競馬 予想

フラワーカップ 2018 穴馬は? 取捨のポイント

投稿日:

有料穴馬は金鯱賞で8番人気2着サトノノブレスを穴馬推奨。

※ 下記は有料穴馬で推奨した主な穴馬

金鯱賞 8番人気2着 サトノノブレス
共同通信杯 10番人気3着 エイムアンドエンド
きさらぎ賞 5番人気3着 ラセット
東京新聞杯9番人気4着デンコウアンジュ
シルクロードS 5番人気2着 セイウンコウセイ
東海S 13番人気2着 コスモカナディアン
AJC杯9番人気4着ディサイファ
京成杯10番人気4着ライトカラカゼ
ターコイズS 7番人気3着 デンコウアンジュ
京阪杯 9番人気1着 ネロ
武蔵野S 8番人気2着 サンライズソア
スワンS 12番人気2着 ヒルノデイバロー

LINEでも無料で重賞の穴馬など有料情報の一部をお届けしています。

 

[フラワーカップ 2018 出走馬考察]

ロックディスタウンは前走阪神JFで敗れているが、1800mの方が合う印象で、コースともに合う。休み明け、気性難が課題。

カンタービレは父系のサンデーサイレンスの影響を感じさせる。前走2着に0秒5差をつけて完勝しているが、レース内容から通用しえる。コース適性が課題。

トーセンブレスは阪神JFでは4着という結果であったが、前々走アルテミスSは直線で若干窮屈なレースとなったが力負けの感があった。走法を見る限り中山も問題ないが。

メサルティムは母の父キングカメハメハの影響を感じさせる馬体のつくりだが、ある程度距離に限界がありそうで1600m1800m辺りが合う印象。コースも問題ない。連勝中で底を見せていない点も魅力。

ノームコアは毛色や丸みを帯びたボリュームのあるシルエットを見ると母の父クロフネの影響が出ているよう。1800mで勝っているが、胴の短さから本質的にはマイラーで、1800m以下がいいはず。2戦2勝だがレース内容はそれほどよくなかった。

ノーブルカリナンは胴が長めなフォルムであるが、ディープインパクト産駒としては少し重さを感じさせるフォルムで母方の影響が出ているか。前走エルフィンSは2着と好走しているが、悪いレース内容ではなかった。

モルフェオルフェは距離は対応できてもおかしくはない。前有利の流れとなれば。

バケットリストは中山芝1800mで結果を残しており、脚質的な面からも条件は合うはず。

インヴィジブルワンは前走ダートで初勝利を挙げているが、馬体を見る限り芝の方が合う印象。実際に芝でも2着と好走している。距離は中距離に本質があり、前でレースができる点から条件は悪くない。

ウスベニノキミは前走上がり最速をマークして勝利しているが、馬体を見る限り切れるタイプという印象はない。ひとつ勝って軌道に乗る可能性はあるが。

カラリエーヴァは前走初勝利を挙げたが、時計はいまひとつ。条件は合いそうだが。

ファストライフは2勝を挙げるレベルの能力はありそう。1800mの距離で出走経験がない点が課題。

キープシークレットはダートで勝利しているが、芝で凡走が続いている。デビュー前の馬体を見ても微妙な感がある。

 

LINEでは無料で重賞の情報をお届けしています。

 

無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でも穴馬をお届けしてまいります。

 

重賞レースの過去の傾向、穴馬と危険な人気馬の特徴は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けしています。

Twitterでは競馬ネタをつぶやいています。

読者の方から的中報告(←こちら)を頂戴しました。

-競馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.