天皇賞 秋

天皇賞(秋) 2018 傾向

投稿日:

※ 人気ブログランキングのランキング順位が上がっていれば、また情報をお届けさせて頂きます。

閲覧時に1回クリックをお願いします。(1日に2回以上クリックされても反映されません。)

 

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

菊花賞はLINEでお届けした調教推奨馬フィエールマンが勝利。

秋華賞はミッキーチャーム、カンタービレの2頭が馬券に。

天皇賞(秋)調教推奨馬は木曜夜か金曜朝、LINEでお届けします。

無料メルマガ、LINEとも広告のみの配信はほとんどありません。

 

菊花賞はレース前に時間があったので、Twitter(←フォローお返ししています)で出走馬の情報をお届けしました。

時間があれば天皇賞(秋)も情報をつぶやいていきます。

 

[天皇賞(秋) 2018 傾向]

※ データは東京で行われた過去10レースを対象に編集しています。

○ 天皇賞(秋)・レースのポイントと概要

かつては古馬中長距離路線の王道というレースであったが、近年は凱旋門賞へ参戦した超一流馬が多く、2400m以上の距離で強い長距離馬などがこのレースを避けてジャパンカップへ向かうというケースもみられる。

また、逆に菊花賞を回避した3歳馬が矛先を向けるというケースが目立ち、レースの特徴もかなり変わってきている。

「府中に魔物が棲む」と言われる格言どおり、かつては1番人気の馬が敗れ続け、1988年1999年まで12年連続で1番人気の馬が勝つことが出来なかった。

しかし、2003年以降はシンボリクリスエス、ゼンノロブロイ、メイショウサムソン、ウオッカ、ラブリーデイなどが1番人気で勝利しており、それまでのジンクスは完全に払しょくされている。

近年は1番人気の馬が多数結果を残しており、比較的平穏な結果となるレースが多くみられる。
が多くみられる。

○ 天皇賞(秋)・コースが及ぼす影響

府中の芝2000mは外枠が不利であることが通説となっていたが、コース改装後はその部分も改善されている。

ただ、基本的には1コーナー奥のポケットにスタート地点があるというコース形態は変わっておらず、外枠の馬にはやや不利となる。

近年の時計、前半800m後半800mのラップタイムをみると、例年前半800mのペースが46秒台から47秒台で推移することが多いが、ペースによって性質が変わってくる。

連対馬の脚質をみると、逃げ馬の連対は、2008年に歴史的名牝であるダイワスカーレットが逃げた1回のみ。

差し馬もきているが、逃げ、追い込みなどの極端な脚質の馬は割引となり、後ろから競馬をする馬は人気を裏切る馬が多い。

以前は内が伸びる馬場や外枠不利の状況があり、大外の馬は後方からのレースとなりやすいためか人気を裏切るケースがまま見られた。

基本的には2000m巧者が中心となる。

2000mの実績は必須で、連対馬のほとんどが重賞勝利などの結果を持っていた。

血統的な面であるが、直線の長いコースの2000mという距離は、サンデーサイレンス産駒が最も得意とする条件であった。

サンデーサイレンス産駒が天皇賞(秋)へ出走するようになった後、東京で行われた2009年までの過去15レースでサンデーサイレンス産駒が14頭連対している。

これからはサンデーサイレンス系の種牡馬の中でも瞬発力を身上とする馬の仔や、過去に天皇賞(秋)で結果を残したサンデーサイレンス産駒の仔、母の父サンデーサイレンスの馬も評価が必要となるとお伝えしてきた。

ジェンティルドンナ、リアルスティール、スピルバーグ、ステファノスなど、やはりディープインパクト産駒がかなり結果を残している。

○ 天皇賞(秋)・臨戦過程

連対馬の前走のレースとそこでの結果をみると下記のよう。

毎日王冠…8頭  2-2-1-3
京都大賞典…1頭 1-0-0-0
オールカマー…0頭  0-0-0-0
セントライト記念…1頭  1-0-0-0
札幌記念…2頭  1-1-0-0
宝塚記念…6頭  1-1-1-3
安田記念…1頭  0-0-0-1
大阪杯…1頭  1-0-0-0

連対馬の前走のレースをみると、全て重賞レースであった。

中距離の超一流馬が海外のレースへ出走するケースが増えているが、このレースをスキップしてジャパンカップへ出走するケースもみられる。

そのため、京都大賞典をつかわれていた馬が好走するケースが減少している。

毎日王冠組が主流だが、近年は札幌記念や宝塚記念から直行してくるケースが多くなっている。

 

府中牝馬Sは無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←クリック)でお届けした無料穴馬7番人気フロンテアクイーンが3着に。

Twitterへ読者の方から穴馬の的中報告(←こちら)を頂戴しました。

的中報告を送って頂いた方へお礼を申し上げます。ありがとうございました。

富士ステークスは上位5頭を1~5番人気の馬が占める堅い結果になりましたが、そこまで荒れる感じではなかったため、無料穴馬のお届けをお休みさせて頂きました。

天皇賞(秋)の穴馬と危険な人気馬の特徴は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←クリック)でお届けしました。登録時に前回配信分が届きます。

-天皇賞 秋
-, ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.