神戸新聞杯

神戸新聞杯 2017 穴馬と危険な人気馬の特徴

更新日:

オールカマー 神戸新聞杯 2017 穴馬

オールカマーと神戸新聞杯の穴馬候補を(←こちら)の紹介文へ更新。

※ ランキングの順位の確認方法が分からない場合はこちら(←クリック)をご覧ください。

2017年は無料メルマガで下記の穴馬をお届けさせて頂きました。

セントウルS 6番人気2着 ラインミーティア
札幌2歳S 7番人気3着 ダブルシャープ
キーンランドカップ 12番人気1着 エポワス
エルムS 8番人気3着 ドリームキラリ
アイビスSD 8番人気1着 ラインミーティア
小倉記念 6番人気3着 フェルメッツァ
函館記念 14番人気2着 タマモベストプレイ
プロキオンS 6番人気3着 ブライトライン
ラジオNIKKEI賞 8番人気2着 ウインガナドル
函館スプリントS 7番人気3着 エポワス
エプソムカップ 6番人気3着 マイネルハニー
フローラS 12番人気1着 モズカッチャン
日経賞 7番人気2着 ミライヘノツバサ
毎日杯 7番人気3着 キセキ
フラワーカップ 8番人気2着 シーズララバイ
弥生賞 8番人気2着 マイスタイル
阪急杯 7番人気1着 トーキングドラム
中山記念 8番人気2着 サクラアンプルール
京成杯 7番人気2着 ガンサリュート
フェアリーS 7番人気3着 モリトシラユリ

10月から期間限定で有料(3か月3240円)で穴馬をお届けさせて頂きます。

詳しくはこちらのページ(←クリック)をご参照ください。

 

神戸新聞杯 消えた人気馬

2016年
2番人気5着エアスピネ:距離のリスクはシビアに出てきた点が敗因。
3番人気6着ナムラシングン:3コーナーでポジションを押し上げ始めたが、しまいの伸びを欠く要因となった。
5番人気4着カフジプリンス:

2015年
2番人気13着マッサビエル:
4番人気7着アルバートドック:距離が長かった。
5番人気14着キロハナ:

2014年
2番人気4着サトノアラジン:
3番人気7着トーセンスターダム:2000m以下の方がよく、休み明けの影響も感じさせた。
4番人気13着ウインフルブルーム:距離が長く、条件が合わなかった。
5番人気6着ハギノハイブリッド:敗因不明。スランプに陥っていたか。

2013年
3番人気7着ラストインパクト:
4番人気17着ヒルノドンカルロ:能力で劣った。
5番人気8着テイエムイナズマ:後方からレースをしており、持ち味生きず。

2012年
3番人気7着ヒストリカル:休み明けでプラス22キロが堪えたか。
4番人気10着ベールドインパクト:
5番人気9着カポーティスター:強行軍でマイナス8キロと体重が減っていた。

2011年
4番人気5着ショウナンマイティ:体重が8キロ減っており、輸送が響いたか。
5番人気4着スマートロビン:

2010年
3番人気5着レーヴドリアン:
4番人気10着シルクオールディ:決め手に欠けた。

2009年
1番人気4着アンライバルド:中盤のラップがゆったり流れ、瞬発力で劣った。
2番人気11着アントニオバローズ:
4番人気9着アプレザンレーヴ:上半身の盛り上がり以外余裕は感じさせなかったが、プラス24キロと体重が大幅に増えていたことが敗因につながったか。

 

無料メルマガでは不定期で穴馬などをお届けしています。詳しくはこちら(←クリック)をご覧ください。

 

神戸新聞杯 穴馬の特徴

2014年9番人気3着トーホウジャッカル:有料メルマガで自信の穴馬推奨。条件が合ったことが好走の最大の要因。前走1000万条件で2着という結果も、やや脚を余した感があり、古馬相手に斤量が1キロ少ないだけであった。その後の結果からも能力的に通用した。

2013年7番人気2着マジェスティハーツ:距離が若干長かったが、直線が長い阪神外回りコースが合った。

2012年8番人気2着ロードアクレイム:有料メルマガで自信の穴馬推奨。菊花賞を最後に引退することとなったが、馬体の面からも重賞で好走できる資質があった。春よりも成長を伺わせたが、その点も好走の要因。

2009年7番人気1着イコピコ:前走ラジオNIKKEI賞は57キロのトップハンデが響いたが、レースの条件が合ったことが好走の要因。

 

情報がお役に立っていれば、一日一回(←こちら)のクリックをお願いします。

 

有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)では馬体診断による推奨馬とともに、より馬券に直結する重賞データ、明確な穴馬と危険の人気馬のパターン、人気薄の穴馬をお届けしています。

新潟記念〇△馬連2480円本線4点的中。レパードSは9万馬券的中!!

-神戸新聞杯
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.