穴馬 予想

有料メルマガ サンプル ダイヤモンドS予想

更新日:

[ダイヤモンドS 予想]

長距離での重い斤量は堪えるのだろうか、

負担重量が57キロを超えた馬はいまひとつの結果。

過去10年、連対は18頭中2頭。

過剰に信頼するのは危険だろう。

2006年

ファストタテヤマ   57,5キロ  6番人気  5着

オペラシチー     57キロ   4番人気  10着

アンドゥオール    57キロ  11番人気  13着

2005年

チャクラ      57,5キロ  4番人気  3着

ハイアーゲーム   57キロ  1番人気  4着

2003年

ダイタクバートラム 57キロ  1番人気  3着

ホットシークレット 58,5キロ  5番人気  4着

アクティブバイオ  57キロ  3番人気  6着

2002年

フサイチランハート 57,5キロ  4番人気  2着

ホットシークレット 57キロ  2番人気  6着

ゴーイングスズカ 58キロ  8番人気  8着

2001年

ホットシークレット 57キロ  2番人気  6着

ゴーイングスズカ  58キロ  8番人気  8着

2000年

スエヒロコマンダー 57,5キロ  3番人気  3着

1999年

インターフラッグ 57キロ  1番人気  10着

ユーセイトップラン 57,5キロ  5番人気  13着

1997年

ユウセンショウ 57キロ  4番人気  1着

ハギノリアルキング 58,5キロ  6番人気  9着

距離が3400mに延長された3年間では、

スタート直後の直線が延び、先行馬がペースを上げやすくなっているからか

軽量の差し馬が穴をあけている。

馬体をみた感じでは、すっきりしたキレがあるタイプがきている。

血統的にはやはりステイヤー血統、もしくは欧州血統。

2006年

2着 メジロトンキニーズ 11-10-10-09  50.0 7番人気

3着 トウカイトリック   07-07-07-10 54.0  9番人気

2005年

1着 ウイングランツ 13-11-09-06  51.0  10番人気

2着 ハイフレンドトライ  08-09-09-10  52.0   8番人気

2004年

3着  タニノエタニティ  07-09-09-08  54.0  6番人気

57キロを超える馬がいまひとつなのだが、

トウカイトリックの出来がいい。

ステイヤーズSのタイムはレベルが高く、

G1を除く3000m以上のレースでは常に馬券に絡んでいるので

本命に推したい。

チェストウイングは東京で5勝とコース適性が高く、

苦手と思われる中山のステイヤーズSで3着した

事からレースの適性は1番だろう。

写真は掲載されていないが、現時点で対抗の評価に。

状態がよくみえるのはアドマイヤフジ。

斤量、大外枠、長距離適性の点を考慮し3番手の評価。

馬券は3頭の馬連ボックス。

3連単は上記3頭のボックスと2頭軸マルチ

相手は、斤量に加え血統の面からも面白いターキー、ドリームパートナー。

続いてバイロイト、チャクラ、エリモエクスパイアの順に評価。

ハンデ戦は能力差を無くすために、斤量が決められており、

状態が重要な要素になる。特にこの時期は絞りづらかったりする事もあり、

パドック次第で消したり、相手に加えたりすることも必要だろう。

パドックリポートをお届けできれば、参考にしてもらいたい。

ダイヤモンドSはパドックをみて、

軸3頭の中で信頼しえる馬がいない場合は

ボックスで超大穴を狙ってみたい。

上記以外の斤量軽量馬もパドックで目につく馬がいたら押さえたい。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2019 All Rights Reserved.