シルクロードステークス 予想

シルクロードステークス 2019 予想 馬体診断考察

更新日:

シルクロードステークスの穴馬の特徴に符合した重賞レース穴馬候補をランキングへ更新。

京都金杯は3着(11番人気)ミエノサクシードが符合。

順位は100位くらい

順位は60位くらい

※ 出走確定前に更新しています。回避や除外の場合があります。

 

 

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「競馬予想 馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

今回は有料メルマガ「競馬予想 馬体診断&重賞データ」でお届けした2019年シルクロードステークス出走馬の馬体診断考察の一部をお届けします。

シルクロードステークスの予想の参考となれば幸いです。

 

 

中山金杯は無料メルマガ(←クリック)とLINEでお届けした無料穴馬9番人気タニノフランケルが3着に。

 

[シルクロードステークス 2019 予想 馬体診断考察]

ダノンスマッシュ

肩と腰の傾斜などを見ると距離に限界があるタイプだが、スプリンターというイメージがなく、サンカルロなどのように1400mがベストという感じかもしれない。

朝日杯FS時に重賞でもやれる素質があるとお伝えしたが、3歳時はダノンプレミアム、タワーオブロンドンといった人気上位の2頭と比べると完成度で劣った。

父ロードカナロアも晩成タイプであったが、その影響が出ているのかもしれないが、古馬になってからの上積みの余地がある。

ラブカンプーがスプリンターズSで2着と好走しているように現4歳世代のレベルが高いが、短距離では世代でトップクラスの能力を有している。斤量も56.5キロとそこまで背負わない点は好材料。

 

ラブカンプー

腰の位置が高く、一本調子のスピードで勝負をするタイプのよう。過去の活躍馬で言うと、サンアディユやアンバルブライベンなど何故か牝馬のスプリンターに似たタイプが多く、牡馬で同じタイプの馬は記憶にない。

それほど高い評価をしてこなかったが、見くびるべきではなかったよう。スプリンターズSでは前有利の流れではあったが2着と好走しており、想定以上の資質を有していたと考えたい。今回、成長があるかもしれない。

 

アンヴァル

肩の角度などから確実に距離に限界があり、1400m以下の方が合う。1200mであれば京都や中京などが合う。

それほど切れるという印象はなく、ある程度前でレースをする方が合う。3歳時の馬体を見る限り、能力的に限界を感じさせた。

ただ、淀短距離Sで先行して2着と好走しているが、ある程度ペースが上がっており、楽なレースではなかった。今回はさらに斤量が減って53キロでの出走となるが、有利ではある。

 

 

アレスバローズ

下半身のつくりなどから決め手を生かすレースが合うタイプで、その点では父ディープインパクトの影響が出ている。骨格や全体的に体高があるつくりは母の父トニービンの影響か。

父と母の父の組み合わせは血統的にもクランモンタナ、フェルメッツァといった代表例からも中距離向きというイメージがあるが、全体のボリュームなど距離に限界を感じさせる体型。

強いインブリードがあると考えたがそれもなく何故スプリント体型に出ているのかは不明。

馬体を見る限り高い素質を有しており、これまで重賞を複数勝てる素質があるとお伝えしてきた。

2018年の夏にCBC賞、北九州記念を連勝しているが、何故急に結果を残すことが出来るようになったかは不明。今回、休み明けの影響と57.5キロが課題となり取捨のポイント。

 

セイウンコウセイ

丸みを帯びた身体のラインやボリューム、肩と腰の傾斜が立ったフォルムなど、父アドマイヤムーンの影響というよりもアドマイヤムーン産駒に多い特徴を感じさせる。

父の現役時代と異なり、その産駒はファインニードルなどスプリント戦に適性を見せる馬が多いが、この馬もご多分に漏れず1200m近辺に適性がある。1200mであればコースはそれほど問わないはず。

馬体のバランスは申し分なく、2017年のシルクロードS時に重賞でやれてもおかしくないとお伝えしたが課題があった。

勝利した高松宮記念時に、例年のレベルであれば外すかもしれないが、今年のメンバーであれば通用しえるとお伝えした。

高松宮記念を勝利した後、陣営が身体が出来上がっていない点から安田記念をパスしたというコメントを残しているが、その点からも考え方は間違いないでなかったはず。今回、能力的な衰えがないかと58キロを背負う点が課題。地力は上位だが。

[PR]

“”今週末は稼げる重賞“”

愛知杯、シルクロードSは過去平均配当高め!今年もそんな予感しますよね?!

愛知杯過去3年配当上げた馬。

18年3連単121,160円(2着レイホーロマンス11人気)

17年3連単120,440円(2着サンソヴール10人気)

16年3連単345,200円(1着バウンスシャッセ8人気)

シルクロードS過去3年配当上げた馬。

18年3連単237290円(3着フミノムーン15人気)

17年3連単40,820円(3着セカンドテーブル7人気)

16年3連単161,190円(3着ワキノブレイブ11人気)

穴馬をどう選んでくるか、信頼してるココが無料予想出してて、出してくる穴馬は必見かもです。一度利益穴馬を見てみてください。舞浜特別40万超え、ターコイズS60万超えなど結構噂になりそうな3連単をしっかり予測。今年もAJCC、東海、京成杯、日経新春杯、フェアリーは3連単で捉えてます。

根岸Sは距離短縮組が好走しそうな予感。

18年ノンコノユメ ,17年カフジテイク,16年モーニン,15年エアハリファ,14年ゴールスキー。。。。該当馬は・・クインズサターン、サンライズノヴァ、クロスケでしょう。。

これも信頼してる競馬大陸さんがこのレースを無料予想出しててかつ上記3頭が一致したら点数抑えて馬券買いに走ります。

毎週土曜5鞍日曜5鞍後半重賞含めて公開されるので必見です。この穴馬とらえてる予想が無料なので読者さんからかなり的中報告きてるところなので一度検証してみてください。

 

ダイメイプリンセス

胴長な点や上半身のつくりなどは同じキングヘイロー産駒のローレルゲレイロやシャイニープリンスと似ているが、牝馬ということもあってかやや華奢な印象がある。

近走のレースを見ていくと、9着に敗れたCBC賞は後手を踏んだ点も敗因。勝利したアイビスSDでは条件が合う点などから最も好走の可能性が高い馬とお伝えした。2018年の夏から徐々に成長している。

 

ラインスピリット

丸みを帯びた馬体のフォルムや、距離には限界がある点などアドマイヤムーン産駒に多くみられる特徴だが、父スウェプトオーヴァーボード、母の父トニービンよりも、アドマイヤムーンの父であり、この馬の父の父でもあるエンドスウィープの影響が出ているためか。

阪神カップで凡走したが条件が合わなかった。京都の芝1200mはベストに近い条件だが。

 

ナインテイルズ

父ローエングリン、母の父メジロライアンという血統であるが、いずれの影響が出ているか微妙な部分がある。

高いレベルになるとスピード不足になる可能性がある。

前走淀短距離Sを勝っているが、昨年夏から高いパフォーマンスをみせている。8歳という年齢だが、能力的にピークの状況にあるかもしれない。

淀短距離Sを勝利した際、3着ティーハーフより斤量が軽かったという点はあるが、特別展開が向いたという感じではなく、枠の面で有利でもなかった。

 

カラクレナイ

全体の骨格や上半身のつくりをみると、母の父アグネスタキオンの影響が強く出ており、決め手を生かすレースが合う。

フットワークが小さく距離延長への対応力を欠き、それ以外の面においても条件を選ぶ分がある。1200mでは結果を残しにくい面がある。悪化した馬場は苦にしないはず。

 

 

先週、無料メルマガでお届けした調教推奨馬はチュウワウィザードが2着という結果。

[調教推奨馬]

○ アメリカジョッキークラブカップ

ミライヘノツバサ

○ 東海ステークス

チュウワウィザード →2着

重賞の無料穴馬と調教推奨馬は無料メルマガ(←クリック)とLINEでお届けしています。

-シルクロードステークス 予想
-, ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2019 All Rights Reserved.