穴馬 予想

阪急杯 予想 穴馬的中のためのポイントは?

更新日:

土曜重賞以外のメインレース穴馬競馬ブログランキング(←70位くらいの備考欄)へ更新

クイーンカップは無料メルマガ推奨穴馬8番人気ジーニマジックが3着に激走!!


日経新春杯は10番人気カポーティスターが勝利!!有馬記念は10番人気オーシャンブルーが2着に、阪神JF15番人気クロフネサプライズが2着に激走!!

Twitter(←フォローをお返ししています)にて、多くの無料メルマガ読者の方から的中報告(←コチラ)を頂戴しました。

心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。

中山記念、阪急杯、アーリントンカップの穴馬と穴馬の特徴無料メルマガ(←コチラ)でお届けします。

阪急杯の出走予定馬と予想人気をみると下記のよう。

1 ロードカナロア 2.0
2 サンカルロ 3.9
3 エピセアローム 5.5
4 マジンプロスパー 10.5
5 ミトラ 16.0
6 レオアクティブ 19.9
7 オリービン 30.0
8 フラガラッハ 34.5

このレースではスプリント王者ロードカナロアが始動。58キロでの出走ということもあり、2倍をきるかきらないかという人気が予想されているが、今回は1400mで休み明けとなる。

昨年夏の函館スプリントSは単勝1.3倍という支持を集めていたが、春の高松宮記念以来のレースで状態が悪かった。

そのため、ドリームバレンチノを上位にとったが、2着という結果に終わっており、今回も状態面の見極めが必要となる。

ロードカナロア
※ 下記はスプリンターズS時の考察の一部

「父キングカメハメハは中長距離馬を出しているが、パワーは父譲りで、今年の春までは丸みを帯びた体型や全体のボリュームなどから、マイルCS、朝日杯FS2着のフィフスペトルに似ており、父の特徴が出ていると感じた。

昨年の京阪杯からG1レベルの能力を有しているとお伝えし、シルクロードS、京阪杯はいずれも本命や1着固定と高い評価をしてきた馬であるが、高松宮記念では能力や完成度の面などから評価を割り引いた。

内枠に入ったことによって先行するレースになりしまいの決め手が甘くなる可能性があったこともマイナス材料であったが、完成が近付いてきている。

前走セントウルSは勝ち馬の決め手に屈したが、上積みも期待できる出来にあり、評価が必要となる。」

サンカルロ
※ 下記は阪神カップ時の考察の一部

「3歳時から能力の高さに非凡なものがあると感じて常に高い評価をしてきた馬で、一昨年の高松宮記念などでも僅差の4着と結果を残してきた。

今年初戦の阪急杯は出来がひと息であったため評価を割り引いたが、高松宮記念では大幅に上昇しており、レースの適性も高いため本命に推した。

その後京王杯SCへ出走してきたが、パワータイプであった点から評価を割り引いたが、昨年、一昨年も人気を裏切っておりレースの性質が合わなかったことが敗因。

この条件はベストで、昨年は本命、2009年は自信の穴馬に推したが、結果を残してくれた。

調教で動いている時は走る馬で、今回はそれほど目立っていないが、適性と能力から高い評価が必要となる。」

サンカルロは阪神カップで馬連の軸とし、馬連万馬券的中。この馬には調教の内容やレースの適性とともに取捨のポイントがあり、それに符合すれば買える馬となる。

阪急杯は前走までのレース内容を参考にするべき部分が多い。どんなレースも細かい部分に高配当的中の種があり、分析しきるのは尋常ではない労力が必要となるが、普通のことをやっていては人気薄の馬は買えない。

今週も無料メルマガ(←コチラ)で妙味のある穴馬と有益な情報をお届けしたい。

土曜重賞以外のメインレース穴馬競馬ブログランキング(←70位くらいの備考欄)へ更新

[PR]
                                            
               【中山記念】1点勝負馬券を無料配信!

   <前回【京都記念】3130円&【共同通信杯】1140円W的中!>
         緊急スクープ!今年の中山記念は“アノ2頭”の一騎撃ち
         想定回収率1000%以上!◎-○1点勝負【無料配信】
          http://www.cmjra.jp/?ad_code=w081b

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.