穴馬 予想

福島牝馬S 予想 穴馬の特徴は?

更新日:

マイラーズカップ出走馬で状態のいい馬競馬ブログランキング(←35位くらいの備考欄)へ更新

天皇賞(春)などG1レースの穴馬(有馬記念10番人気2着オーシャンブルー、阪神JF15番人気2着クロフネサプライズなど激走)は、このメルマガではなく独自配信の無料メルマガ(←コチラ)でお届けします。

メールを送信頂き、穴馬がまだ届いていない方は再送いたしますので、再度メールを送信してください。

アドレス等、詳細はサイト(←コチラ)をご覧ください。

Twitter(←フォローお返ししています)へ多くの読者の方から、的中報告(←コチラ)を頂戴しました。

心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。

[福島牝馬S 穴馬好走要因]

2009年7番人気1着ブラボーデイジー:1000万条件勝ちの実績しかなかったが、58キロを背負う馬が2頭いる中で54キロと恵量。不良馬場ということもあるが、道中13秒0、13秒6、12秒6という遅いペースで推移する流れで展開の恩恵を受けた。

2009年13番人気3着ヤマニンメルベイユ:前走16着と大敗し58キロを背負っていた点からも人気がなかったが、道悪のレースは走る馬で、馬場の悪化も大きな追い風となった。前走で休み明けをつかわれ、上積みもあったよう。

2007
年9番人気1着スプリングドリュー:前半800m45秒8と比較的速い流れで推移。人気上位の馬がきているが、決め手が生きる形になり勝利。休み明けで特
に鉄砲が利くというタイプではないが、マイナス4キロと太めもなかった。やはり展開がはまったことが激走の最大の要因。

2006年7番人気1着ロフティーエイム:前走で1000万条件2着しただけの実績しかなかったが、52キロを生かして激走。速い上がりにも対応出来る馬であった。

2004年10番人気2着マイネヌーヴェル:約1年振りのレースであったが、上がり最速をマークし2着と好走。前半1000m57秒0とペースが速くなったことが追い風になった。

マイラーズカップの穴馬は、「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)から配信させて頂く予定です。

競馬ブログランキングへ

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2021 All Rights Reserved.