東京新聞杯 予想

東京新聞杯 2020 予想 穴馬は?人気薄の買い材料と馬体考察

投稿日:

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

今回は2020年東京新聞杯人気薄出走馬の考察と買い材料と馬体考察をお届けします。

東京新聞杯の穴馬探しの参考となれば幸いです。

先週は一部の読者の方へ、特別な穴馬として根岸S9番人気3着スマートアヴァロンをお届けさせて頂きました。

無料穴馬は、無料メルマガ(←クリック)やTwitter(←アカウント)のフォロワーでお付き合いのある方などへお届けしています。

※ 下記は無料でお届けさせて頂いた穴馬。一部は特定の方のみ。

根岸S 9番人気3着 スマートアヴァロン
シンザン記念 9番人気3着 コルテジア
中日新聞杯 8番人気1着 サトノガーネット
京阪杯 7番人気3着 カラクレナイ
アルゼンチン共和国杯 5番人気2着 タイセイトレイル
菊花賞 8番人気2着 サトノルークス
富士S 9番人気2着 フロンテアクイーン
小倉記念 6番人気2着 カデナ
中京記念 6番人気2着 クリノガウディー
マーメイドS 7番人気1着 サラス
エプソムカップ 7番人気2着 サラキア
京都新聞杯 11番人気1着 レッドジェニアル
アーリントンカップ 7番人気2着 カテドラル
阪神牝馬S 9番人気3着 ミエノサクシード
ダービー卿CT 7番人気3着 マイスタイル
中山牝馬S 5番人気1着 フロンテアクイーン
弥生賞 8番人気1着 メイショウテンゲン
チューリップ賞 7番人気3着 ノーブルスコア
オーシャンS穴馬 7番人気3着 ダイメイフジ
きさらぎ賞 7番人気3着 ランスオプラーナ
愛知杯 8番人気1着 ワンブレアウェイ

 

[東京新聞杯 2020 人気薄の出走馬の買い材料と馬体考察]

ケイデンスコール

全体的にボリュームがあり手脚が長めの体型はロードクエストと似た印象。

1400mがベストと感じたが、決め手を生かすレースをすればマイルにも対応可能。

古馬相手のG1で好走するにはここから成長や変化が欲しい。3歳夏の時点では、完成度という面でもまだ上積みの余地を感じさせた。

NHKマイルカップではペースが上がって決め手が生きる流れとなったことが追い風になり2着と好走。馬体写真がなかったが、朝日杯FS時よりも出来が上向いていたと思われる。

前走キャピタルSは休み明けと道悪が影響したと思われる。今回、条件は悪くない。

 

キャンベルジュニア

重心が低いつくりをみると、父方のフェアリーキングなどの影響が出ているか。

2018年の安田記念時の馬体のフォルムを見ると、1400m近辺が一番いいかもしれない。スピードの絶対値が高い点から前でのレースが合う。

2019年のシーズンは3戦していずれも結果が出ていないが、いずれもレース間隔が空いていた。中京記念、富士Sはいずれも得意でない道悪も響いたか。

 

モルフェオルフェ

全体のフォルムが母の母である福島牝馬Sなど重賞で活躍したロフティーエイムと似ている。

純粋なマイラーという印象は感じられず、小回りコースの2000mであれば対応できる可能性がある。

前走愛知杯は道悪で脚質的に厳しかった。その前のレースは1600mで連勝している点は魅力。

 

クルーガー

デビュー前の馬体写真を見るとボリュームがありスピードタイプに出ていたが、2018年の京都金杯、東京新聞杯で見た際もやはり同様のイメージ。

身体の使い方や肩の角度から距離は1600mが合うと考えたが、そこまでスピードに特化したタイプではなく、決め手で勝負をするタイプである点からも2000mまではもつよう。

ただ、本質はマイルにあるはず。今回、スタミナが要求される府中のマイル戦はベストに近い条件。

 

スウィングビート

ボリュームはあるマイラーといったフォルムで距離は1600mがベスト。ダート馬としては、そこまでパワーを感じさせない比較的スラっとした体型。

蹄とつなぎの形状からある程度芝に適応できておかしくはない。

 

ケイアイノーテック

腰のつくりにキレを感じさせる点など同じディープインパクト産駒のダノンシャークに似ていた。

ただ、古馬になってからの馬体を見ると、母ケイアイガーベラの影響が出てきたようで、パワーにベクトルが傾いてきた印象がある。

脚質やコースはそれほど選ばないタイプ。

2歳の朝日杯FS時に古馬重賞を勝てるだけの力はあるが、複数勝てるか、G1で好走できるかは微妙なところとお伝えした。

NHKマイルカップを勝ったが、それほどレベルが高いメンバーではなく、展開が向いた感があり、過去の勝ち馬と比べると下のレベルに入る。

近走結果が出ていないが、チャレンジカップでは上がり最速をマークして勝ち馬と0秒3差というレースをしており復調気配を感じさせた。距離短縮はプラス材料。

 

ドーヴァー

デビュー前の馬体写真を見ると、骨格が発達しておりパワーにベクトルが傾いている。アドマイヤムーン産駒で、ミスプロのクロスがあると考得たがやはりそのよう。

アメリカ的なスピードとパワーが色濃く出たタイプ。

フットワークを見るに道悪はあまりよくないかもしれないと考えたが、不良馬場で行われた2019年のキャピタルSを完勝しており誤りであった。

京都金杯時は展開が向かなかった。その時よりもペースが上がり、出来が上向いていれば。

 

ゴールドサーベラス

1400mから1800mが守備範囲で、肩の角度が立っている点から距離にはある程度限界があるようでマイルがベスト。

谷川岳Sで勝ち馬と0秒2差とオープンのレースでさして差がないレースをしており、ハンデ戦の重賞であれば展開や枠の恩恵があれば走る可能性はあると考えた。

ペースが上がって展開がはまれば。

 

ロワアブソリュー

胴が短くボリュームのあるつくり。3歳のきさらぎ賞時に距離に限界がある可能性があり、マイル戦の方がいいかもしれないとお伝えした。

危険な人気馬になると考えて馬券の対象から外したが、その後も含めて1800mで凡走し、それからはやはり短距離路線をつかわれるようになっている。

近走結果が出ていないが、近3走はいずれも馬場の悪化が影響したか。良馬場であれば。

 

東京新聞杯は過去2019年、2018年、2017年とガチガチに近い堅い結果となりましたが、2016年までは毎年のように有料メルマガでお届けした穴馬が激走。

2016年11番人気3着マイネルアウラート:自信の穴馬推奨。

2015年9番人気2着アルフレード:穴馬推奨。

2014年8番人気1着ホエールキャプチャ:自信の穴馬推奨。

2012年8番人気1着ガルボ:自信の穴馬推奨。

2011年7番人気2着キングストリート:穴馬推奨。

波乱がありそうな場合は、無料メルマガ(←クリック)でも無料穴馬をお届けします。

無料メルマガは2006年創刊、読者数3000人以上。

Twitter(←アカウント)へ的中報告(←こちら)を送って頂いた方へお礼を申し上げます。

-東京新聞杯 予想
-, , , ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.