函館記念 予想

函館記念穴馬は?出走馬の取捨のポイント

投稿日:

NIKKEI賞は、で穴馬候補とした9番人気マイネルサーパスが2着に。

2019年函館記念出走馬で穴馬の特徴に符合した馬、2019年函館記念の穴馬候補をランキングの備考欄へ更新。

←70位くらい

[最強]競馬ブログランキングへ←50位くらい

 

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

先週の有料メルマガは、プロキオンSで1番人気マテラスカイを馬連の対象から外し、7番人気ウインムート、アルクトスを馬連の軸にし、○▲で1930円本線1点的中。

七夕賞は10番人気エンジニアを本命に推奨。12番人気3着ロードヴァンドールを穴馬に推奨したものの天候が崩れる誤算もあり不的中。

プロキオンSは最低限の結果を残すことが出来、ラジオNIKKEI賞で★○▲3連複26540円14点的中、マーメイドS△★△馬連19380円13点的中に続き、3週連続の的中。

函館記念も当てにいかず思い切って人気薄を抜擢していきます。

今回は函館記念の取捨のポイントをお届けします。

有料メルマガ(←クリック)は、今年最後の半額購読サービスを行っていますのでこの機会をご利用ください。

先週の七夕賞はLINE無料メルマガでお届けした調教推奨馬12番人気ロードヴァンドールが3着に。

条件が合うこともあり有料メルマガで穴馬に推しましたが、参考となっていれば幸いです。

今週は函館記念の無料穴馬を無料メルマガ(←クリック)とLINEでお届けする予定です。(波乱がなさそうな場合は予告なくお休みとなります)

ブログでは無料穴馬をお届けしていません。

読者の方からTwitter(←アカウント)にて的中報告(←こちら)を頂戴しました。

無料メルマガ(←クリック)では、無料穴馬、調教推奨馬、G1レース出走馬の取捨のポイントと人気薄の出走馬馬体考察をお届けしています。

Twitter(←アカウント)でもたまに無料で穴馬をお届けしていますのでフォローしておいてください。

 

先週の有料メルマガは、プロキオンSで1番人気マテラスカイを馬連の対象から外し、7番人気ウインムート、アルクトスを馬連の軸にし、○▲で1930円本線1点的中。

プロキオンSは最低限の結果を残すことが出来ました。

七夕賞は10番人気エンジニアを本命に推奨。12番人気3着ロードヴァンドールを穴馬に推奨したものの天候が崩れる誤算もあり不的中。

ラジオNIKKEI賞で★○▲3連複26540円14点的中、マーメイドS△★△馬連19380円13点的中に続いて、3週連続の的中をお届けすることが出来ましたが、当てにいかず思い切って人気薄を抜擢していきます。

今年最後の半額購読サービスを行っていますのでこの機会をご利用ください。

今年の函館記念の出走馬を見ると、重賞2勝でG1レース2着2回のエアスピネルが実績最右翼。京都新聞杯勝利など重賞実績豊富なステイフーリッシュが続き、メートルダール、マイスタイル、スズカデヴィアスなど重賞で実績のある馬が複数おり悪くないメンバー。

函館記念の過去の結果を見ると、2017年、2016年、2012年、2011年、2007年、2003年、2001年は馬連のオッズが8000円以上の高配当で決着しており、波乱含みのレース。

そのため、今年の函館記念も人気薄を狙いたいところ。

週末の函館は降雨の予報となっており、それにより狙う馬を変える必要があり、予想のポイントとなります。

[函館記念 取捨のポイント]

エアスピネル:8か月振りのレースで仕上がりがひとつのポイント。能力は最上位だが58キロを背負う。ペース次第の面もある。

ステイフーリッシュ:馬体を見る限り小回りコースはあまり合わないが結果を残しており問題ない。洋芝の適性も何とも言えない。

レッドローゼス:前々走を除けば安定して結果を残している。条件は悪くない。血統的にも洋芝は合う可能性がある。56キロであれば。当日より馬場が回復しそうな点は追い風。

マイスタイル:洋芝の適性は何とも言えない。前有利の流れとなれば浮上しえペース課題。

ポポカテペトル:条件は合う。前走大敗は気になるところで、能力の衰えがないかという点が課題。

ナイトオブナイツ:血統的に洋芝は合い、道悪も問題ない。距離は1800mの方が比較的合い、タフなペースとなればマイナスになる。

メートルダール:上がりがかかる差しが利く馬場であれば条件は悪くない。57キロを背負うが斤量を克服できる能力があるかが鍵。

スズカデヴィアス:前走59キロを背負ってオープンのレースで結果を残しているが、まだ衰えはないよう。57.5キロを背負う点は気になる。

マイネルファンロン:血統的に洋芝が合う可能性はある。小回りコースの2000mはベストの条件。能力的に通用しえるかが鍵。

ブラックバゴ:2000mはベストの距離で、決め手が生きるかがポイント。洋芝に適性をみせておかしくない。斤量が55キロに減る点は好材料だが、近走結果が出ておらず能力的に終わっている可能性はあるが。

ゴールドギア:洋芝では2戦1勝2着1回。2着も上がり最速をマークしており脚を余した感があった。小回りコースの2000mで結果を残している。厳しい流れはあまり合わないはず。

ドレッドノータス:条件的には合うが、道悪の方が望ましく、55キロの方がよかった。近走結果が出ておらず衰えがないかがポイント

アメリカズカップ:広いコースの方が合う。道悪巧者で、馬場の悪化があれば。

アーバンキッド:母方は重めの血統で洋芝が合う可能性はある。距離は不安材料で、その点からも展開の恩恵が欲しい。

マイネルサージュ:前走より斤量が3キロ軽く55キロで出走できる点は好材料。馬場が悪化した方がよかった。

カルヴァリオ:函館は2戦2勝。血統的にも洋芝の適性を有している可能性がある。距離を克服できれば。

 

 

※ 下記は無料でお届けした穴馬

マーメイドS 7番人気1着 サラス
エプソムカップ 7番人気2着 サラキア
京都新聞杯 11番人気1着 レッドジェニアル
アーリントンカップ 7番人気2着 カテドラル
阪神牝馬S 9番人気3着 ミエノサクシード
ダービー卿CT 7番人気3着 マイスタイル
中山牝馬S 5番人気1着 フロンテアクイーン
弥生賞 8番人気1着 メイショウテンゲン
チューリップ賞 7番人気3着 ノーブルスコア
オーシャンS穴馬 7番人気3着 ダイメイフジ
きさらぎ賞 7番人気3着 ランスオプラーナ
愛知杯 8番人気1着 ワンブレアウェイ

次回はは両方の無料穴馬を無料メルマガ(←クリック)とLINEでお届けする予定です。

-函館記念 予想
-, ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2019 All Rights Reserved.