穴馬 予想

皐月賞 2021 穴馬予想 人気薄の買い材料 穴馬の特徴と傾向

更新日:

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「競馬予想 馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

今回は2021年皐月賞人気薄の穴馬の買い材料や、過去皐月賞で走った穴馬の特徴をお届けします。

皐月賞の穴馬探しの参考となれば幸いです。

桜花賞は無料穴馬8番人気ファインルージュが3着に。

無料穴馬はLINEでお届けしています。(一部は独自配信のメール。詳細はLINEをご覧ください。

 

LINE(←クリック)では無料穴馬もお届けしています。

読者の方から、Twitter(←アカウント)へ的中報告(←こちら)を送って頂きました。

ありがとうございました。

Twitterでは予想のヒントなどをお届けしています。

 

無料穴馬はLINEでお届けしています。

 

2021 皐月賞 人気薄の買い材料

 

タイトルホルダー

上半身と下半身ともにボリュームのあるつくりでスピードタイプに出ている。1600mから2000mがベストか。

一貫したラップを刻むような小回りコースの方が合う。

今回、条件は申し分ない。

 

アドマイヤハダル

母の母タバサトウショウは宝塚記念などを制したスイープトウショウを出しており、この馬はスイープトウショウの甥という血統。

父ロードカナロア、母の父ディープインパクトという組み合わせからもかなりの良血。

前走若葉Sでは2着に0秒5差をつけて完勝しており、連勝中で底を見せていない点は評価が必要。

決め手が生きる馬場となれば条件的に合う。

 

グラティアス

ある程度筋肉量やボリュームを感じさせながらも手脚が長めなつくりは父ハーツクライの影響が出ている。

父やその産駒は晩成傾向がみられるが、この馬は3歳春の時点でそれなりに完成度が高い。

ハーツクライ産駒は想定した以上の資質を有しているケースがあり、2戦2勝と底を見せていない点も不気味。

 

レッドベルオーブ

ディープインパクト産駒でそれほど筋肉量がないが、背中が短めで頭の位置が高く、ある程度距離に限界がある。

アドマイヤマーズに似ているタイプと考えたが、それほど筋肉量がない点から、単純な短距離馬ではないか。

全兄レッドベルオーブは馬体を見る限りかなりの逸材であった。

2019年のデイリー杯2歳を勝って朝日杯FSへ臨み、ノドの問題があって凡走という結果に終わり、そこで競走生活を終えることになったが、その後種牡馬入りしたことからも素質を高く評価されていたことが伺える。

この馬も素質は決して悪くない。

 

シュヴァリエローズ

レベルが高いレースでなければ小回りコースの2000mまでは守備範囲か。

前走若葉Sで2着に終わっているが、力んで走っており、やや控える形になり持ち味が生きなかった。

もう少し前でレースをすればパフォーマンスを上げておかしくない。

 

イルーシヴパンサー

馬体を見ると重賞で通用しておかしくない。

距離は1800m2000mの方が合う。

前走スプリングSは道悪が響いたか。それでも勝ち馬と0秒5差の4着と悪くない結果。

 

アサマノイタズラ

中距離に本質があり1800m2000mが合う。

それほど完歩が大きくなく道悪は走る。父ヴィクトワールピサは重馬場の弥生賞とやや重の皐月賞を勝っており、その父ネオユニヴァースもミズスマシと言われるほどのみ道悪巧者。

母方にリファール系のダンシングブレーヴ、そしてサドラーズウェルズ系のオペラハウスといった重厚な欧州系の血が入っており、ヘイローのクロスがある血統構成で、ここまで道悪がプラスになると感じさせる血統の馬も珍しい。

 

ワールドリバイバル

スプリングS時の考察で秋は菊花賞などで有望とお伝えしたが、馬体を見返すと骨格などは母の父アグネスタキオンの影響が出ており、心肺機能が発達しているわけではなく中距離に適性があると見る。

骨格を見るに坂のあるコースは合う。

坂のあるコースの中距離は合う。

素質はそこまで悪くなく、もう一つくらい好材料があれば。

 

ヨーホーレイク

ダート重賞で活躍したボレアス、弥生賞勝ち馬でクラシックレベルの力を有していたカミノタサハラなどの全弟。

オープン入りした全兄や全姉が複数いるが、それらと体型が似ている。

きさらぎ賞の時点では筋肉量が乏しく完成度で劣ったが2着と好走。今回能力的な上積みを感じさせる。

道悪やハイペースなどで実力上位の馬の多くが崩れて生き残るという形であれば。

 

無料穴馬はLINEでお届けしています。

 

皐月賞 調教推奨馬

※ 下記は無料でお届けした調教推奨馬

桜花賞1着 ソダシ
阪神牝馬S1着 デゼル
大阪杯1着 レイパパレ
ダービー卿チャレンジトロフィー2着 カテドラル
ダービー卿チャレンジトロフィー3着 ボンセルヴィーソ
高松宮記念1着 ダノンスマッシュ
高松宮記念2着 レシステンシア
高松宮記念3着 インディチャンプ
日経賞1着 ウインマリリン
阪神大賞典3着(9番人気) ナムラドノヴァン
スプリングステークス3着 ボーデン
ファルコンステークス1着 ルークズネスト
ファルコンステークス3着 モントライゼ
フラワーカップ3着 ユーバーレーベン
中山牝馬ステークス1着(7番人気) ランブリングアレー
弥生賞1着 タイトルホルダー
弥生賞2着 シュネルマイスター
チューリップ賞1着 メイケイエール
阪急杯2着(10番人気) ミッキーブリランテ
阪急杯3着 ジャンダルム

調教推奨馬に関してLINEのご案内をご覧ください。

無料穴馬もそちらでお届けしています。

 

 

皐月賞 穴馬の特徴

○ 2018年皐月賞:7番人気1着エポカドーロ

4番手を追走していたが、実質的に逃げた形になっており、それほど厳しい展開ではなくマイペースのレースをしていたことが勝因。道悪も全く苦にしなかった。

 

○ 2018年皐月賞:9番人気2着サンリヴァル

有料メルマガで自信の穴馬推奨。前走弥生賞は休み明けの影響を感じさせたが、体重もプラス10キロと増えていた。たたかれての上積みが見込めると考えた。マイナス12キロと体重が減っており、絞れていたよう。

 

○ 2018年皐月賞:8番人気3着ジェネラーレウーノ

坂のあるコースが合い、脚質的に内回りコースも合った。道悪も苦にしなかったよう。馬体を見る限り、今後も重賞で好走していくくらいの能力はあった。

 

○ 2017年皐月賞:12番人気3着ダンビュライト

本命推奨。

中山芝2000mの適性は高かった。

元々素質を評価してきた馬で完成度が低い印象があったが、馬体の面から能力的な上積みを感じさせた。

 

○ 2017年皐月賞:9番人気1着アルアイン

出来がよく、前走毎日杯を勝っていたが、底を見せていなかった。

ほぼベストの条件で、良好な馬場状態が追い風に。

他の人気馬の状態に問題があった点も追い風に。

 

○ 2016年皐月賞:8番人気1着ディーマジェスティ

前半1000m58秒4、後半59秒5というハイペースで推移し、消耗戦となったことが追い風に。

前走共同通信杯を勝っていたが侮られていた。

 

○ 2011年皐月賞:8番人気3着ダノンバラード

穴馬推奨。

前走共同通信杯では人気を裏切ったが、このレースでは状態が上がっており評価した。

例年行われる中山よりもこの東京が合ったことが好走の要因。人気馬は状態が上がりきっていなかった馬もいた。

 

○ 2010年皐月賞:11番人気3着エイシンフラッシュ

自信の穴馬推奨。

京成杯以来で2カ月ぶりのレースが嫌われたが、調教の内容が抜群によかったため評価した。

 

○ 皐月賞:2009年8番人気2着トライアンフマーチ

前半1000m59秒1、その後も12秒0近辺で推移する速い流れ。

先行した人気のロジユニヴァース、リーチザクラウンなどは馬群に沈み、後方からレースをすすめた馬が上位を占める結果に

 

○ 2008年皐月賞:7番人気1着キャプテントゥーレ

マイナス18キロと体重が減っていたが、前走、前々走はともにプラス6キロと体重増があったため問題なく、調教の内容が非常によかったため、むしろ上昇していた。

ペースが緩んだことが追い風に。

 

○ 2007年皐月賞:7番人気1着ヴィクトリー

本命推奨。

状態がほぼ最高潮に近く、馬体からこの条件もベストで高い評価とした。

 

○ 2007年皐月賞:15番人気2着サンツェッペリン

前走スプリングSは後方からのレースで大敗も、このレースでは2番手追走しており、持ち味が生きる結果に。

前走は休み明けでプラス8キロと体重が増えていたが、このレースではマイナス4キロと叩かれた上積みもあった。

 

○ 2006年皐月賞:10番人気2着ドリームパスポート

きさらぎ賞を勝ち、前走スプリングSも3着であったが、勝ち馬メイショウサムソン、2着フサイチリシャールと同タイムと僅差の結果。

京都2歳Sでも2着に敗れているが、勝ち馬マルカシェンクと好勝負をしており、あまりにも評価が低すぎた。

 

○ 2005年皐月賞:12番人気2着シックスセンス

このレースと同じ条件の京成杯で2着と好走。

ディープインパクトを除けばそれほどレベルの高いメンバーではなく、人気の盲点のような部分もあった。

常に速い上がりをマークするが、勝ち馬が前目の位置で競馬をする馬をとらえ、漁夫の利を得たような形になった。

※ 有料メルマガではより好走の可能性が高い穴馬、明確な傾向や穴馬のパターンもお届けしています。

 

皐月賞 危険な人気馬の特徴

 

2020年
2番人気5着サトノフラッグ:能力的に劣った。
4番人気8着ヴェルトライゼンデ:蹄に問題があった。
5番人気16着クリスタルブラック:レース後故障が判明。

2019年
2番人気4着アドマイヤマーズ:距離が長く、控える形となったことも響いた。
5番人気12着シュヴァルツリーゼ:能力的に劣った。

2018年
1番人気7着ワグネリアン道悪の影響があったか。
2番人気4着ステルヴィオ:展開が向かなかった。
3番人気5着キタノコマンドール:
4番人気9着ジャンダルム:スタートで後手を踏んだ点が響いた。
5番人気12着オウケンムーン:スタートで後手を踏んだことが致命的であった。

2017年
1番人気7着ファンディーナ:タフな流れがネックとなり、牝馬には酷な条件であったことが敗因。
2番人気6着:スワーヴリチャード:
3番人気9着カデナ:道中ついていくことが出来ないという鞍上のコメントだが、緩いペースしか経験していなかった
5番人気5着レイデオロ:状態がよくなかったが、当日プラス8キロと体重が増えていた。

2016年
2番人気5着(4位入線)リオンディーズ:ハイペースの中前でレースをしたことを考えるとよく粘っているが、展開が厳しかった。
4番人気4着エアスピネル:タフなレースが響いたか。
5番人気8着ロードクエスト:距離が長く、上がりの速いレースの方が合うが、なし崩しに脚をつかわされた。

2016年
2番人気5着(4位入線)リオンディーズ:
4番人気4着エアスピネル:タフなレースが響いたか。
5番人気8着ロードクエスト:

2015年
1番人気6着サトノクラウン:
5番人気11着ダノンプラチナ:体重も減っており、体調がよくなかったよう。

2014年
3番人気11着トーセンスターダム:
4番人気4着ワンアンドオンリー:
5番人気6着アジアエクスプレス:前でレースをしたが、なし崩しに脚をつかわされた。

2013年
4番人気4着カミノタサハラ:
5番人気13着コパノリチャード:距離が長かった。

2012年
1番人気5着グランデッツァ:能力的に上位に劣り、タフな条件となってスタミナ面の不安が露呈したか。
5番人気18着アダムスピーク:レース中に故障したよう。

2010年
2番人気4着ローズキングダム:
3番人気5着アリゼオ:
4番人気11着エイシンアポロン:距決め手が要求されるレースとなったことが敗因。
5番人気6着リディル

2009年
1番人気14着ロジユニヴァース:
2番人気13着リーチザクラウン:
5番人気5着ベストメンバー:厳しいペースで能力的に足りない部分もあった。

2008年
2番人気6着ブラックシェル:
3番人気14着ショウナンアルバ:後手を踏んだことが致命的に。
4番人気9着スマイルジャック:
5番人気4着レインボーペガサス:コースが合わなかった。

 

LINE(←クリック)では重賞の無料穴馬をお届けしています。

-穴馬 予想
-, ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2021 All Rights Reserved.