富士ステークス 予想 穴馬 予想

富士ステークス 2019 予想 人気薄の買い材料と穴馬の特徴

投稿日:

2019年菊花賞の穴馬候補をランキングの備考欄へ更新。

←200位くらい

[最強]競馬ブログランキングへ←80位くらい

 

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

府中牝馬Sは無料メルマガ(←クリック)でお届けした無料穴馬9番人気フロンテアクイーンが2着に好走。

Twitter(←アカウント)へ的中報告(←こちら)を送って頂いた方へお礼を申し上げます。

無料穴馬がお役に立っていれば、台風19号の災害募金(←こちら)にご協力頂ければ幸いです。

次回配信では富士ステークスの穴馬をお届けする予定です。

調教推奨馬は昨日配信。配信後も前回配信分が届くため、登録後すぐに読むことが出来ます。

先日、有料メルマガ読者の方へ秋華賞の回顧とエリザベス女王杯の展望をお届けさせて頂きました。

可能な限り馬券に直結する情報をお届け出来るよう努めてまいりましたが、最近は競馬を純粋に楽しむための情報が乏しかったと反省しています。

毎週レース後、翌週のレースと翌年のため、レースや自身の予想を振り返ってきましたが、その内容に一部を追記したものをお届けさせて頂きました。

無料情報においても出来るだけ面白い情報をお届け出来ればと思います。

今回は富士ステークスの読者の方からの質問と回答、富士ステークス人気薄出走馬の買い材料、富士ステークス穴馬の特徴をお届けします。

 

[読者の方からの富士S出走馬への質問と回答]

>富士ステークスはアンノートルに魅力を感じます。近走は確変ではありませんが1600mは良い結果が見られており、期待してしまいます。
相手は流石に強いと思いますがさとよしさんの見解はいかがでしょうか。

有料メルマガをご購読頂きましてありがとうございます。
まず今年の富士Sにおいてアンノートル、というよりも人気薄の馬をチョイスされたことは大変素晴らしいと存じます。
(割愛)

アンノートルは馬体写真がない点から取捨が難しい1頭です。
しかしながら、 仰られます通り近走の内容から切るに切れないというのが現在の評価です。

特別な買い材料がある絶対評価ではなく、他馬との比較という形の相対評価となります。
(割愛)
現在情報を編集中のため、詳細に関しては配信でお伝えさせて頂きます。

お問い合わせ頂きましてありがとうございました。

重賞出走馬の質問募集中

 

[富士ステークス 2019 人気薄出走馬の買い材料]

ジャンダルム:前走京成杯AHは3着と好走。素質馬で復調の兆しあり。

ストロングタイタン:距離が嫌われているが、馬体を見る限りマイルは対応できておかしくない。

キャンベルジュニア:近走結果が出ていないが、1600mでは休み明けやG1を除けば結果を残しており底を見せていない。道悪の適性、脚質の両面から馬場の悪化はマイナスとなりえる。

アンノートル:5勝はいずれも1600m。前走1800mのエプソムカップで敗れているが、距離短縮はプラス材料。

ダッシングブレイズ:道悪で結果を残しており、馬場の悪化があれば。

イレイション:休み明けだが、鉄砲実績はある。

メイショウオワラ:直線が長いコースのマイル戦で結果を残している点は好材料。

ショウナンライズ:馬体を見る限り道悪はかなり走る可能性がある。

トミケンキルカス:レースをつかわれている点はアドバンテージ。前でレースをする馬がそれほどおらずペースが落ち着けば。

リコーワルサー:ダートをつかわれ続けてきているが、前走芝でさして差のないレースをしており、戦績を見る限り距離短縮はプラスとなりえる。馬場の悪化があれば。

 

[富士ステークス 穴馬好走要因]

○ 2017年富士ステークス:11番人気3着ウインクルーガー

パワフルな走法をしており、母の父もウォーニングの系統という血統で、道悪が追い風となった。

前走は故障明けで1年振りのレースも、その前はG2を勝利しており、人気の盲点になっていた面もあるか。

○ 2014年富士ステークス:13番人気2着シャイニープリンス

前年3着と好走していたが再度馬券に絡む結果。

コースが合ったことが好走の要因で、距離もベストであった。

○ 2013年富士ステークス:9番人気2着リアルインパクト

穴馬推奨。58キロを背負っていたが、克服できる能力があり、同じ距離、コースの安田記念を制しているが、条件も悪くなかった。

前でレースをする馬が残り、展開が向いたことも好走の要因。

○ 2013年富士ステークス:14番人気3着シャイニープリンス

前走信越Sは休み明けでたたかれた上積みがあったよう。

1400mまでしか勝利がなかったが、56キロのトップハンデを背負っていたラジオNIKKEI賞やNHKマイルカップは勝ち馬0秒3差と善戦しており、それまでは3連勝していた。

距離や能力的に問題なく、人気の盲点であった。

○ 2011年富士ステークス:6番人気2着アプリコットフィズ

この年は精神的な面で問題があったためか不調が続いていたが、前走京成杯AHで2着と復調気配をみせていた。

○ 2010年富士ステークス:14番人気2着ライブコンサート

気性的なものか、ムラ駆けする傾向があるため、いつ走るか分からない部分がある馬だが、この条件は走る馬。

○ 2010年富士ステークス:13番人気3着ガルボ

前走ラジオNIKKEI賞はハンデ戦で57キロを背負っていたことも堪える結果となっており、前走、前々走はG1レース。

先行するレースをして前半800m46秒8後半800m46秒0と決め手勝負になったことともに、時計の速い馬場も追い風であった。

○ 2009年富士ステークス:6番人気1着アブソリュート

休み明けは比較的走る馬で、休み明けで体重が増えていたが、前々走で大幅に減っていたため問題なかった。

ペースが上がった方がいい馬で、逃げ先行馬が壊滅する流れも追い風となった。

○ 2009年富士ステークス:11番人気2着マルカシェンク

ケイアイライジン、ザレマ、ストロングガルーダなどが人気になっており、レベルが低かったことが大きく荒れた要因。

○ 2009年富士ステークス:15番人気3着マイケルバローズ

休み明けをたたかれた前走朱鷺Sで14番人気ながら勝利しており、その余勢を駆ってこのレースでも激走したが、完全に侮られていた。

○ 2007年富士ステークス:7番人気2着マイケルバローズ

4走前にオープン入り。3走前、前々走は体重が増えて凡走していたが、前走でマイナス12キロと絞れて好走。

○ 2006年富士ステークス:16番人気1着キネティクス

前走ダート戦をつかわれており、侮られていたが、昨年の3着馬。休み明け3走目で、つかわれるごとに体重が絞れていたことも好走の要因。

Twitter(←アカウント)へ的中報告(←こちら)を送って頂いた方へお礼を申し上げます。

無料メルマガでは無料穴馬、調教推奨馬にくわえ、人気薄出走馬の考察をお届けしています。

(波乱がなさそうな場合は、無料穴馬のお届けをお休みさせて頂きます。)

-富士ステークス 予想, 穴馬 予想
-, ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2019 All Rights Reserved.