穴馬 予想

競馬予想 今後くる馬こない馬 阪急杯

更新日:

プリサイスマシーンとエイシンドーバーの同着優勝に終わった阪急杯。

次走以降につながる要素としてまず挙げたいのが、この先行有利の馬場で際立ったスズカフェニックスの末脚である。

次は高松宮記念を予定しているとのことだが、馬場とペース次第で好走も可能だろう。

優勝したプリサイスマシーンは、太目を危惧したがパドックリポートでもお伝えしたが、太目はなく、調教のVTRからも出来のよさを感じた。

加えて、先行馬が伸びる馬場であったことも内枠とあいまって追い風が吹いていた。

これらの事から、対抗に推したコスモシンドラーと同等の評価をし、馬券を買ったのだが、今回は恵まれた点も多く、次走での過大評価は禁物だろう。

本命のキンシャサノキセキは出遅れが響いた。

さらには3コーナーあたりでも気の悪さを出し、直線でも最後の最後で伸びるかと思われたところに、外からスズカフェニックスにかぶされ、行き場をなくした時点でジ・エンド。

出来も悪くはなかっただけに、非常にもったいないレースだった。

しかし、普通の馬であれば、もっと負けていたであろうし、南半球産で同世代より半年遅く生まれ、実質3歳秋の馬であることを考えれば、やはり能力は高い。

賞金的には厳しくなったが、大きな舞台で見てみたい。

もう1頭の勝ち馬、エイシンドーバーに関してはコース適性を評価していたが、写真では出来はいまひとつのように思えた。

しかしパドックでは毛ヅヤのくすみがなく、悪くなかった。

一方でコスモシンドラーは走れる状態にはあったが、このクラスで好走するにはもうひとつ上の出来が求められるか。

いつもと変わらない騎乗にも、もうひと工夫が欲しかった。

シンボリグランは平坦の方がいい。外枠もマイナス要因であった可能性は高く、高松宮記念で人気がなければ狙ってみたい。

くりっくプリーズ

ベスト10入りしていたら、有料メルマガの情報も少し公開しますので、応援よろしくお願いいたします。

-穴馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.