穴馬 予想

有料メルマガ サンプル 京都牝馬ステークス 予想

更新日:

過去5年の連対馬はサンデー産駒を中心としたヘイロー系が11頭中8頭(2006年は2着同着)でこの血統は人気がなくても要注意。

切れ味が求められ、先行馬も大逃げタイプよりもスラッとした、ため逃げするタイプが、そして差し馬もスローに対応できる立った繋ぎの馬の方が信頼できる。

昨年ディアデラノビアの敗因は状態が今ひとつだった事と距離。

繋ぎが長く角度が寝ているため、エンジンのかかりが遅くスローペースになって先行馬を捉えきれなかったため。

今年も逃げ馬が少なくペースが落ち着きそうで、距離もベストは2000m。

しかし難儀な事に毛ヅヤが良く、状態はかなりいいので、完全にきる事は危険。

馬連や馬単にぶち込むのはリスクが高いので、3着固定も含めた3連単のみを買う。

コイウタは状態も悪くなさそうでコース、距離ともにむく。1600m以下なら安定している。

一番不安点が無く、軸にするならこの馬。上記2頭は確定で、ボックスも買いたい。

相手は下記の馬だが、一長一短ありパドックで取捨選択したい。

アグネスラズベリは前走時、状態は良く、維持している可能性は高い。

しかし京都は走るが、後ろからの競馬になる可能性が高く、1600mも若干長いので押さえまで。

サンレイジャスパー、マイネサマンサ、ウイングレットは毛ヅヤが今ひとつ。パドックでよほど好気配でないかぎり押さえまで。

ソリッドプラチナムとレクレドールは血統が近い事もあってよく似た馬体。しかし共に若干距離が短い。

ソリッドプラチナムは状態がよさそうなので、こちらを押さえで。

穴を出すのはメイショウオスカルやチアズメッセージ、マイネアイル、ギャンブルローズなど一番上で記したような先行馬。

穴馬にはワディラム、アクロスザヘイブンを指名する。

ワディラムは休み明けの分、パドックで要チェック。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.