穴馬 予想

天皇賞(秋) 2018 予想 馬体診断考察2

更新日:

菊花賞はLINEでお届けした調教推奨馬フィエールマンが勝利。

秋華賞はミッキーチャーム、カンタービレの2頭が馬券に。

2018年天皇賞(秋)調教推奨馬をブログランキングへ更新

の備考欄へ更新。順位は110位くらい

の備考欄へ更新。順位は70位くらい

 

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

菊花賞はレース前に時間があったので、Twitter(←フォローお返ししています)で出走馬の情報をお届けしました。

時間があれば天皇賞(秋)も情報をつぶやいていきます。

Twitterへ読者の方から穴馬の的中報告(←こちら)を頂戴しました。

的中報告を送って頂いた方へお礼を申し上げます。ありがとうございました。

重賞の穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←クリック)でお届けします。

 

[天皇賞(秋) 2018 出走馬考察2]

スワーヴリチャード

2歳時にデビュー前の馬体写真を見た際は、重賞まではどうかと感じた。しかし、東スポ杯2歳のレースをみると、非常にしなやかな走法をしており、スケールを感じさせた。

共同通信杯ではデビュー前よりも身体を大きく見せており、能力的な評価を上方修正して本命に推した。

いい脚を長くつかうタイプで、有馬記念時にある程度前でのレースもできるはずとお伝えしたが、金鯱賞以降は前でレースをすすめてレースをつくるようになっている。

距離は高いレベルでも2400mまでは十分もつ。天皇賞(秋)の東京芝2000mという条件だが、距離、コースなどベストの条件で、スローペースや瞬発力勝負にも対応できる。

 

ヴィブロス

ヴィルシーナの全妹。姉はヴィクトリアマイルを連覇したが、オークスやエリザベス女王杯でも結果を残している。この馬は1800mがベスト。マイラーという印象はない点から2000mは問題ない。天皇賞(秋)の東京芝2000mという条件も対応可能。

過去のレースを振り返ってみると、3歳春のフラワーカップ時にレース回顧で、秋になってからの馬とお伝えしたが、やはりひと夏を越してよくなった。

3歳秋の時点ではあまり評価をしなかった。勝利したドバイの結果から能力に関して見誤っていたと考えたが、海外挑戦という最高のタイミングで本格化していたよう。

宝塚記念は条件があまり合わなかったが、4着と恰好をつけており、衰えは感じれない。ドバイターフで1着2着と結果を残している点からも能力は上位に劣らない。展開が向けば。

 

レイデオロ

骨格は父キングカメハメハの影響が出ているが、やや角ばったフォルム、上半身と下半身のボリュームが均等な点や、首が高い走法など母の父シンボリクリスエスによく似ており、より影響が強く出ているよう。

パワーも兼ね備えており、父キングカメハメハと同じように総合力で勝負をするタイプだが、キングカメハメハほどスピードの絶対値は高くないためマイルは忙しい。

距離にはある程度限界があり、そのため3歳時に菊花賞へ向かわなかったと思われる。2000m近辺が合うと考えたが、2400mまでは高いレベルでも問題ないよう。天皇賞(秋)の東京芝2000mという条件は合う。

前走オールカマーではレース後陣営が「8分くらいの出来」と言うコメントを残していた。オールカマーではペースが上がったことも追い風になった。今回は前でレースをする馬が少ないため、展開とペースが懸念材料となる。

 

人気ブログランキングのランキング順位が上がっていれば、今後も特別な情報をお届けさせて頂きます。

閲覧時に1回クリックをお願いします。(1日に2回以上クリックされても反映されません。)

 

LINEの調教推奨馬の次回配信は木曜夜か金曜朝を予定しています。

無料メルマガ、LINEとも広告のみの配信はほとんどありません。

-穴馬 予想
-, ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.