競馬 予想

菊花賞 穴馬は? 前哨戦考察 ラジオNIKKEI賞

更新日:

新潟2歳Sでは状態を推奨した10番人気マイネルラクリマが2着と好走!!
ローズSは6番人気ワイルドラズベリーが2着、スプリンターズSは7番人気サンカルロが3着、毎日王冠アリゼオが1着。
菊花賞の状態のいい馬は人気ブログランキング(←コチラ)に更新。
順位は35位くらいです。PCの方は順位を左サイドバーでご確認ください。
人気がないと思われるが、調教の動きがよく押さえておきたい馬は人気ブログランキング(←コチラ)に馬番で更新
お役に立っていれば1日1回ランキングのクリックをお願いいたします。
ランキングが上がっていけば、さらに穴馬や考察をお届けしていきます。
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

○ ラジオNIKKEI賞 アロマカフェ 1.47.3
ハンデ戦ということや小回りのコース形態もあり、あまりレース時計があてにならないが、過去5年の前半800mとレース時計をみると、前半800mが48秒近辺で推移することが多いよう。
2009年 ストロングガルーダ
前半48.0  1.48.3
2008年 レオマイスター
前半47.7  1.46.8
2007年 ロックドゥカンブ
前半47.6  1.47.7
2006年 タマモサポート
前半48.1  1.50.5 (重)
2005年 コンラッド
前半46.5  1.47.2
今年も前半800m48秒1というペースで推移しているが、午前中の芝のレースは重馬場で行われており、やや時計のかかった馬場状態。
2009年は落ち着いたペースだったようで、それまでの時計と比較すると平均あるいはやや遅めのペース。
3着にきたレトは展開に恵まれた部分もあったかもしれないが、距離短縮でもっと持ち味を生かすことが出来る。
2着のクォークスターはややペースが落ち着いた点で割をくったかもしれないが、しまいの末脚は強烈で舞台が変わればそれがより生きるのではないかと感じる。
そのアロマキャンドルであるが、調教の動きがよくA評価として本命に推し1着の馬券も狙った。
状態のアドヴァンテージは大きかったと思われ、今後の状態の推移には注意が必要となる。
4番人気に推されたドリームカトラスは連勝中であったため人気を集めていたものと思われる。
[重賞データ]の面から馬券の対象から外したが、危険な人気馬であった。
トゥザグローリーに関しては、出来自体はよかったものの器用さを欠く可能性を危惧して3番手評価とした。
56キロも影響していた可能性があり、同じく57キロを背負ったガルボは人気になりづらいタイプのため次走以降でさらに人気が落ちている可能性があるため注意が必要。

にほんブログ村 トラコミュ 第71回 菊花賞(GI)へ
第71回 菊花賞(GI)

「菊花賞 調教の動きがよかった馬」(←菊花賞関連記事)
「菊花賞 前哨戦考察 神戸新聞杯」(←日曜日更新予定)
「菊花賞 前哨戦考察 セントライト記念」(←菊花賞関連記事)
「菊花賞 前哨戦考察 ラジオNIKKEI賞」 (←菊花賞関連記事)
「菊花賞 前哨戦考察 日本ダービー」(←菊花賞関連記事)
ブログランキング
重賞の穴馬は「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)で配信!!
「重賞激走穴馬!!」(←PCの方)
毎日王冠 9番人気3着 ネヴァブション
オールカマー 6番人気3着 トウショウシロッコ
京成杯AH 7番人気2着 キョウエイストーム
新潟2歳S 10番人気2着 マイネルラクリマ
小倉2歳S 9番人気3着 スギノエンデバー
札幌記念 7番人気3着 アクシオン
北九州記念 5番人気1着 メリッサ
CBC賞 7番人気2着 ダッシャーゴーゴー
目黒記念 7番人気3着 フェニコーン
京王杯SC 6番人気2着 マルカフェニックス
NZT 7番人気3着 レト
バックナンバーでもご覧頂けます。おかげさまで読者の方が1800名を突破!!
ツイッターもやってます。
フォローをお返ししますのでtwitterへRTするRTをお願いいたします。

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.