競馬 予想

2018年の新種牡馬で成功するのは!? 

投稿日:

LINEでは無料で重賞の穴馬など情報をお届けしています。

 

下記は2018年に産駒がデビューする新種牡馬でG1勝ち馬。

ジャスタウェイ・父ハーツクライ ドバイデューティーフリー、天皇賞(秋)

グランプリボス・父サクラバクシンオー NHKマイルC、朝日杯FS

トーセンジョーダン・父ジャングルポケット 天皇賞(秋)

ベルシャザール・父キングカメハメハ JCダート

トーセンラー・父ディープインパクト マイルCS

サダムパテック・父フジキセキ マイルCS

その他、トゥザグローリー、レッドスパーダ、ダノンバラード、サンカルロ、パドトロワなどの産駒が走り始める。

 

注目は何といってもワールド・サラブレッド・ランキングで世界一の評価を与えられたジャスタウェイ。1600mから2000mに良績があり、スピードがある点からも期待されている。普通に考えて種牡馬としても結果を残す可能性は高い。母の父ワイルドアゲインという血統からダートで走る馬が出てもおかしくはないか。

グランプリボスは母の父サンデーサイレンスという血統から配合が難しいかもしれないが、当然スピードはあり期待したい。サクラバクシンオーの血を後世に繋いで欲しいところ。

トーセンジョーダンは同じトニービン系で、母が同血であるカンパニーが結果を残すことが出来ていないが、スピードや瞬発力で劣る点から厳しいかもしれない。サンデーサイレンスの血が入っていない点から相手をそれほど選ばない点はアドバンテージで、サンデーサイレンス系のレベルが高い牝馬とどれだけ交配できるかがポイントか。

サダムパテックはスピードがあるため成功してもおかしくはない。父フジキセキは欧米の血統が入り交じっていたためか様々なタイプの産駒が出たが、この馬も母方にノーザンダンサー、ミスタープロスペクターというメジャーな血統が入っているため、配合によっていずれかの特徴が現出する形となり様々なタイプを出すかもしれない。

ベルシャザールは芝でも結果を残したが、G1勝利はダート。そして、それ以上に血統的な面から競争が厳しいか。キングカメハメハ産駒であるが、父も健在で、キングカメハメハ産駒であるロードカナロア、ドゥラメンテ、ルーラーシップなどもおり、埋没しそうな感がある。

海外から導入された一流馬はケープブランコくらいだが、父ガリレオという血統でサドラーズウェルズの系統である点から日本の馬場の適性に疑問符が付く。ただ、2000mのチャンピオンSを勝利しており、時計は速くなかったがアメリカの2000mのG1アーリントンミリオンを勝っている点からスピードもありそうで、同じガリレオ産駒であるフランケルの仔が日本で結果を残している点から走ってもおかしくはない。

個人的に最も注目しているのはトーセンラー。父ディープインパクトによく似ており、パワーよりも瞬発力やスピードがあり、日本の芝の適性が高さを有していると感じる。成功するというよりも大きな失敗はないように感じる。

 

無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でも穴馬をお届けしてまいります。

 

重賞レースの過去の傾向、穴馬と危険な人気馬の特徴は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けしています。

Twitterでは競馬ネタをつぶやいています。

読者の方から的中報告(←こちら)を頂戴しました。

-競馬 予想
-, ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.