安田記念

安田記念的中 レース回顧 自信の穴馬モズアスコット激走

更新日:

安田記念は自信の穴馬9番人気モズアスコットが勝利。目黒記念は本命推奨10番人気ノーブルマーズが2着に激走。

後日、マーメイドSの穴馬候補を競馬ランキングの備考欄へ更新。

ランキングの順位は150位くらい。スマホであれば下へスクロールしていくと上部に順位などが表示されます。

 

LINEでは波乱の可能性が高いレースの穴馬をお届けします。

 

有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」は目黒記念で10番人気ノーブルマーズを本命に推し、馬連は逃したものの、◎○でワイド1680円1点的中。

安田記念は自信の穴馬に推奨した9番人気モズアスコットが勝利し、勝負馬券の馬連7370円15点的中。

安田記念は難解な混戦模様でかなり馬券的に面白く、妙味を感じさせる馬がゴロゴロいるとお伝えしましたが、やはり波乱の結果に。

無料情報でも、またG1以外のレースで波乱になりそうな場合は穴馬をお届けしたいと思います。

今回は大波乱も想定して超高配当も狙ったため点数は多くなりましたが、1番人気スワーヴリチャード、3番人気サングレーザーを外したこともあり、それなりのリターンはあったと思います。

[推奨馬]

◎ キャンベルジュニア
○ アエロリット
▲ リアルスティール
△ リスグラシュー
△ ペルシアンナイト
× レーヌミノル
× ウインガニオン
☆ ヒーズインラブ
★ モズアスコット

※ 馬券に関しては下記をご参照頂き、資金や当日のオッズなどを勘案して組み立ててください。★が自信の穴馬、☆が穴馬となります。自信の穴馬にも好走の可能性に差があり、好走の可能性が低い場合は、馬連や3連複などのヒモまでに留めています。

基本は馬連(本線重視)
○→△△ 本線2点
○→▲××☆★ 穴5点
◎→○▲△△××☆★ 穴8点

ワイド
◎→○▲ 2点

3連複
○★2頭軸→△△ 本線2点
○★2頭軸→▲☆ 穴2点
◎★2頭軸→○▲△△☆ 穴5点
○☆2頭軸→▲△△ 穴3点
◎☆2頭軸→○▲△△ 穴4点

ただ、ワイドが蛇足で、ペースが落ち着いていれば超高配当にありつけたでしょうが、ホームランといえず、よくてツーベースといったところでしょうか。

また、来週以降頑張りたいと思います。

あまり煽るようなことはしたくなかったのですが、安田記念は過去人気薄の本命馬や自信の穴馬が走っていました。

2017年7番人気1着サトノアラジン:有料メルマガで本命推奨。

2016年8番人気1着ロゴタイプ:有料メルマガで自信の穴馬推奨。

2014年16番人気1着グランプリボス:有料メルマガで自信の穴馬推奨。

2014年10番人気3着ショウナンマイティ:有料メルマガで本命推奨。

2011年9番人気1着リアルインパクト:有料メルマガにて自信の穴馬推奨。

マーメイドSも相性は悪くない結果となっています。

2014年13番人気2着コスモバルバラ:有料メルマガで本命推奨。

2013年10番人気2着アグネスワルツ:有料メルマガで自信の穴馬推奨。

2012年7番人気2着クリスマスキャロル:有料メルマガで本命推奨。

2008年10番人気2着ピースオブラブ:有料メルマガにて自信の穴馬推奨。

有料メルマガ、有料穴馬読者の方は配信を楽しみにお待ち頂ければと思います。

 

○ 安田記念 回顧

安田記念は前半800m45秒5、後半800m45秒8という時計で、例年800mは45秒台で推移することが多いが、同じくらいのペースであった。

逃げ先行馬が少ない状況であったが、後半800mよりも前半800mの方が速かった点からも、ミドルペースからハイペースと判断できる。

勝ったモズアスコットは、有料メルマガでお届けした穴馬のパターンに符合した。連闘で人気が落ちていた面もあるが、逆に買い材料であった。秋は国内に専念してマイルCSへ向かうようだが、瞬発力勝負に対応できるかが鍵となる。

2着アエロリットは前走ヴィクトリアマイルで4着に終わっていたが、馬場の悪化にくわえて落鉄が響いた。ヴィクトリアマイルで内容のあるレースをみせていた。今回もまた落鉄していたよう。マイルCSでも通用しえる。

3着スワーヴリチャードは距離不足、状態面から馬券の対象から外した。内枠に入っていた点から先行しやすくなり好走の可能性が増したが、マイナス10キロと体重が減っており、レース後鞍上が夏バテを示唆するコメントを残している点からも本調子ではなかったようで、宝塚記念も回避するかもしれない。

2番人気6着ペルシアンナイトは状態に問題があるのではないかと危惧したが、やはりプラス8キロと体重が増えていた。直線で前が壁になって脚を余した感があるが、まともなレースであっても厳しかったかもしれない。

3番人気5着サングレーザーは馬体を見る限り現状では能力的には2番手以下のグループと判断したが力負け。2走ボケもあったか。

4番人気17着リアルスティールは前でレースが出来ると考え評価をしたが、後方からのレースとなった。その状況で通用するだけのマイル適性はなく、状態にもなかった。

6番人気8着リスグラシューは状態がよかった。しかし、2着と好走した前走ヴィクトリアマイルは降雨によって時計のかかる馬場となったことが追い風になっており、本質的にマイラーではなく、高速馬場が響いた。

最も内容のあるレースをした馬を競馬ランキングの備考欄へ更新。

今後であるが、スワーヴリチャード、リスグラシュー、リアルスティールは別路線へ、モズアスコット、アエロリット、ペルシアンナイト、サトノアレス、サングレーザーなどはマイルCSへ向かうと思われる。

マイルCSは馬場状態次第で一筋縄ではいかないかもしれないが、現状ではペルシアンナイトが連覇する可能性が最も高いのではないかと感じる。逆転があるとすれば競馬ランキングにもその可能性はある。

 

読者の方からTwitterにて的中報告(←こちら)を頂戴しました。ありがとうございます。

Twitterでは競馬ネタをつぶやいています。

 

有料穴馬では重賞の穴馬をお届けしています。

※ 下記は主な推奨穴馬

新潟大賞典 11番人気3着 ナスノセイカン
皐月賞 8番人気3着 ジェネラーレウーノ ※ 特別に配信
ダービー卿CT 9番人気3着 ストーミーシー
日経賞 7番人気2着 チェスナットコート
金鯱賞 8番人気2着 サトノノブレス
共同通信杯 10番人気3着 エイムアンドエンド
きさらぎ賞 5番人気3着 ラセット
シルクロードS 5番人気2着 セイウンコウセイ
東海S 13番人気2着 コスモカナディアン
ターコイズS 7番人気3着 デンコウアンジュ
京阪杯 9番人気1着 ネロ
武蔵野S 8番人気2着 サンライズソア
スワンS 12番人気2着 ヒルノデイバロー

その他にもニュージーランドT12番人気4着ゴールドギア、東京新聞杯9番人気4着デンコウアンジュ、AJC杯9番人気4着ディサイファ、京成杯10番人気4着ライトカラカゼなど、惜しい結果となっています。

 

 

無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でも穴馬など情報をお届けしています。

重賞レースの過去の傾向、穴馬と危険な人気馬の特徴は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けしています

-安田記念
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.