬場の悪化もよくなく、状態もよくなかった。
3番人気8着レッドファルクス:鞍上が距離が長かったと言うコメントを残しているが、直線で抜け出すことが出来なかったため何とも言えない。
5番人気12着サトノアラジン

○ 2016年マイルCS

1番人気5着サトノアラジン:ペースが落ち着いて脚を余したが、かなりの不利も受けた。
4番人気16着ヤングマンパワー:キレがある馬ではなく、前でレースができなかったことが敗因で、鞍上が変わったことが響いた感がある。
5番人気6着フィエロ:

○ 2015年マイルCS

3番人気4着サトノアラジン:3着馬とはハナ差であったが、この時点では完成度で劣った。
5番人気5着アルビアーノ:

○ 2014年マイルCS

2番人気4着トーセンラー:
1番人気13着ミッキーアイル:先行したが、ペースが厳しかった。
4番人気8着ワールドエース:馬体に余裕があり、プラス8キロと体重も増えていた。
5番人気7着ロゴタイプ:出来は悪くないといった程度で、決め手を欠いた。

○ 2013年マイルCS

4番人気11着クラレント:馬体に余裕を感じさせプラス12キロ。
5番人気7着サダムパテック:
2012年
2番人気8着ストロングリターン:前々走安田記念を勝った時より筋肉量が乏しかった。
3番人気12着ファイナルフォーム:

○ 2012年マイルCS

1番人気5着リアルインパクト:輸送が響いた。
2番人気14着リディル:
3番人気7着イモータルヴァース:

○ 2010年マイルCS
2番人気4着サプレザ:ペースが速く、牝馬には厳しい流れであった。
3番人気13着キンシャサノキセキ:本質的にスプリンターでペースが速くスタミナが要求される流れが堪えた。
4番人気7着トゥザグローリー:距離が忙しかった。
5番人気6着スマイルジャック:3番手を追走したが、ペースが速かった。

○ 2009年マイルCS
3番人気4着キャプテントゥーレ:
4番人気6着スマイルジャック:後方からレースをしたがペースが落ち着き脚を余した。
5番人気11着ザレマ:能力的に足りなかった。

※ より明確な傾向は有料メルマガでお届けしています。

 

 

無料メルマガ(←クリック)では無料穴馬や調教の動きがいい馬をお届けしています。

-マイルチャンピオンシップ 予想, 穴馬 予想
-, , , , ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.