天皇賞春 予想 穴馬 予想

天皇賞(春) 2021 穴馬予想 人気薄の買い材料と穴馬の特徴

投稿日:

無料穴馬はLINEでお届けしています。

※ 下記はお届けした無料穴馬

皐月賞 8番人気2着 タイトルホルダー
桜花賞 8番人気3着 ファインルージュ
中山牝馬S 7番人気1着 ランブリングアレー
オーシャンS 6番人気3着 ビアンフェ
阪急杯 10番人気2着 ミッキーブリランテ
フェブラリーS 8番人気3着 ワンダーリーデル
共同通信杯 7番人気2着 ヴィクティファルス
日経新春杯 7番人気1着 ショウリュウイクゾ

 

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

今回は2021年天皇賞(春)人気薄の穴馬の買い材料や、過去で走った穴馬の特徴をお届けします。

天皇賞(春)の穴馬探しの参考となれば幸いです。

読者の方から、Twitter(←アカウント)へ的中報告(←こちら)を送って頂きました。

ありがとうございました。

Twitterでは、馬券のヒントなどをお届けしています。

 

天皇賞(春) 2021 人気薄の買い材料

オセアグレイト

3歳秋のセントライト記念時に潜在的なスタミナが要求される条件で、浮上する可能性が高まるタイプとお伝えした。

時計のかかる長丁場や潜在的なスタミナが要求される条件が合う。

母の母シンコウエルメスは、英愛ダービーとキングジョージの勝ち馬ジェネラスの半妹で、父がサドラーズウェルズ。かなり重めの血統で、その影響が出ていると思われる。

アルゼンチン共和国杯時に鞍上が2500mは長いというコメントを残していたが、ステイヤーズSは条件が合ったことが勝因。その点から自信の穴馬に推奨した。

2021年の天皇賞(春)は阪神で行われ、京都で行われる例年の天皇賞(春)よりも条件的に合う。

 

ナムラドノヴァン

母方のキングマンボの影響が出た体型と思われる。心肺機能が高い体型に見受けられないが、パワーと持続力があるタイプ。

筋肉量が豊富でその点が能力の源泉と思われ、特殊な条件で走る可能性がある。

前走阪神大賞典では、状態がいい点などから本命に推したが、道悪も追い風になり9番人気で3着と好走。

週末は降雨の予報となっているが、道悪でタフな条件となれば追い風で、馬場が極端に悪化して人気上位がそれに苦しむな様な状況となれば。

あるいは、もし阪神大賞典組が他の路線よりもレベルが高ければ、それらとともに好走するという可能性はある。

 

シロニイ

全体的に体高があり、骨格もしっかりしている点から父キングカメハメハの影響が出ている。

首さしが太く馬力型でパワーに優れたタイプでその点からダートで結果を残している。

阪神の長丁場は条件的に悪くない。独特な走り方をしているが、蹄の形もやや薄く道悪は問題なさそう。

 

ウインマリリン

フローラS時に初めて馬体を見た際、条件が合うレースが秋華賞くらいと少ないが牝馬G1でも好勝負可能で、重賞を複数勝てる素質があるとお伝えした。

2着と好走したオークスではオークスでは8枠16番に入っていたが、もし内枠に入っておりよりスムーズなレースであれば、デアリングタクトが窮屈なレースとなっていたことからも、この馬が勝利していた可能性があった。

エリザベス女王杯でも息の入らない流れの中を前でレースをして4着に踏みとどまっており、決め手を生かした実力馬が上位を占める結果を考えると非常に内容のあるレースであった。

ノームコアが飛ばして逃げていなければ勝ち負けは十分あった。

 

ディバインフォース

手脚が長い体型は父ワークフォースの影響が出ている。

菊花賞では16番人気と評価が非常に低かったが4着と好走。その前のレースの内容から一発もありえると考えて自信の穴馬、3連複の軸に推したが惜しい結果。

武豊騎乗で人気になる面はあるかもしれないが、水曜木曜はかなりの降水量があり、時計のかかる馬場になっている可能性がある。

土曜も一時雨という予報になっているが、まとまった降水量があれば、よりタフな条件となりこの馬に追い風となりえる。

 

ゴースト

筋肉量があるタイプではなく、腹のラインが幾分ゆったりしており、母方を中心にやや重めの血統からもある程度距離が延びていいタイプ。

道悪はスタミナが要求される条件になるため悪くはない。

長い距離は合い条件も問題ない。特殊な条件や展開となれば。

 

メイショウテンゲン

薄手でかっちりしたつくりなど、同じディープインパクト産駒のポルトドートウィユと体型が似ているが、ともに母の父はフレンチデピュティ系で血統構成の面も共通点があり、マカヒキなども同じ。

上がりがかかる点からもハイペースや道悪のレースで結果を残すタイプかもしれない。

きさらぎ賞時に、馬体に窮屈な部分がなくバランスは良好で、クラシックで好走して全くおかしくないとお伝えした。

道悪、長丁場ともに合い、精神的な不調でなければ。

 

マカヒキ

CBC賞などを勝ちスプリント路線で活躍したウリウリの全弟。

姉はディープインパクト産駒らしく薄手な体型でスプリント的な体型をしていないが、頭の位置が高いつくりで気性的な面が距離適性に影響を与えている面もあったよう。

余談となるが、サトノダイヤモンド、ディーマジェスティなどがいた世代は、3歳春に最強世代と呼ばれてレベルの高さが喧伝されていたが、ダービーの時点から層こそ厚いものの飛びぬけて強いわけではなく、過剰評価であるとお伝えしてきた。

2019年の大阪杯では自信の穴馬に推し、展開が向かなかったが10番人気で4着という結果で復調を感じさせた。

8歳という年齢だが衰えは明確ではない。

 

メロディーレーン

道悪はかなり走る。

菊花賞ではグチャグチャに悪化した馬場など特殊な条件でスタミナや長距離の適性が最大限に生きる状況であればと考えたが、降雨の影響で時計のかかる馬場となったことが追い風になり、勝ち馬と0秒4差の5着と大健闘。

長い距離に不安はなく、道悪は走る馬で時計のかかる馬場であればなおいい。

3走前は準オープンを勝利したアドマイヤポラリスに勝利している。

 

 

天皇賞(春) 穴馬の特徴

2016年天皇賞(春):13番人気2着カレンミロティック

自信の穴馬推奨。

前年のこのレースで3着という結果を残しており、時計や馬場の面からも秀逸な内容をみせていた。

近走は結果が出ていなかったが、京都大賞典は3着と好走しており能力の減退も明確でなかった。

 

2015年天皇賞(春):7番人気2着フェイムゲーム

馬体の張りなど申し分なく、状態はよかったが、それとともに時計のかかる馬場となっており、タフな条件となったことも追い風に。

前走ダイヤモンドSでは58キロを背負いながら2着に0秒3差をつけて完勝する内容のあるレースをしていた。

 

2015年天皇賞(春)10番人気3着カレンミロティック

3走前は宝塚記念で2着と好走しており、7歳という年齢であったが、能力的にピークの状況にあった。

状態がよりよければ勝利していた可能性があった。

 

2014年天皇賞(春):12番人気3着ホッコーブレーヴ

状態が良好で、ペースが流れ、決め手とスタミナが生きる流れとなった点も追い風に。

 

2011年天皇賞(春)7番人気1着ヒルノダムール

前走大阪杯はレコードで勝利しているが評価が低かったが、人気のローズキングダム、トゥザグローリーなどは馬場の悪化が影響して崩れる形。

 

2010年天皇賞(春)16番人気3着メイショウドンタク

4コーナー2番手と先行するレースをしたが、2000m通過が2分4秒6とかなり遅いペースが追い風になり前残りという結果。

1番人気が状態の落ちたフォゲッタブル、3番人気ジャミールとそれほどレベルの高いレースでなかったことも結果に影響した。

 

2009年天皇賞(春)12番人気1着マイネルキッツ

3着ドリームジャーニーを除けば上位を内枠の馬が占めており、当日、前日も同様の傾向。

前走日経賞は2着に敗れるも、勝ち馬アルナスラインが2着に入っており、レベルの高いレースであった。

 

2007年天皇賞(春)11番人気2着エリモエクスパイア

前走日経賞は敗れているが、1500m通過後速いペースで推移し展開が厳しかった。

レース後長期離脱したため、どれほど能力があったかは分からないが、東京の長距離戦ダイヤモンドSで2着と長距離適性もあった。

 

2006年天皇賞(春)8番人気3着ストラタジェム

前走日経賞は2着に敗れるも、勝ち馬はこのレース2着のリンカーンで、上がり最速をマーク。

勝ち馬ディープインパクトが早めに動き、前で競馬をする馬は崩れる展開も追い風に。

 

2005年天皇賞(春):13番人気1着スズカマンボ

2000m通過2分4秒8とかなり遅めのペースで推移し、しまいの瞬発力勝負になったことが好走要因。

 

2003年天皇賞(春)7番人気1着ヒシミラクル

前年の菊花賞を制覇するも、近走結果を残せておらず人気落ち。1000m通過2分3秒8と、馬場を考えればまずまず速いペースで推移し、上位は後方からレースをすすめた馬が占める結果に。

 

2003年天皇賞(春)8番人気2着サンライズジェガー

たたかれてよくなるロベルト系の馬らしく、初勝利まで3戦を要し、勝っているのは全て連戦中。

3走前の重賞初制覇後、大敗が続いていたが、たたき3走目で大幅な良化があったよう。父リアルシャダイとこのレースで強い血統でもあったが、時計のかかる馬場も追い風に。

 

無料穴馬はLINEでお届けしています。

 

天皇賞(春) 消えた人気馬

2017年
3番人気9着シャケトラ:馬体を見る限り本質は中距離にあり、鞍上が「ペースが速くなったところでモタつき、最後は力尽きた。」というコメントを残しているが、距離が長かった。
5番人気7着ゴールドアクター:出来がよかったが、後手を踏んで万事休す。

2016年
1番人気12着ゴールドアクター:外枠でスムーズに先行できず、気性的な問題が頭をもたげたことにもつながったか。
4番人気8着フェイムゲーム:前年2着と好走していたが、散水により時計のかかる馬場となったことが追い風になった。この年は高速馬場でパフォーマンスを落とした。
5番人気15着サウンズオブアース:そこまでの能力、適性、状態ではなかったが過大評価。

2015年
1番人気7着キズナ:距離が長かった。
4番人気9着サウンズオブアース:
3番人気15着アドマイヤデウス:
5番人気4着ラストインパクト:上位2頭には決め手で劣った。

2014年
1番人気4着キズナ:
2番人気7着ゴールドシップ:
5番人気17着デスペラード:前でレースをせず、持ち味が生きなかった。

2013年
1番人気5着ゴールドシップ:出来がよくなかった。
4番人気4着アドマイヤラクティ:
5番人気9着デスペラード:
2012年
1番人気11着オルフェーヴル:
4番人気5着ギュスターヴクライ:時計の速い馬場がネックになったか。
5番人気11着ヒルノダムール:

2011年
1番人気13着トゥザグローリー:
2番人気11着ローズキングダム:不得手な道悪が響いた。
4番人気8着ペルーサ:長距離馬ではなく、瞬発力を身上とするだけに道悪もよくなかった。

2010年
1番人気6着フォゲッタブル:
3番人気7着ジャミール:
5番人気10着メイショウベルーガ:ペースが緩み、後方からのレースで不発。

2009年
1番人気9着アサクサキングス:
2番人気14着スクリーンヒーロー:
3番人気12着モンテクリスエス:本質的にステイヤーでなかった。

無料穴馬はLINEでお届けしています。

 

-天皇賞春 予想, 穴馬 予想
-, , ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2021 All Rights Reserved.