オールカマー 予想 穴馬 予想

神戸新聞杯 2019 予想 穴馬の特徴と穴馬候補

投稿日:

※ 回避馬が出たためランキングの馬名を変更しました。

2019年神戸新聞杯出走馬で穴馬の特徴に符合した馬、2019年神戸新聞杯穴馬候補をランキングの備考欄へ更新。

←120位くらい

[最強]競馬ブログランキングへ←80位くらい

 

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

セントライト記念は有料穴馬で8番人気2着サトノルークスを推奨。

※ 下記は配信でお届けした考察

サトノルークス

父ディープインパクト、母の父サドラーズウェルズという血統。骨格や全体的に体高のあるつくりから持続力にベクトルが傾いており、サドラーズウェルズの影響を感じさせるフォルム。

馬体のつくりや、距離、コース適性などは、同じ母の父サドラーズウェルズという血統で皐月賞アンライバルドと似た印象。

長い距離が合うというよりも、東京芝2500mや函館芝2000mなど坂を2回通るコースや、スローの瞬発力勝負よりもハイペースなどタフな条件に適性がある。蹄の形が薄く、完歩も小さいため道悪は対応可能。

完成度の高さから、早い時期に結果を残すタイプかもしれない。その点もアンライバルドと似ている点。

オープンのすみれSを勝っているが、ペースが緩い中を先行しており、それほど内容のあるレースではなかった。その点から能力の裏付けは乏しい。

皐月賞は後手を踏んで持ち味が生きなかった。ダービーでは皐月賞時よりも下半身を中心に力感が増して状態が上向いており、内枠から先行して流れは向いたが、崩れる結果に。

能力的な面や、休み明けで状態が不透明な点から、強く推すことは出来ないが、坂がある外回りコースの非根幹距離という条件は合う。道悪となれば追い風になりえる。

 

 

オールカマーと神戸新聞杯は、LINE無料メルマガ(←クリック)でも無料で穴馬をお届けします。

先週はLINE無料メルマガ(←クリック)でお届けした調教推奨馬4頭のうち3頭が馬券に

セントライト記念はリオンリオンが勝利し、8番人気サトノルークスが2着に。

ローズSは6番人気ビーチサンバが2着と好走。

先々週はお届けした調教推奨馬2頭のうち、京成杯AHトロワゼトワルが勝利。

調教推奨馬と無料穴馬は、無料メルマガ(←クリック)とLINEでお届けします。

 

 

[調教推奨馬]

○ オールカマー

グレイル:動きに素軽さあり。

:かなりの人気薄。まずまずモチベーションを感じさせる。

○ 神戸新聞杯

ヴェロックス:フォームが安定している。

:しまいまで伸びており水準以上の内容。

 

 

[神戸新聞杯 人気薄出走馬の買い材料]

※ 人気薄出走馬の買い材料は、無料メルマガ(←クリック)とLINEでお届けします。

 

:前でのレースが合い、逃げ先行馬が少なくペースが落ち着きそうな点は好材料。道悪も対応できる可能性がある。

 

←120位くらい:前有利の馬場やペースであれば浮上の可能性もある。素質は悪くない。人気上位が崩れれば。

 

:決め手があるため条件は悪くないはず。阪神で勝利があり、脚質的にも阪神外回りコースに変わってパフォーマンスを上げる可能性はある。

 

 

[神戸新聞杯 穴馬の特徴]

○ 2014年神戸新聞杯:9番人気3着トーホウジャッカル

自信の穴馬推奨。条件が合ったことが好走の最大の要因。

前走1000万条件で2着という結果も、やや脚を余した感があり、古馬相手に斤量が1キロ少ないだけであった。

その後の結果からも能力的に通用した。

 

○ 2013年神戸新聞杯:7番人気2着マジェスティハーツ

距離が若干長かったが、直線が長い阪神外回りコースが合った。

 

○ 2012年神戸新聞杯:8番人気2着ロードアクレイム

自信の穴馬推奨。菊花賞を最後に引退することとなったが、馬体の面からも重賞で好走できる資質があった。

春よりも成長を伺わせたが、その点も好走の要因。

 

○ 2009年神戸新聞杯:7番人気1着イコピコ

前走ラジオNIKKEI賞は57キロのトップハンデが響いたが、レースの条件が合ったことが好走の要因。

 

Twitter(←アカウント)へ的中報告(←こちら)を送って頂いた方へお礼を申し上げます。

無料穴馬はLINEでご覧ください。

無料メルマガではローズステークス、セントライト記念の無料穴馬、調教推奨馬にくわえ、人気薄出走馬の考察をお届けする予定です。

(波乱がなさそうな場合は、無料穴馬のお届けをお休みさせて頂きます。)

-オールカマー 予想, 穴馬 予想
-, ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2019 All Rights Reserved.