CBC賞 予想 穴馬 予想

CBC賞 2019 予想 穴馬の特徴と穴馬候補

投稿日:

2019年CBC賞出走馬で穴馬の特徴に符合した馬、2019年CBC賞の穴馬候補をランキングの備考欄へ更新。

←100位くらい

[最強]競馬ブログランキングへ←70位くらい

 

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

今回は過去CBC賞で、人気薄で走った穴馬の特徴をお届けします。

さて、先週の宝塚記念はステッフィリオを本命に推すも、能力が足りなかったと思われます。

勝ったリスグラシューは、質問を送って頂いた読者の方へ下記のように回答させて頂きました

※ 下記は読者からの質問と回答

Q:リスグラシューは、調教後馬体重重目と気温の高い時の方が成績悪いのとで、消し予定。

A:気温が高い時の方がいい馬とは考えていません。予想の力を上げたいとお考えとのことですので、今一度戦績や敗れたレースの内容を確認された方がいいと存じます。

リスグラシューは、ある点から評価が必要な馬で、位置取りだけがネックになると考えて押さえまでとしましたが、鞍上のレーン騎手が上手く先行させたことが大きく、勝因のひとつでした。

2着キセキは割引材料が少なく、軸馬に向いた存在でした。

※ 下記はLINEでお届けした取捨のポイント

キセキ:枠、脚質、コースなど、割引材料が少ない馬。

3着スワーヴリチャードもキセキ以上の評価としましたが、アルアイン、レイデオロ、マカヒキなどは不安材料があるため軸は避ける、あるいは馬券の対象から外しました。

今年の宝塚記念は人気薄の馬に出番がなく不的中という結果となりましたが、評価した馬と軽視した馬がある程度想定した結果となっているため、引き続き丁寧に考察を進めてまいります。

さて、今月の調教推奨馬は、ユニコーンS8番人気ヴァニラアイス、エプソムカップ11番人気ショウナンバッハ、安田記念13番人気グァンチャーレはいずれも4着と惜しい結果でしたが、宝塚記念で推奨したアルアインも4着という結果。

ラジオNIKKEI賞とCBC賞の調教推奨馬は無料メルマガでご覧ください。

前回配信分が届きますのですぐに読むことが出来ます。次回配信がされると読むことが出来ないため早めに登録をお願いします。

能力、適性、その他の要素で買い材料が多い馬で、調教の動きがよければ評価を上げています。

特別動きがいい馬がいれば無条件に評価を上げています。

調教の動きがいい時は走る馬もいるため、前回好走した際に調教の内容がよかった馬が、再度動きがよければ面白い存在となります。

前回の無料穴馬配信は2頭とも馬券に。

マーメイドS無料穴馬7番人気サラスが勝利し、エプソムカップの無料穴馬7番人気サラキアが2着に。

今週はラジオNIKKEI賞、CBC賞いずれかもしくは両方の穴馬を無料メルマガ(←クリック)とLINEでお届けする予定です。

ブログでは無料穴馬をお届けしていません。

読者の方からTwitter(←アカウント)にて的中報告(←こちら)を頂戴しました。

無料メルマガ(←クリック)では、無料穴馬、調教推奨馬、G1レース出走馬の取捨のポイントと人気薄の出走馬馬体考察をお届けしています。

調教推奨馬は、日本ダービーは12番人気ロジャーバローズが勝利。ユニコーンS8番人気ヴァニラアイス、エプソムカップ11番人気ショウナンバッハ、安田記念13番人気グァンチャーレはいずれも4着と惜しい結果でした。

Twitter(←アカウント)でもたまに無料で穴馬をお届けしていますのでフォローしておいてください。

 

[CBC賞 穴馬の特徴]

○ 2018年CBC賞:9番人気2着ナガラフラワー

以前よりも成長しており、ハンデが52キロという恵量も生きた。

道悪はよくないようで、天候がもったこととペースが上がったことも追い風となった。

 

○ 2018年CBC賞:8番人気3着セカンドテーブル

前走プラス8キロと増えていた体重がマイナス10キロと絞れておりパフォーマンスを上げる結果に。

左回りは走るようで、条件はベストに近かった。前年も2着と好走しており、レースの適性が高かった。

 

○ 2017年CBC賞:8番人気3着アクティブミノル

本命推奨。坂のあるコースが合い、調教でA評価としたが、状態が上向いていたよう。

過去、パワータイプの馬がきていたが、その点に符合しており、レースの適性を有していた。

 

○ 2017年CBC賞:13番人気2着セカンドテーブル

たたき3走目で上向いていた。

スプリンターとしてはボリュームがなく胴が長いつくりから直線が長い中京が合ったことが好走の要因。

 

○ 2016年CBC賞:7番人気2着ラヴァーズポイント

自信の穴馬推奨。ペースが落ち着き、2番手を追走するレースであったが展開の恩恵もあった。

斤量が50キロと軽くなり好走。

2019年CBC賞出走馬で、似た特徴の馬をランキングの備考欄へ更新。

[最強]競馬ブログランキングへ←70位くらい

斤量が軽く、牝馬が強い時季でもある。

 

○ 2014年CBC賞:10番人気3着ニンジャ

坂のある中京のコースが合い、決め手が生きる馬場で脚質的な面からも条件はベストであった。

前走OP特別で3着と好走し復調していた。

 

○ 2012年CBC賞:7番人気2着スプリングサンダー

中京コースが合ったが、降雨があり重馬場も追い風になった。

2019年CBC賞出走馬で、似た特徴の馬をランキングの備考欄へ更新。

←100位くらい

金曜の時点で重馬場で、週末の天候からも馬場の悪化は必至と思われる。人気はほとんどない。

 

※ 下記は無料でお届けした穴馬

マーメイドS 7番人気1着 サラス
エプソムカップ 7番人気2着 サラキア
京都新聞杯 11番人気1着 レッドジェニアル
アーリントンカップ 7番人気2着 カテドラル
阪神牝馬S 9番人気3着 ミエノサクシード
ダービー卿CT 7番人気3着 マイスタイル
中山牝馬S 5番人気1着 フロンテアクイーン
弥生賞 8番人気1着 メイショウテンゲン
チューリップ賞 7番人気3着 ノーブルスコア
オーシャンS穴馬 7番人気3着 ダイメイフジ
きさらぎ賞 7番人気3着 ランスオプラーナ
愛知杯 8番人気1着 ワンブレアウェイ

次回は、ラジオNIKKEI賞、CBC賞いずれかもしくは両方の無料穴馬を無料メルマガ(←クリック)とLINEでお届けする予定です。

-CBC賞 予想, 穴馬 予想
-, ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2019 All Rights Reserved.