穴馬 予想

日経賞 穴馬は? 出走馬の前走内容

更新日:

1日1回、クリックの協力をお願い出来れば幸いです。

にほんブログ村 トラコミュ 重賞・メインの予想へ
重賞・メインの予想

フラワーカップは推奨穴馬7番人気マヒナが3着に激走!!
大阪杯杯の状態のいい馬は人気ブログランキング(←現在70位くらい)で。
日経賞の状態のいい馬はFC2 Blog Ranking(←現在45位くらい)を推す。
両レースの馬はいずれも、さして人気がないと思われる。
今回は日経賞出走馬の前走のレース内容を振り返りたい。
日経賞には下記の馬が出走する予定。
トゥザグローリー
ビッグウィーク
マイネルキッツ
ローズキングダム
ペルーサ
ミヤビランベリ
○ 京都記念 トゥザグローリー
勝ったトゥザグローリーであるが、パワータイプの馬でレースの適性で劣り1番人気というのは過大な評価でオッズに見合わないと感じて割り引いた。
本来先行して押し切るタイプのこの馬を、直線で後方から仕掛けて末脚を引き出す鞍上の好騎乗も光った。
想像以上に能力もあるようだが、レースをつかわれ続けており状態の下降には注意をしたい。
ビッグウィークに関しては休み明けと58キロも影響したと思われるが、調教の内容が菊花賞時ほどではなく、その点で変わりみを見せれば狙える。
○ 日経新春杯 ルーラーシップ
勝ったルーラーシップは状態がよく、G1レベルと素質を評価し、広いコースなどが向くため本命に推したが、ほぼ想定どおりの完勝。
瞬発力では若干劣り、スローペースが想定されていたことなどから、[結論]においてルーラーシップとローズキングダムの位置取りがこのレース最大のポイントとなるとお伝えしていたが、鞍上も「4角である程度の位置にいなければローズキングダムには勝てないと思っていた。」と触れており、馬の力を充分出し切る騎乗であった。
1番人気で3着に終わったローズキングダムであるが、やはり直線で抜け出すのに手間取ってスムースさを欠いたレースが3着までとなった最大の要因。
[重賞データ]で記した人気を背負って消えるパターンにはまった。
直線での不利とともに控えたことも敗因で、状態は決して悪くなくむしろよく、馬よりも鞍上の復調が待たれるか。
フラワーカップは推奨穴馬7番人気マヒナが3着に激走!!

大阪杯、日経賞、ダービー卿CT、中山牝馬Sの穴馬は、後ほど無料メルマガでお届けします。
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)
無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方)
無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)
2つのメルマガを配信。広告のみの配信はほとんどしていません。
血統騎手情報、G1レース考察は裏サイト(←パスワードのみ入力で閲覧可能)でもご覧頂けます。
数字4ケタのパスワードはJRANK 競馬BLOG (←現在25位くらい)で。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.