フェブラリーステークス 予想

16番人気ミライヘノツバサ勝利 フェブラリーS 調教で動きがいい馬は!? 出走馬取捨のポイント

投稿日:

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

今回は2020年フェブラリーS出走馬の考察をお届けします。

無料メルマガではダイヤモンドS16番人気1着ミライヘノツバサを調教推奨!!

フェブラリーSの人気薄調教推奨馬は、無料メルマガ(←クリック)でご覧ください。

登録後、前回配信分が届くためすぐ読むことが出来ます。

 

[フェブラリーS 取捨のポイント]

モズアスコット:前走根岸Sでは58キロを背負って勝利しており素直に評価が必要。相手強化と2走ボケがないかがポイント。

インティ:前年より短距離色が強くなっており条件は合う。勝利した昨年は展開が向いた。昨年よりも勢いがない点が気になるところ。

サンライズノヴァ:休み明けのマイルCS南部杯を完勝しているが、ゴールドドリームなどを破っておりここでも通用しえる。距離、コースなどの条件がどうかがポイントのひとつ。

アルクトス:マイルCS南部杯は2着に終わったが休み明けで、それまで連勝中と底を見せていない点は魅力。今回も休み明けでその点がどうか。

ヴェンジェンス:。馬体を見る限り距離不足という印象を持ったが、1400mでも結果を残しており問題ないと現実的な判断をしたい。前走東海Sは筋肉量が感じられずそれほど出来がいいと感じなかったが、元来そういったつくりのよう。

ノンコノユメ:昨年は出遅れが響いたが、近走は問題なく安定して走っている。条件は申し分なく、大きな衰えはないため好走の可能性はある。

デルマルーヴル:近走は安定して走っており、1400mでも2勝と短距離での実績はある。状態、素質ともに悪くないといったところ。

ワイドファラオ:勝ち切るまでの能力は感じられないが、馬体の面からもユニコーンSを勝っている点からも条件は合う。ストームキャット系は好不調があり、近走結果が出ていないが、近走をどう見るべきか。

 

波乱がありそうな重賞レースで、無料メルマガ(←クリック)で無料穴馬をお届けします。

無料メルマガは2006年創刊、読者数3000人以上。

Twitter(←アカウント)へ的中報告(←こちら)を送って頂いた方へお礼を申し上げます。

-フェブラリーステークス 予想
-, , , , , ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.