函館2歳ステークス 予想 穴馬 予想

函館2歳ステークス 2019 予想 穴馬の特徴と穴馬候補

更新日:

NIKKEI賞はでお伝えした9番人気マイネルサーパスが2着に。

函館記念は[最強]競馬ブログランキングでお伝えした9番人気マイネルファンロンが2着と好走。

2019年中京記念出走馬で穴馬の特徴に符合した馬、2019年中京記念の穴馬候補をランキングの備考欄へ更新。

←70位くらい

[最強]競馬ブログランキングへ←50位くらい

 

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

今回は過去函館2歳ステークスで、人気薄で走った穴馬の特徴と2019年中京記念出走馬で穴馬の特徴に符合する馬をお届けします。

函館記念は、LINE無料メルマガでお届けした調教推奨馬マイスタイル(1着)とマイネルファンロン(2着)で決着。

七夕賞は12番人気ロードヴァンドールが3着に。

函館2歳ステークスの調教推奨馬は木曜夜お届けの予定です。

函館記念は出走馬の取捨のポイントもお届けしました。

 

※ 下記は配信でお届けした考察

マイスタイル:洋芝の適性は何とも言えない。前有利の流れとなれば浮上しえペース課題。

マイネルファンロン:血統的に洋芝が合う可能性はある。小回りコースの2000mはベストの条件。能力的に通用しえるかが鍵。

 

取捨のポイント、無料穴馬、調教推奨馬は、無料メルマガ(←クリック)とLINEでお届けしています。

 

 

 

[函館2歳ステークス 穴馬の特徴]

○ 2018年函館2歳ステークス:7番人気2着ラブミーファイン

前走1800mをつかわれていたため人気がなかったが、前走を勝利した際は、前残りで距離を克服できたものと思われる。

体型は短距離志向で、距離短縮でパフォーマンスを上げた。

 

○ 2017年函館2歳ステークス:12番人気2着ウインジェルべーラ

2番手を追走したが、前半600m34秒5とペースが落ち着いて展開の恩恵があった。

デビュー戦の内容も悪くなかった。

2019年函館2歳ステークス出走馬で似た特徴の馬をランキングへ更新。

[最強]競馬ブログランキングへ←50位くらい

 

○ 2016年函館2歳ステークス:12番人気3着タイムトリップ

自信の穴馬推奨。地味な存在で人気がなかったが、前走は2着に0秒2差をつけて完勝していた。

前でレースをする馬が有利な状況を追い風に。

2019年函館2歳ステークス出走馬で似た特徴の馬をランキングへ更新。

←70位くらい

 

○ 2014年函館2歳ステークス:11番人気2着タケデンタイガー

前走2戦目で未勝利を脱出し、前走で減っていた体重も戻っておりパフォーマンスを上げた感がある。

 

○ 2013年函館2歳ステークス:9番人気2着プラチナティアラ

ミスプロのクロスがある点が特徴的。

前々走デビュー戦は散々な結果も、前走は上り最速をマークしていたが、人気がなさ過ぎた。

 

○ 2007年函館2歳ステークス:6番人気1着ハートオブスマイル

重馬場で行われたが、父ジョリーズヘイローの産駒は芝、ダート問わず時計のかかる馬場で強い馬が多く、馬場の悪化が追い風となった。

 

○ 2007年函館2歳ステークス:11番人気2着ジョイフルスマイル

差しが決まる展開と、父がマヤノトップガンで時計がかかったことが追い風となった。

 

○ 2006年函館2歳ステークス:7番人気1着ニシノチャーミー

上位を外枠の馬が占めており馬場も影響したよう。

 

○ 2006年函館2歳ステークス:8番人気3着シャトルリューズ

内枠の人気馬が下位に沈んでいたが、上位を占めた外枠も有利に。

 

○ 2002年函館2歳ステークス:6番人気2着トーホウアスカ

前走ダート戦とはいえ、2着に1秒0差をつける完勝。

父チーフベアハートと芝向きで、時計のかかる馬場であったことと、逃げるレースをしたが前半600m34秒2とペースが落ち着いたことも好走の要因。

 

 

[函館2歳ステークス 消えた人気馬の特徴]

○ 2018年函館2歳ステークス

1番人気9着ナンヨーイザヨイ:距離が忙しかった。
4番人気8着スズカカナロア:直線で前が壁になる不利もあった。
5番人気14着ホールドユアハンド:ダートで結果を残していたが、芝の適性で劣った。

○ 2017年函館2歳ステークス

2番人気6着ナンヨープランタン:1400mから1800mが合うと感じた点から評価を大幅に割り引いて押さえの押さえまでとしたが、レース後の陣営が残した距離が忙しいというコメントからもやはりその点がネックとなった。
3番人気12着ベイビーキャズ:ペースが落ち着いて後方からのレースとなったことが響いた。
5番人気5着パッセ:

○ 2016年函館2歳ステークス

3番人気5着ドゥモアゼル:
4番人気7着ロイヤルメジャー:プラス10キロと体重が増えていた。
5番人気8着ガーシュウイン:外枠と後方からのレースが響いた。

○ 2015年函館2歳ステークス

2番人気7着メジェルダ:
4番人気6着ラッキーボックス:故障発生。
5番人気14着オデュッセウス:前走上がりが平凡で、能力が足りなかった。

○ 2014年函館2歳ステークス

1番人気5着マイネルエスパス:
3番人気10着スルターナ:能力的に足りなかった。
5番人気8着クールホタルビ:重賞の速い流れに対応できなかった。

○ 2013年函館2歳ステークス

2番人気4着オールパーパス:
4番人気12着ファイトバック:このレース後、1勝も出来ず。能力が足りなかった。
5番人気5着ハッピースプリント:芝で実績がなかった。

○ 2012年函館2歳ステークス

1番人気5着アットウィル:出来がよくなかった。
4番人気11着(8位入線)ローガンサファイア:前走の内容が平凡でマイナス14キロと体重が減っていた。

○ 2011年函館2歳ステークス

1番人気4着コスモメガトロン:
3番人気11着エクセルシオール:前走逃げ切るも、ペース、上りともに平凡。

○ 2010年函館2歳ステークス

4番人気9着トラストワン:
5番人気5着タイセイファントム:

○ 2008年函館2歳ステークス

4番人気7着コパノマユチャン:このレース後、芝で1勝も出来ず。能力が足りなかった。
3番人気14着ティーズハイビガー:

 

※ 有料メルマガでは、穴馬とともにより明確な穴馬、危険な人気馬の共通点や特徴をお届けしています。

 

※ 下記は無料でお届けした穴馬

マーメイドS 7番人気1着 サラス
エプソムカップ 7番人気2着 サラキア
京都新聞杯 11番人気1着 レッドジェニアル
アーリントンカップ 7番人気2着 カテドラル
阪神牝馬S 9番人気3着 ミエノサクシード
ダービー卿CT 7番人気3着 マイスタイル
中山牝馬S 5番人気1着 フロンテアクイーン
弥生賞 8番人気1着 メイショウテンゲン
チューリップ賞 7番人気3着 ノーブルスコア
オーシャンS穴馬 7番人気3着 ダイメイフジ
きさらぎ賞 7番人気3着 ランスオプラーナ
愛知杯 8番人気1着 ワンブレアウェイ

重賞の無料穴馬は、無料メルマガ(←クリック)とLINEでお届けしています。(波乱がなさそうな場合は予告なくお休みとなります)

 

-函館2歳ステークス 予想, 穴馬 予想
-, ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2019 All Rights Reserved.