フェブラリーステークス 予想

フェブラリーS 2019 予想 展望と取捨のポイント

更新日:

フェブラリーステークスの穴馬の特徴に符合した馬、フェブラリーステークス穴馬候補をランキングの備考欄へ更新しました。

順位は100位くらい

順位は60位くらい

 

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

きさらぎ賞は無料メルマガ(←クリック)とLINEでお届けした無料穴馬7番人気ランスオブプラーナが3着に

愛知杯8番人気1着ワンブレスアウェイに続いて2週連続無料穴馬が馬券に。

中山金杯は9番人気タニノフランケルが3着と好走。

無料穴馬は無料メルマガ(←クリック)とLINEでお届けしています。

読者の方からTwitterにて的中報告(←こちら)を頂戴しました。

Twitter(←フォローお返ししています)では競馬ネタ中心につぶやいてます。

 

 


先週の有料穴馬はクイーンカップで推奨した7番人気ジョディーが3着に。

2着に入っていればよかったのですが、お役に立っていれば幸いです。

有料穴馬ご案内

 

有料メルマガは、無料メルマガで京都記念が最も的中の可能性が高いとお伝えしましたが、◎○×で馬連1510円5点、3連単17060円10点的中。

クイーンカップも、高回収の馬単が1着→3着という結果に終わりましたが、◎×★で3連単4850円本線2点(計8点)的中。

有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」

出走馬を3回ほど見返している効果かいい予想が出来ていると思いますが、今週も丁寧に取捨していきたいと思います。

今週は今年最初のG1・フェブラリーSが行われます。

出走予定馬を見ると、まずまずのメンバーで水準以上のレベルにあると思います。

 

[フェブラリーS 取捨のポイント]

インティ:東海Sのパフォーマンスは圧巻。距離短縮の適応力が鍵。

ゴールドドリーム:近走よりパフォーマンスを上げる可能性がある。

オメガパフューム:距離が課題。成長があれば。

コパノキッキング:距離延長はマイナスになりえる。ペースに左右される面はある。

サンライズノヴァ:前走の負け方が気になる。条件も合い、展開次第では好走の可能性あるが。

サンライズソア:好調を維持できているかどうかが好走の最低条件。同型が多いが。

ノンコノユメ:衰えつつありそうだが、上向いていれば。

ユラノト:距離延長でパフォーマンスを上げるかどうか。

クインズサターン:条件は合う。他馬がこければ。

モーニン:2016年の勝ち馬。前走根岸Sは58キロも0秒7差は負けすぎの感がある。

アンジュデジール:東京コースは課題。マイペースでいければ。

レッツゴードンキ:(回避予定)

サクセスエナジー:距離はペース次第で克服できるか。実績はあるが。

ワンダーリーデル:距離が課題も、近走それほど負けてない。

ナムラミラクル:距離、コースは悪くない。同型が強力。

 

近年のフェブラリーSは平穏な結果でしたが、今年のメンバーを見ると、波乱、平穏両方ともありそうです。

堅い結果もありえるでしょうが、現時点では割り切った組み合わせを買う予定。

また、人気薄の馬で面白い馬が2頭おり、3連複もしくは3連単は買う価値がある馬券がある感じです。

フェブラリーS以外の重賞を見ると、ダイヤモンドSは少し難しい状況。

ユーキャンスマイル
グローブシアター
ウインテンダネス
ソールインパクト
カフェブリッツ
ルミナスウォリアー
ブライトバローズ
ピッツバーグ
ララエクラテール
サンデームーティエ

明確な軸馬、好走の可能性が高いという馬が見当たらないという状況。

そのため、人気薄を抜擢しても面白いかもしれません。

小倉大賞典は例年穴をねらうべきレースで、妙味という点では面白いと思います。

タニノフランケル
クロコスミア
スティッフェリオ
マイスタイル
エアアンセム
ケイティクレバー
マウントゴールド
ブラックスピネル
マルターズアポジー
サーブルオール

中々のメンバーが揃っていますが、ペースが速くなりそうで、その辺りもポイントになるでしょう。

馬場がもってくれれば、妙味のある馬をお届け出来ると思います。

京都牝馬Sに関しては、予想の材料が乏しいため情報をお届けしない予定です。

 

フェブラリーステークス 2019 予想 穴馬の特徴と穴馬候補

 

今週の重賞無料穴馬は、レース当日午前8時ごろ、無料メルマガ(←クリック)とLINEでお届けする予定です。

無料穴馬予想はブログではお届けしていません。

-フェブラリーステークス 予想
-,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2019 All Rights Reserved.