競馬 予想

有望な実力馬は!?天皇賞(春)2018前哨戦の評価

更新日:

天皇賞(春)の穴馬候補を競馬ランキングの備考欄へ更新。

 

LINEでは重賞の無料穴馬をお届けしています。

皐月賞はLINEで調教推奨馬をお届けさせて頂きました。

そのうちの1頭を穴馬に推すとお伝えしましたが、9番人気サンリヴァルが2着に。

 

無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でも穴馬をお届けしています。

読者の方から的中報告(←こちら)を頂戴しました。

心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

 

有料穴馬は皐月賞で特別に穴馬をお届けさせて頂きましたが、8番人気ジェネラーレウーノが3着に。

皐月賞 8番人気3着ジェネラーレウーノ ※ 特別に配信
ダービー卿CT 9番人気3着 ストーミーシー
日経賞 7番人気2着 チェスナットコート
金鯱賞 8番人気2着 サトノノブレス
共同通信杯 10番人気3着 エイムアンドエンド
きさらぎ賞 5番人気3着 ラセット
シルクロードS 5番人気2着 セイウンコウセイ
東海S 13番人気2着 コスモカナディアン
ターコイズS 7番人気3着 デンコウアンジュ
京阪杯 9番人気1着 ネロ
武蔵野S 8番人気2着 サンライズソア
スワンS 12番人気2着 ヒルノデイバロー

その他にも、ニュージーランドT12番人気4着ゴールドギア 、東京新聞杯9番人気4着デンコウアンジュ、AJC杯9番人気4着ディサイファ、京成杯10番人気4着ライトカラカゼなど、惜しい結果となっています。

 

先週の有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」はマイラーズカップ、福島牝馬Sの2レース的中。

勝負馬券の馬連回収率は払い戻し均等で、福島牝馬Sが約750%ほど、マイラーズカップは約650%ほどありました。

フローラSで人気薄の馬を狙うも全ての馬がスタートで不利や出遅れがあり不的中となりましたが、いい予想が出来ていると思います。

マイラーズカップ ○▲△ 馬連1270円本線1点(5点)的中
福島牝馬S ▲◎ 馬連3070円本線3点(5点)的中
皐月賞 9番人気2着サンリヴァル・自信の穴馬推奨
阪神牝馬S ○★ ワイド1430円3点的中 11番人気2着レッドアヴァンセ・自信の穴馬推奨
ニュージーランドT 1着○3着◎ 9番人気3着デルタバローズ・本命推奨
ダービー卿CT 6番人気2着キャンベルジュニア・本命推奨 9番人気3着ストーミーシー・穴馬推奨
日経賞 ▲★○ 3連複23270円14点的中 7番人気2着チェスナットコート・自信の穴馬推奨
金鯱賞 ▲★○ 3連複4000円本線1点的中 8番人気2着サトノノブレス・自信の穴馬推奨
クイーンカップ ▲◎ 馬連4010円6点的中

今週の天皇賞(春)は、現在のところ予想オッズ2けた人気の馬を本命もしくは自信の穴馬に推す予定。

今回はこれまでの重賞回顧をまとめた天皇賞(春)前哨戦のポイントをお届けします。

なお、有料情報旧読者の方はメールを送信させて頂いたのでご覧ください。

(有料情報旧読者の方は、アドレスを変更された際、お名前フルネームと旧アドレスと新アドレス両方を明記してご連絡ください。)

 

[天皇賞(春) 前哨戦のポイント]

○ 大阪杯

2018年は2017年よりもペースが落ち着いたため、よりまぎれのあるレースとなった。レース前に想定したとおりの状況であったが、内枠や先行馬で決着。

4番人気13着シュヴァルグランは仕上がり途上で距離不足などマイナス材料が多い点から馬券の対象から外した。展開も合わず、このレースは完全に参考外と考えることが出来、次走で巻き返す可能性は十分。

○ 日経賞

例年、レース時計は2分33秒台から2分32秒台で決着することが多く、前半1000mは61秒0近辺が水準。

2018年は前半1000m62秒8、後半60秒4と遅いペースで推移。

出走馬のレベルはG1実績馬はキセキのみで、近年の中ではかなり層が薄く低レベルであった。

勝ったガンコは上がりのかかるレースで結果を残しており先行できる点からも条件が合ったと思われる。上がりの速い瞬発力勝負となった日経新春杯以外では結果を残しており底を見せていなかった。ただ、天皇賞(春)へ向かうことになると思われる。先述した時計が過去の高レベルの水準になかったが、天皇賞(春)で通用するかは現時点で何とも言えない。

7番人気で2着に入ったチェスナットコートは連勝中で底を見せていなかった。走法から直線が長いコースで決め手を生かすレースの方が合うと考えたが、中盤からペースが上がったことが追い風になった。オープンで実績でなかったが、能力的な面から通用しえると考え自信の穴馬に推奨した。G1で通用しえるかは微妙だが、まだ成長の余地は残っている。

○ 阪神大賞典

層の厚さを優先してレベルに順位をつけると、2018年の出走馬はG1勝ち馬がおらず、近年の中では最低水準。

過去のレースの時計をみると、長距離レースらしくペースにはばらつきがあるが、前半1000mが60秒台で推移していれば平均よりも速いといえる。

2018年は前半1000m60秒1というやや速い時計。そこから13秒台のラップをひとつ刻んだだけで、出走頭数は少なかったが前有利とならなかった。

12.8 - 11.4 - 11.7 - 11.8 - 12.4 - 12.3 - 12.6 - 13.3 - 12.8 - 12.3 - 12.0 - 11.8 - 11.9 - 12.0 - 12.5

人気薄の馬の出番はないと想定したが、実力馬が結果を残すレースとなった。

勝ったレインボーラインは有馬記念以来のレースであったにも関わらず状態がよく、以前よりも馬体を大きく見せているとお伝えしたが、もっと高い評価とするべきであった。天皇賞(春)も有望。

2着サトノクロニクルは状態がよく能力的にも今回のメンバーであれば通用しえた。レース後鞍上が「距離も距離にメドがついた」と言うコメントを残しているように、長距離適性が微妙であったため馬券の対象から外したが、タイプ的に誤魔化すことが出来ると判断するべきであった。

3着クリンチャーは前走から絞れており、条件も合った。ただ、道中行きたがっており、ペースが落ち着かなかったことからも消耗があった。くわえて、前走京都記念は他の実績馬が崩れたことに助けられた面があり、レース前に危惧したが、単勝1倍台はやはり過剰評価であった。

2番人気4着アルバートは仕上がりは問題なく、展開も合ったが、能力差が出たか。

○ ダイヤモンドS

2018年はフェイムゲーム、ソールインパクト、プレストウィックなどに重賞で実績があった。

レース前に水準くらいのメンバーと考えたが、フェイムゲームを除くと過去の出走馬と比べると実績で劣っており、水準よりも低いメンバー構成であった。

3着ソールインパクトはアルゼンチン共和国杯で2着があったが、持続力が要求される条件が合ったよう。

○ 京都記念

例年G1レベルの馬が出走しており、レベルが高く、レースレベルに大きな差はない。

2018年、能力上位にあるのはレイデオロ、アルアインの2頭。明け4歳が重賞で結果を残している点や、アルアインがマイルCS勝ち馬のペルシアンナイトを皐月賞で降している点からも、能力的に中心となる。

エリザベス女王杯勝ち馬モズカッチャン、秋華賞でモズカッチャンを降したディアドラ、菊花賞2着馬クリンチャー、エリザベス女王杯2着クロコスミアなど、G1好走馬が多く、非常に層が厚かった。

過去のレースの時計をみると前半800mが49秒から48秒台で推移することが多いが、2018年は50秒3という時計であった。

重馬場であったため単純に遅いと判断できないが、ラップタイムを見ると後半は12秒台前半をマークしていながら、前半800mで13秒台を2つ刻む流れからかなりのスローペースであったと判断できる。

12.5 - 11.5 - 13.3 - 13.0 - 12.7 - 12.6 - 12.2 - 12.2 - 12.2 - 11.8 - 12.3

このペースの遅さがレイデオロ、クロコスミアといった馬の気性的な難しさを誘発する要因となり、レースの大きなポイントに。

穴馬に推したミッキーロケットは道悪が響いたか。能力の減退は明確ではなく、次走以降まだ見限ることが出来ない。

○ 日経新春杯

2018年は出走頭数が少ないこともあり、かなり層が薄く、近年最低レベルであった。

日経新春杯は馬場状態から2分25秒台での決着を想定したが、前販1000m62秒0と遅いペースで推移し、その時点で前残りと波乱になると直感したが、やはり前有利のレースとなり人気薄の馬が一角を崩して人気馬が沈む結果に。

3着には7番人気ガンコが入ったが、2番手を追走しており、やはり展開の恩恵があった。ダートをつかわれ続けていたが、前走芝の1000万条件で2着に0秒3差をつけて勝利しており、底を見せていなかった。

2番人気4着ミッキーロケットは57.5キロを背負っており、先行していたが、ペースが落ち着いて展開が向かず、斤量が軽い馬に先着される結果となった。

5番人気11着ソールインパクトは位置取りが後方からのレースとなり、決め手勝負となったことで出番がなかった。

LINEでは不定期で穴馬、展望、考察など、無料で重賞の情報をお届けしています。

 

重賞レースの過去の傾向、穴馬と危険な人気馬の特徴は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けしています。

Twitterでは競馬ネタをつぶやいています。

 

-競馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.