京都大賞典 予想 毎日王冠 予想

毎日王冠 京都大賞典 2019 予想 無料穴馬

投稿日:

2019年毎日王冠と2019年京都大賞典の無料穴馬をランキングの備考欄へ更新。

←200位くらい

[最強]競馬ブログランキングへ←80位くらい

 

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

今回は京都大賞典と毎日王冠の無料穴馬をお届けします。

日曜午前8時頃、LINE(←クリック)と無料メルマガ(←クリック)で無料穴馬をお届けします。

 

[京都大賞典 無料穴馬]

心肺機能が高く、前でのレースが合う。胴が長めで距離は2000m以上が合い、3000mも問題ない。跳びが大きい馬ではなく、蹄の形からも道悪は問題ないはず。

明け4歳を迎え、たたき3戦目の天皇賞(春)においてもまだ筋肉がつく余地が残っていたが、能力的にはバリバリのG1レベルまではない。2018年の有馬記念に馬体を見た際においてもそれほど印象は変わらなかった。

過去状態が最もよかったのは2018年の天皇賞(春)で、馬体の張りが増しており、輪郭もくっきりしていた。今回レースをつかわれている点は好材料。

2018年の天皇賞(春)後結果を残すことが出来ていないが、海外で通用しえるほどの能力はなく、その後は状態に問題があった。

2019年の天皇賞(春)でもしっかり仕上がっていたが崩れており、能力的に終わっている可能性はあるが、前々走までは控えるレースをしており持ち味が生きなかった。

前走は騎手が変わっており脚質転換があればと考え、先行したが崩れる結果に。ただ、2000mは距離が忙しく、直線が長いコースで、差しが利く馬場であったため条件はかなり合わなかった。くわえて57.5キロと思いハンデも背負っていた。

今回、距離延長はプラス材料で、前有利の展開となればなくはない。まだ見限るのは早計と言える。

その穴馬はランキングの備考欄へ更新。

←200位くらい

 

[毎日王冠 無料穴馬]

骨格を見ると父の影響が出ておりパワーにベクトルが傾いたタイプ。

全体的に体高があるつくりから前でのレースで持ち味が生きるが、下半身が薄いつくりから先行して抜け出すレースが合う。

股下の位置の高さを見ると、小回りコースよりも広いコースの方が合うが、決め手で勝負をするタイプではない。その点から中山外回りコースはかなり合う。

蹄を見ると、馬場の悪化はよくないが、首を中心に上半身の可動域が大きくない走りをする点を見ると対応は出来そう。走ってみないと何とも言えない。

前々走は、距離、条件などプラス材料があまりなかったが、たたき台として割り切った面はあったかもしれない。

不振の可能性があり、能力的に通用しない可能性は高いが、まだ見限ることは避けたい。

その穴馬はランキングの備考欄へ更新。

[最強]競馬ブログランキングへ←80位くらい

 

Twitter(←アカウント)へ的中報告(←こちら)を送って頂いた方へお礼を申し上げます。

無料穴馬はLINEでご覧ください。

無料メルマガでは無料穴馬、調教推奨馬にくわえ、人気薄出走馬の考察をお届けしています。

(波乱がなさそうな場合は、無料穴馬のお届けをお休みさせて頂きます。)

-京都大賞典 予想, 毎日王冠 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2019 All Rights Reserved.