ヴィクトリアマイル

ヴィクトリアマイル 2018 パフォーマンスを上げる馬は?

更新日:

先週の2けた人気の穴馬はランキングでお伝えした穴馬候補からを12番人気フロンティアを抜擢し、自信の穴馬に推奨して3連複の軸とした。

ヴィクトリアマイルの穴馬候補を競馬ランキングの備考欄へ更新。

ランキングの順位は150位くらい。

 

青葉賞は無料穴馬7番人気エタリオウが2着と好走。 ダービー卿CT9番人気3着ストーミーシーに続いて配信機会2回連続で無料穴馬が馬券に。

LINEでは不定期で穴馬、調教推奨馬を無料でお届けしています。

無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でも穴馬をお届けしてまいります。

 

 

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

先週の有料穴馬は新潟大賞典11番人気3着ナスノセイカンを推奨。

京王杯SCも可能であれば2けた人気の穴馬をお届けしたいと思います。

先週は一部の方へ無料でナスノセイカンを穴馬としてお届けさせて頂きました。

読者の方からTwitterにて的中報告(←こちら)を頂戴しました。

心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

今回はレース後にお届けした回顧をまとめたヴィクトリアマイルの前哨戦を振り返ります。

前走からパフォーマンスを上げそうな馬が見つかると思いますので参考にしてみてください。

LINEでは後日ヴィクトリアマイルの展望と考察、調教推奨馬をお届けします。

皐月賞は調教推奨馬のうち1頭を穴馬に推すとお伝えしましたが、自信の穴馬に推した9番人気サンリヴァルが2着に。

 

先週の有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」ははNHKマイルカップで7番人気ミスターメロディを本命に推し、1番人気タワーオブロンドンを馬連の対象から外して高配当を狙うも4着までという結果。

勝ち馬ケイアイノーテックとのワイドも押さえていましたが、あと一歩のところで的中を逃す結果に。

京都新聞杯は14番人気ダブルシャープ、7番人気ステイフーリッシュを馬連の軸に推し、ステイフーリッシュが勝利するも11番人気2着アドマイヤアルバには印がまわらず。

新潟大賞典は11番人気3着ナスノセイカンを自信の穴馬に推奨して馬連の軸にするも馬連1着3着という結果。

先々週の青葉賞の3連単約8万馬券を獲り逃したのに続いて悔しいレースが続いていますが、人気薄の馬がコンスタントにきておりリーチまでいっているので、今の形で継続してやっていきたいと思います。

 

[前哨戦のポイント]

○ 福島牝馬S

2018年は出走頭数が少ないこともあり、重賞で実績のある馬が少なく、レベルは高くなかった。

2018年は前半800m47秒9というペースであったが、そこからも11秒台のラップを刻む流れでそれほど速い流れではなかった。

2着カワキタエンカは馬体の面から能力上位と考え本命に推した。今回2着と好走し、前走中山牝馬Sも勝っているが、やはりフロックではなかった。今後も適性の高いコースなど条件が合えば重賞でも結果を残していくはず。

3着デンコウアンジュは4コーナー前でポジションを押し上げたが、福島の芝1800mはあまり条件として合わず、この着順が精いっぱいであったか。

○ 阪神牝馬S

1分34秒8という時計で決着したが、前半800m49秒1、後半800m45秒7と後半の方が3秒以上速い超スローペースで推移。

前でレースをする馬が極端に少なく、想定したとおりスローペースとなったが、想定以上であった。

勝利したミスパンテールはこれまでと一転して意表を突く逃げを打ったが、スローペースが大きな追い風となり鞍上の作戦勝利で重賞3連勝。

11番人気レッドアヴァンセが2着に入ったが、条件が合う点から自信の穴馬に推した。今後成長していくかが課題。

3着リスグラシューは後方から追い込んだが、ペースがあまりにも厳しかった。位置取りを考えるとよく走っている。

2番人気10着ソウルスターリングは、鞍上がスローペースを察知して道中でポジションを上げたが、最後にばてる形。たたき台と割り切っていた可能性もある。

3番人気4着アドマイヤリードは能力的な面などを考え馬券の対象から外した。ただ、内枠に入っていたこともあり、これまでよりもやや前でのレースとなったため際どい結果に。直線で少し窮屈な形にもなったため馬券に絡むことが出来なかったが、56キロが響いたことが直接的な敗因か。

5番人気5着ジュールポレールは、前でレースをしてペースが落ち着き、ほぼ理想的なレースであった。最後に止まる形となったが、休み明けが影響したかもしれない。

穴馬に推したエテルナミノルはスタートで立ち上がって出遅れ、前でレースをする方が合い、超スローペースもあり、レースに参加した形ではなかった。

○ 高松宮記念

前半600m33秒3、後半600m35秒2というペースで推移したが、馬場状態を考えるとやや速いペース。

2018年はレッドファルクス、セイウンコウセイ、レッツゴードンキが能力的に上位にあり、これに本格化したファインニードルなどが挑むという構図であった。

2着レッツゴードンキは馬体が立派に見えたが、2着と好走したスプリンターズS時も同じようなフォルムをしており、能力的にまだピークの状況にあると思われる。

7番人気7着レーヌミノルは前でレースが出来なかったが、外枠に入っていたことが悪い方に影響した。

○ 中山牝馬S

前半800mは49秒1という時計で推移したが、2015年は47秒6、2010年は46秒7という時計を考えると遅い流れ。そこからもペースが上がらず前有利の流れであった。

勝ったカワキタエンカは前走OP特別で敗れていたが休み明けで、ひとたたきされた効果もあったよう。馬体の面からもペースが上がったローズSで2着と好走したレース内容からもフロックではない。脚質的にコンスタントに結果を残すタイプでないかもしれないが、今後も重賞で通用しえる。

5番人気10着エテルナミノルは前走愛知杯を勝っていたがその際は54キロで、今回は56キロ。しかし、控えるレースをしており、ペースが落ち着いたことが敗因。

○ 東京新聞杯

2018年は前半800m47秒6、後半800m46秒5というペースで推移しており、高速馬場でないことを考えると水準くらい。

勝ったリスグラシューは毛ヅヤがひと息も余裕残しはなく、想定よりも力を出せる出来にあった。先行しており枠も悪くなく上手く立ち回った。

○ ターコイズS

2017年は水準くらいのペースで推移し、脚質面でそれほど有利不利はなかった。

2017年はローズS勝ち馬ラビットラン、NHKマイルカップ2着リエノテソーロといった実績のある3歳馬が出走しており、ヴィクトリアマイル2着のデンコウアンジュも参戦しており、比較的レベルの高いレースであった。

ただ、古馬は1600万条件勝利、あるいは2着の馬が人気になっており、2016年まで層は厚くなかった。

上位2頭は近走のレースで好走しており、3着デンコウアンジュも結果が出ていなかったが、勝ち馬とそれほど差のないレースをしていた。

勝ったミスパンテールはチューリップ賞で、リスグラシューが休み明けではあったが、それに先着しており、能力の裏付けがあった。他の3歳馬が55キロを背負うのに対し、53キロも有利で、人気の盲点となっていた感があった。距離、コースなど条件が合ったことも好走の要因。

3着デンコウアンジュはヴィクトリアマイル2着後、結果が出ていなかったが、エプソムカップは状態が下降しており、府中牝馬Sは休み明け、エリザベス女王杯は距離が長かった。条件も悪くなかった。

1番人気4着ラビットランは惜しいレースであったが、3歳で55キロを背負っていた点とそれほどペースが流れなかったことが響いた。

4番人気5着エテルナミノルは重心が低い走りで中山コースの適性で劣った点が響いた。

○ 秋華賞

当日になり降雨が増して重馬場で行われた。前半1000m59秒1、後半1000m61秒1と比較的速いペースで推移。

2着リスグラシューは調教でA評価としたが状態が上がっており、道悪も問題なく好走の可能性が最も高いと考えて軸に推奨。勝ち馬とはコースと道悪の適性の差が出た感がある。エリザベス女王杯では勝ち馬ディアドラを逆転する可能性は高いが、古馬との能力比較を考えると好走出来るかは微妙。

1番人気7着に終わったアエロリットは状態がよかったが、2000mはギリギリの距離で、距離と脚質面ともに道悪がマイナスとなった。

○ ローズS

過去のローズSの時計を見ると、前半800mは例年47秒0近辺で推移することが多く、レース時計は1分46秒台が水準となる。

2017年は46秒4とまずまず速いペースで推移したこともあり、1分45秒5という比較的速い時計で決着。点で有利不利はなかった。

8番人気で勝利したラビットランは1600mまでしか実績がなく、前々走までダートをつかわれていたが、このレース向きの決め手を有していた。馬体写真がないため適性や能力に関しては現状で何とも言えない。

2着カワキタエンカは、決め手が要求されるレースで逃げて2着と好走しており、ペースが落ち着いていないことからも、勝ち馬よりも内容のあるレースをしている。

3着リスグラシューは、人気上位の馬の中で最も割引材料が少なかったため軸とした。まだ本物の出来ではなかったが、上位2頭がレースをつかわれていることを考えると悲観する内容ではない。

4番人気9着の桜花賞馬レーヌミノルは休み明けながら状態に問題はなかったが、やはり距離が響いたものと思われる。

 

重賞レースの過去の傾向、穴馬と危険な人気馬の特徴は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けしています。

 

 

Twitterでは競馬ネタをつぶやいています。

-ヴィクトリアマイル
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.